雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Peter Asplund / Open Mind

   ↑  2009/08/30 (日)  カテゴリー: trumpet
peter asplund open mind 



私が愛するスウェーデン人トランペッター、ピーター・アスプルンド ( Peter Asplund , 1969~ ) ( 前項あり ) の15年前の旧譜。旧譜とは云ってもこれが実に素晴らしい出来栄えなので、いつか取り上げたいと思っていた作品だ。昨夜久しぶりに聴いていたので忘れないうちに記しておく。

アスプルンドにとっては本作が記念すべきデビュー作である。長年にわたりスウェーデンを代表するビッグバンド Stockholm Jazz Orchestra ( 以下SJO ) のメンバーとして活動してきたアスプルンドだが、本作にはそのSJOの同僚であるアルト奏者のヨハン・ホーレン ( Johan Horlen ,1967~ ) が参加しており、そのことが本作の傑作化に一躍買っていることは間違いない。

このフロントラインの二人が繰り広げる汲めども尽きぬアドリブの応酬が、本作の最大の聴きどころである。そこには屈っぽさは微塵も感じられない。

ホットでワイルドに一心不乱に吹きまくり、濃密な時間を刻んでいく。

実は、本作制作の直後の1997年に、ヤン・ラングレン( Jan Lundgren , 1966~ ) との共同名義で 『 California Connection 』 という作品を制作している。その中でアスプルンドは精悍闊達な折り目正しい正統派バッパーとしての姿を見せているが、正直なところ大人しすぎてほとんど印象に残らなかった。

それに対してこのデビュー作では、ちょうどフレディー・ハバードの絶頂期を彷彿とさせる技巧的で攻撃的なスタイルで熱く迫ってくるのだ。 『 California Connection 』 と比較してその変貌たるや相当なものだ。予備知識がなければ一昔前のNYジャズ・ミュージシャンの演奏かと思ってもおかしくない。

アスプルンドの巧さもさることながら、ここではアルト奏者のヨハン・ホーレン にも注目してもらいたい。ほとんど日本では無名のミュージシャンだろう。にもかかわらず演奏力、アドリブ能力は抜群に秀でていて、あらためて欧州ジャズの懐の深さに驚く。

ホーレンのリーダー作は1994年に Dragon からリリースされた 『 Dance of Resistance 』 だけだと思うが、これは現在でも amaozn のマーケット・プレイスで手に入れられるので興味のある方はどうぞ。だたし、4,267円からです。

そんなCD1枚に4,000円以上も散財できないぞ~、と云う方は SJO の作品を探すとよい。彼はリードアルトを担当しているのでソロも多いのぞ。

SJO 以外で彼の参加作品を探すとなると、同国のドラマー兼コンポーザーのピーター・ヨハンセン ( Peter Johannesson , 1962~ ) がハービー・ハンコックを招いて制作した『 Sixtus 』 でホーレンが一曲だけだが参加している。本作はブログ 『 JAZZ最中 』 の monakaさんも紹介しているが、ハンコックが普段と違って実に溌剌と解放され、熱くプレイしているので、ホーレン目当てでなくても一聴の価値がある秀盤だと思う。

もう一枚あげるなら ピーター・アースキンがスタン・ケントン楽団時代に同じ釜の飯を食った盟友ティム・ヘイゲンス ( Tim Hagens )、 および彼が監修する Norrbotten Big Band と共演した 『 Worth the Wait 』 に参加している。本作はあいにく所有していないのでホーレンのソロがあるかどうかわからないが、ブログ『 Jazz & Drummer 』 の narry さんが五つ☆を付けて紹介しているので内容は折り紙つきだ。
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-461.html

2009/08/30 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 一年ぶりの洗車
この前の記事 : Max Ionata / Little Hand

Comment


こんばんは。。

アスプルンド、、どんどん、洗練されてきましたよね。これって、ブログあげたかなあ。
最近、なんだか、自分で自分の日記検索してますわ。(笑)


カリフォルニアコネクションも、、懐かしいです。
ラングレンもアクトのメンバーでコットン倶楽部にくるのよね。

すずっく |  2009/08/30 (日) 22:38 No.609


Re: Peter Asplund / Open Mind

>最近、なんだか、自分で自分の日記検索してますわ。(笑)

僕も昔の記事を読み返すと、全く記憶にないことを書いていたりして、やっぱり記憶ってあっという間にぼんやりしたものになっていってしまうもんだと、悲しくなります。すくなくともこうしてブログに書き記しておくことは大切だな~って思います。

今、選挙速報観ながら書いてます。僕は民主に入れたのですが、思っていた以上に躍進してますね。

妻がどこに入れたか、分かりません。教えてくれないんですよ。僕らの仲って、その程度なのかと、こちらも悲しくなってきますね。

criss to suzuck |  2009/08/30 (日) 23:13 No.611

コメントを投稿する 記事: Peter Asplund / Open Mind

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 一年ぶりの洗車
この前の記事 : Max Ionata / Little Hand
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。