雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Bobby Broom / Livin' For The Beat

   ↑  2009/08/11 (火)  カテゴリー: guitar
Bobby Broom Livin' for The Beat



Orign からモンク曲集 『 Plays for Monk 』 をリリースしたばかりのボビー・ブルーム ( Bobby Broom , New York , 1961~ ) だが、今日はその新作ではなく、1984年に吹き込まれた彼の第二弾 『Livin' For The Beat 』 を聴いている。

近年はブルージーで渋いウェス系の演奏を身上として活動しているが、もともとは80年代初めにポスト・ジョージ・ベンソンという惹句でフュージョン/クロスオーバー界に登場した経緯がある。

ボビーは1961年にニューヨークはマンハッタンで生まれた。音楽好きな家庭環境に恵まれ、13歳の時に父親からナイロン弦ギターを与えられたのが音楽との出会いであった。13歳から15歳までの3年間、ハーレムに住むジミー・・カーターというギタリストにジャズについて学んだ。その教師はウェス・モンゴメリーに傾倒していたため、自然とウェスの奏法を勉強するようになったが、本当にジャズにのめり込むようになったのはジョージ・ベンソンの 『 Bad Benson 』 を聴いてからだった。またそのころ、パット・マルディーノからも個人指導を受けている。

1976年、彼が15歳の時にオフ・ブロードウェイでピアニストとしても活動していた有名プロディーサー、ウェルドン・アービンの目にとまり、はじめてプロ・ミュージシャンとしての仕事を得た。1977年には増尾好秋脱退後のソニー・ロリンズ・バンドのメンバーに抜擢され、一躍脚光を浴びることとなった。

1977年にはバークリー音楽院で作編曲を学び、1978年にはニューヨークに戻り、アル・ヘイグをはじめ、ウォルター・ビショップ Jr やチコ・ハミルトンらとセッションを重ねる日々を送った。そうしているところにアート・ブレイキーからジャズ・メッセンジャーズに参加しないかというオファーを受けたのだった。しかし彼は当時 GRP と契約していたトム・ブラウンのバンドで活動していたため、悩んだ末に、周囲の反対を押し切ってアート・ブレイキーの誘いを断り、デイヴ・グルージンが主宰する GRPと契約したのだった。

そしてついに1981年、念願のデビュー作 『 Clean Sweep 』 をリリースした。1980年には GRP オールスターズのメンバーとして初来日も果たしている。1984年には第二弾となる本作 『Livin' For The Beat 』 をリリースしたがそのあとが続かず GRPとの契約は終了となった。その後はシカゴに居を移し、ケニー・バレルらとの演奏活動を行う傍ら、大学での教鞭や後進の育成にも力を注いでいる。

リーダー作は 『Livin' For The Beat 』 以降10年間まったくなかったが、90年代半ばに Criss Cross と契約し、『 No Hype Blues 』 ( 1995 )、『 Waitin' And Waitin' 』 ( 1997 ) の2枚を制作し、その後も Delmark、Origin などの独立系レーベルから順調に作品をリリースしている。
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-443.html

2009/08/11 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: Bobby Broom / Livin' For The Beat

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。