雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Eric Le Lann / Le Lann - Top

   ↑  2009/08/07 (金)  カテゴリー: trumpet
eric lelann top



フランス出身のトランペット奏者は意外に少ない。

パオロ・フレス ( Paolo Presu ) やフラヴィオ・ボルトロ ( Flavio Boltro ) らはフランスで活動しているもののイタリア人であるし、エリック・トラファズ ( Erik Truffaz ) にしてもフランス系スイス人である。フランスはトランペッの人材に関しては完全に輸入国と言ってもよい状況なのだ。

フレンチ・ジャズに多少興味を持っている方なら、Paris Jazz Big Band で活躍しているファビアン・マリー ( Fabien Mary ) やニコラ・フォルメル ( Nicolas Folmer ) らの名前が思い浮かぶかもしれない。でもせいぜいその程度ではないだろうか。

今日聴いているエリック・ルランもブルターニュ地方出身のトランペッターで、80年代からパリを拠点に第一線で活躍してきたベテランなのだが、不思議なことに日本ではほとんど認知されていない。今回、13作目となるリーダー作 『 Le Lann / Kikosky / Foster / Weiss 』 をリリースしたので、この機会に彼の旧作を聴き直してみようと思い、棚から一枚取り出してみた。

本作はルランの第12作目として2007年にリリースされた作品で、ヤニック・トップ ( Yannick Top ) との共同プロジェクトである。ヤニック・トップと言ってもほとんどのジャズ・ファンは知らないと思うが、ジャズとプログレの間を行き来しながら音楽を楽しんでいる私にとっては馴染みのベーシストである。トップはフレンチ・プログレの雄、 Magma の元メンバーで、超ド級のヘヴィなベースラインで観客を唸らせていたプログレ・ベース界の怪物なのだ。そんな彼がジャズ系のプロジェクトに参加したのだからその道のファンはかなり驚いたに違いない。

9曲すべてが二人による共作。ギターのリオーネル・エルケとドラムのダミアン・シュミットを加えたカルテットを軸に、曲に応じてサックスやキーボードが加わる編成。メンバー的にはアドリアン・フェロー ( Hadrien Feraud ) やビレリ・ラグレーンン ( Bireli Lagrene ) のバンドで注目を集めているダミアン・シュミットの参加が目を引く。

ルランはマイルス・デイヴィスとチェット・ベイカーのハイブリッド遺伝子を受け継いだスタイルを特徴とした吹き手だが、本作では特にマイルス色が強く表出した仕上がりになっている。暗黒魔界の王トップ様の地響きのような重低音パルスにルランのクールなペットが絡む作風は、まるでキングクリムゾン第四期にマイルス・デイヴィスがゲスト参加しているかのような錯覚を生む。


リオーネル・エルケのどこか掴み所のない特異な個性には、今まであまり感心しなかったし、本作でのリオーネルの起用はミスキャストだと思ったが、曲によってはとんでもなくスリリングなアドリブを披露して見せたりして、意外に凄いやつじゃん、と見直したりもした。

しつこいようだが、やはり本作のキモはトップの刻むラインだ。いたずらに技巧に走らず、しっかりボトムを支え、強力にグルーブするライン。重低音の響きも実に豊かで、これぞベーシストの規範となるプレイではないか。他の楽器でも言えることだが、ジャズが進化する過程で、ラインが高速化するのと反比例するかのようにその音の厚みが希薄化していった。フレーズを如何に高速化していくかという命題に直面し、それを克服する過程で音の響きを犠牲にしていったのだ。トップのベースラインはそんな技術至上主義に警鐘を鳴らしているのではないか。

Eric Le Lann / Le Lann - Top  ( amazon ) 星1つ星1つ星1つ星1つ
2007  Nocturne  NTCD418

Eric Le Lann  ( tp )
Jannick Top  ( b )
Damien Schmitt  ( ds )
Lionel Loueke  ( g )
< guest >
Jean-Marie Ecay  ( g )
Olivier Hutman  ( key )
Fabien Colella  ( key )
Bruno Ribera  ( sax, flute )
Christophe Negre ( sax )
Thomas Faure  ( sax )




ダミアン・シュミットの派手なパフォーマンスに注目!!
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-439.html

2009/08/07 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


Re: Eric Le Lann / Le Lann - Top

こんばんは、貼り付けのYOUTUBE見ました!演奏、面白いですね、amazonでつい1クリック購入してしまいました。

ITSUNIRE |  2009/08/07 (金) 22:05 [ 編集 ] No.559


Re: Eric Le Lann / Le Lann - Top

ITSUNIREさん、こんばんわ。

このアルバム、そんなヘヴィな曲ばかりじゃないんですけどね。ルランって、いま一つ押し出しが弱いのですが、このアルバムはなかなか激しく吹いているし、リズム隊が超強力なので、聴きごたえがあります。youtube じゃわかりませんが、重低音がちゃんとしたオーディオで聴くと凄いですよ。地響きがします。マンションではかなり神経使います。その点、ITSINIREさんはイイですよね。うらやましいです。

criss to ITSUNIRE |  2009/08/07 (金) 23:22 No.560

コメントを投稿する 記事: Eric Le Lann / Le Lann - Top

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。