雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Max Ionata / Little Hand

   ↑  2009/08/29 (土)  カテゴリー: tenor
maz ionata little hand

Discover the playlist max ionata2 with Giovanni Amato, Max Ionata


本作はマックス・イオナータ ( Max Ionata , 1972~ ) にとっては二作品目にあたる2003年の作品。マックスは今年はじめにリリースされたダニエレ・スカナピエコとの双頭リーダー作品 『 Tenor Legacy 』 で輸入盤ウォッチャーを中心に人気が高まり、次いでAlbore Jazz からリリースされたファブリツィオ・ボッソを迎えて録音された『 Inspiration 』で一気にジャズ・ファンの間で知られる存在となった。僕もこの2枚で完全に彼のファンになってしまい、それからというもの旧作を買い漁っている(というほど彼のリーダー作は多くはないのですが)。

そんな彼の旧譜のなかでもこの 『 Little Hand 』 は格別の出来栄えだ。『 Tenor Legacy 』や『 Inspiration 』も素晴らしい出来栄えの作品だったが、できたらマックスのワン・ホーン・カルテットで思う存分彼の芳醇なテナーの音色に酔ってみたいと思った方も多いのではあるまいか。

作はまさにその願いを叶えてくれるどこを切ってもマックス一色のカルテット作品だ。サポートを務めるメンバーは『 Inspiration 』の時と同じく、ピアノのルカ・マンヌッツァ、ベースのマルコ・ロド、ドラムスのニコラ・アンジェルッチの3人。気心知れた盟友相手に一曲目から最後まで一心不乱に吹いて、吹いて、吹きまくる。

全8曲でイオナータのオリジナルが4曲。メンバーのオリジナルが3曲。そしてもう1曲はショーターの ≪ Yes or No ≫。けっこうモーダルな演奏も巧いのは意外だったが、それよりもルー・カ・マヌッツァの、まるでマッコイ・タイナーばりのモード奏法の凄まじさに驚いた。それもめちゃくちゃ巧いし。High Five Quintet での彼とは別人のようだ。こんなにも切れ味鋭いピアノを弾ける人だとは思ってもいなかった。まるでイタリアのジョーイ・カルデラッツォじゃないか!! ( っていうか、カルデラッツォもイタリア人だが )。 本作はマックスの最高傑作であるばかりか、ルーカ・マヌッツァの極め付けの名演を記録した傑作でのあるわけだ。


それにしても、こんな素晴らしいテナリストが最近までイタリア国内に封印されていたなんて信じられないね。

イタリアン・ジャズの恐ろしいまでの層の厚さに感激してしまう。

近年、テナー・サックス奏者はフレーズの複雑化と高速化に精を出す一方で、サウンドの厚みを犠牲にしてきたように思われるが、マックスはいくら速いフレーズを吹いても決して音が痩せない点が素晴らしい。

Discover the playlist max ionata3 with Max Ionata, Luca Mannutza
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-460.html

2009/08/29 | Comment (13) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Peter Asplund / Open Mind
この前の記事 : Vince Benedetti Hardbop World / Granada Calling

Comment


Re: Max Ionata / Little Hand

こんばんは。お久しぶりです。
一昨日、来日中のクリスチャン・マクブライドの取材に行ってきました。
マクブライドは、凄く紳士的でハッピー&フレンドリーな方でしたよ。
写真をブログにアップしたので見てください。取材と言っても、どこかの雑誌に載せる予定はありません。ブログのみです(笑)。写真撮って、勝手に楽しんでいます。

tommy |  2009/08/30 (日) 05:29 [ 編集 ] No.605


Re: Max Ionata / Little Hand

tommyさん、こんにちは。

マクブライドの取材写真、拝見させてもらいました。いや~、すごいですね。
なにしろダウンビート誌評論家投票一位のマクブライドと雲さんがベースを抱えて記念写真とっているわけですから。

指の長さは雲さんと同じくらいですが、やはり手のひらの大きさは半端じゃないですね。雲さんだってけっこう日本人にしては大きいほうですものね。

僕も5弦ベースをもってますが、Low B を張ってるので、なかなか使いこなせずにいます。気がつくと右手の親指置場になっていたりしてもったいないです。

今更ながらHigh C の5弦にすればよかったと後悔しています。

でも今度新新しいベース買うなら4弦の Atelier Z がほしいです。

criss to tommy |  2009/08/30 (日) 22:18 No.607


Re: Max Ionata / Little Hand

crissさん、こんばんは。

触らせてもらったのですが、ほんとマクブライドの手のひらは大きいですね。しかも肉厚&骨太なのが参りました!指先以外は柔らかい。だから、あんなにいい音なんですね。
オイラ、もう指弾きやめてピック弾きにしようかと悩んでます。でも、ピック弾きだとジャズっぽい暖かさがない(笑)。
スティーブ・スワロウみたいな音になるとピック弾きでもいいと思うのですがね。まず無理ですね。

オイラは、現在テレキャス5弦ベースをオリジナルで制作中。親指置用にLow Bにしようかと思っていたのですが、要検討ツーことですね(笑)。

tommy |  2009/08/31 (月) 01:27 No.614


Re: Max Ionata / Little Hand

Blue Note 東京にチック・コリア&ジョン・マクラフリンのバンドで来た時、僕もマクブライドを観ましたが、ステージを降りる際、何人かのファンが握手をしていました。

僕も目の前を通った時に手を出そうと思いましたが、まじかで見るとでかくて、怖動で、tommyさんの写真のようにニコニコなんかしていなかったので、思わず手を引っ込めてしまいました。

そういう時の勇気って、僕はないんですよね~。

>スティーブ・スワロウみたいな音になるとピック弾きでもいいと思うのですがね。

スワローはエレベの特異点ですから。あんなのを基準にしちゃいけませんよ。僕もスワローは大好きだけど、アマにとってはもっとも参考にならないベーシストではないでしょうか。

やっぱり、あくまでジャズは指で弾きましょうよ。v-290

criss to tommy |  2009/08/31 (月) 22:59 No.619


Re: Max Ionata / Little Hand

crissさんこんばんは

私はマックスの作品中、
この作品を1番最初に購入しましたので

私の中でマックスのイメージは
この作品のようなちょっとモーダルな
イメージだったんです、

その後Tenor Legacy や Inspiration
を聴いたとき
”Little Hand のときとはちょっと違うな”
といった印象で聴いていました。

LOVE FOR SALEを吹くマックスも
いいなーと思いますが
個人的には
ショーターやジョーヘンの曲などを
演奏している時のマックスの方が好きですね~。

otto |  2009/09/06 (日) 00:03 [ 編集 ] No.643


Re: Max Ionata / Little Hand

otto さん、こんにちは。

>私はマックスの作品中、
この作品を1番最初に購入しましたので

この作品から入った人って、かなりの通ですよね。すごいな~。僕なんか、Tender Legacy を聴いてあわてて本作を買いました。

それもDisk Union の客の足元を見たような高い価格( 3140円 )で。まあ、クズ盤2枚かうよりは良いかなって納得してますが。結構品数少ないんじゃないかな。

僕の本文にも載せたように、DEEZERで彼のCDのフルバージョンが試聴できるんですよね。ありがたいことです。ちょっとヤバいサイトですが。

そうそう、僕もちょっとモーダルな曲でのイオナータの方が好きです。

criss to otto |  2009/09/06 (日) 16:04 No.647


Re: Max Ionata / Little Hand

>この作品から入った人って、かなりの通ですよね。すごいな~。

いえいえ 購入したのはたまたまなんですよ。
何かないかと通販サイト(VENT AZULさんだったと思いますが)
物色してましたら
”私が勝手に現代イタリアテナー、三羽烏《他の2人はダニエル・スキャナピエコ
とフランチェスコ・ベアザッティ(この方は全くの未聴なんです)らしいのですが、》と名づけているうちの1人”、と
コメントがあり、
管モノに目がない私は気が付いたら注文していました(笑)

でもその時点では入手困難とのことで
数ヶ月待ちましたね。
価格も¥3000近かったと記憶しています。
(CDも¥3000近いとさすがに高く感じてしまいます)

次はGIANLUCA RENZI ALL STARS ORCH. / CHARLES & JOE
ジョーヘン、の作品も取り上げているとのことでチェックしてみようと思っています






otto |  2009/09/06 (日) 22:18 [ 編集 ] No.650


Re: Max Ionata / Little Hand

確かに早川さんはイタリアの三羽ガラスと称して、
スカナピエコとフランチェスコ・ザベアッティ、そしてこのイオナータをあげていましたね。

僕もザベアッティは聴いたことがないと思います。

>価格も¥3000近かったと記憶しています。
(CDも¥3000近いとさすがに高く感じてしまいます)

輸入盤もメジャー・レーベルあたりの作品は2000円以下で買えますから、輸入盤1枚に3000円というのはかなり高く感じますよね。それにDisk Unionはポイントもないし。

昔はポイント・カードあったんですよね。かなり前の話ですが。

DUは商品によってはかなり値段設定が高くて、知らないで買ってしまい、あとでHMVやamazon で安く売られているのをみてショックを受けることが多いので、最近は HMV,tower,amazonで事前に値段をみてから、計画的にDUで買うようにしてます。

criss to otto |  2009/09/07 (月) 08:29 No.652


Re: Max Ionata / Little Hand

クリスさん、こんばんは。
Max IonataのLiveが、9/19(土)20時から、DISK UNIONお茶の水ジャズ館3階新品CDフロアであるようです。入場無料です。
その後、サイン会もあるようです。
近い方は羨ましいです。でも、きっと満員なんだろうな。

Marty |  2009/09/16 (水) 00:20 [ 編集 ] No.671


Re: Max Ionata / Little Hand

martyさん、こんばんわ。

マックスが極秘来日することは噂で聞いていました。
絶対見るぞ~、と思っていたのに、
土曜日ですか。僕、土曜日からセブ島に旅行なんですよv-409

こんな日に限って、残念です。

それにしても、あの狭いフロアでどうやってライブやるんだろ?
どう考えても20人は無理だと思うけど。

あっという間に満員でしょうね。

criss to marty |  2009/09/16 (水) 23:35 No.675


Re: Max Ionata / Little Hand

クリスさん、こんばんは。
セヴ島ですか、いいですね。
そんなクリスさんのための朗報
9/25(金)新宿ジャズ館にて、Max Ionata Live!!
日時:9月25日(金) 21:00~ 
場所:ディスクユニオン新宿ジャズ館1F新品CDフロア
※準備のため20:30に1階のみ一時閉店するそうです。
出演:MAX IONATA (ts)、FEDERICO IACOBUCCI (p)
終演後 サイン会を開催、入場無料

この日じゃ、まだ帰国してないですか?

今日、新宿UNIONで確認したので、間違いないです!!

日帰り出張は疲れるなぁ・・・。

Marty |  2009/09/17 (木) 00:08 [ 編集 ] No.676


Re: Max Ionata / Little Hand

いつも情報ありがとうございます。

今、新宿店のストアブログ見ましたが、昨日の日付で告知されてました。
Martyさんはいつも情報が早い!
なんで?

25日の9時なら、おそらく行けそうです。
楽しみだな~。

でも、新宿の1Fフロアなんて、ピアノを置くスペースないですよね。
中央の3列ぐらいあるCD棚は移動させるんでしょうね、たぶん。

写真撮影が許可されるといいんだけどな~

criss to Marty |  2009/09/17 (木) 07:56 No.678


Re: Max Ionata / Little Hand

クリスさん、こんばんは。
>Martyさんはいつも情報が早い! なんで?
昨日記載しましたように、日帰り出張で仕事終了後に、新宿JAZZ館に行ったからです。そこの張り紙告知で知りました。
昨日は、Mario Rusca 「Caravan」 と Alex Hutton 「cross that bridge」 を購入。 この日はメルマガ会員10%OFFだったので、少し安く買えました。
私も明日から連休ですが、家で静かにJAZZ三昧かな。
では、また。

Marty |  2009/09/17 (木) 23:46 [ 編集 ] No.679

コメントを投稿する 記事: Max Ionata / Little Hand

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Peter Asplund / Open Mind
この前の記事 : Vince Benedetti Hardbop World / Granada Calling
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。