雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

訃報 : エディ・ヒギンズ  The masterful jazz pianist Eddie Higgins has died at 77

   ↑  2009/09/09 (水)  カテゴリー: piano

eddie higgins





From Album 『 Eddie Higgins 』 ( 1960 Vee Jay )
LP からオーディオキャプチャーを使ってリッピングした音源です。


ヴィーナス・レコードへの数多くの吹き込みで幅広い音楽愛好家に人気のエディ・ヒギンズ氏  (  1932~, b.Cambridge, MA, )  が2009年8月31日にフロリダ州フォート・ローダーデールにあるホリー・クロス病院で死去されました。享年77歳でした。

今日、仕事帰りに秋葉原の石丸電気ソフト館に立ち寄った際、氏の訃報記事と過去の作品の特設コーナーが設けられていたので初めて知りました。その記事によると死因は肺癌とリンパ腫のようです。全く二つの悪性腫瘍が偶然にも同時に死因になるものなのかと不思議に思いつつ帰宅し、ネットで検索したところ、Chicago Tribune.com に次のように記載されていました。



Mr. Higgins, 77, who moved east after the long London House run but continued to perform here periodically, died of lung and lymphatic cancer Monday, Aug. 31, at Holy Cross Hospital in Ft. Lauderdale.



なるほど、≪  lung and lymphatic cancer  ≫  を直訳すれば≪ 肺とリンパの癌 ≫ となるわけですね。一元的に考えれば、これは ≪ 肺癌による癌性リンパ管炎 ≫ という意味でしょうね。

まあ、それはそれとして、ちょっと不謹慎かと思いますが、実は10月のヒギンズの東京TUCでのライブがもしかすると最後かもしれないと思い、予約を入れようとしていた矢先のことだったので、正直びっくりしました。こういうのを虫の知らせと云うのでしょうか。

ヒギンズと云えば、今やヴィーナスの看板アーティストとして同レーベルに多大なる貢献をしてきたのはご存じだと思いますが、僕個人的にはやはりヒギンズと云えば、 Vee Jay のこの 『 Eddie Higgins 』 を思い出します。

ジャケットにはまだ20代だったヒギンスのイケメン姿が映っています。当然ですが、彼にもこんな美しかった時期があったのですね。感慨深い思いでジャケット眺めながら久し振りにLPに針を落としてみました。ついでにPCにリッピングなんぞしてしまいました。最近のヴィーナス盤と比べてもほとんどスタイルは変わっていませんね。エレガントで折り目正しいピアノを弾く人です。昔の方が抑揚のつけかたがはっきりしているかな。

  Vee Jay のリーダー作は本作しかありませんが、ご存じのようにサイドメンとしてはウエイン・ショーターの 『 Wayning Moments 』 やリー・モーガンの 『 Expoobident 』 に参加してますよね。

 彼のデビュー作は57年に Replica に吹き込んだ 『 The Ed Higgins Trio 』 で、Fresh Sound からLP で再発された際、僕も手に入れました。この作品を吹き込んだころからシカゴの名門クラブ ≪ ロンドン・ハウス ≫ のハウス・バンドとして10年以上にわたり活躍しました。しかし70年代以降、彼の情報はほとんど日本にははいってこなくなり、そのうち忘れ去られてしまったようです。80年にはこっそり来日し4か月の滞在中に、東芝EMI に『 Sweet Lorraine 』 というスタンダード作品を残しています。これは現在もCDで手に入れることが可能です。


そんなわけで、ジャズ・ミュージシャンとしては浮き沈みの激しい人生だったヒギンズですが、賛否両論はあるにせよ、ヴィーナスおよび癒し系ジャズの大好きな日本人ファンのおかげで非常に充実した晩年を過ごせたのではないでしょうか。今日は一番大好きなヒギンスのソロ・アルバムを聴きながら彼の死を悼みたいと思います。

Rest in Peace, Eddie Higgins.


eddie higgins you dont know

 

関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-472.html

2009/09/09 | Comment (9) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


エディ・ヒギンズお亡くなりになりましたか。。

ヒギンズはわたくしとしては、メレディスダンブロッシオの旦那様って、感覚なのですが、、
日本ではとても人気ありますよね。
不覚にも来日予定があったことも知りませんでした。
美形なだけでなくて、行動力もあって、、確か、、結婚も複数回ですよねぇ。。
ヴィーナスからのアルバムはクリスマスしか持ってない。
ジャケットは奥さまの絵です。
ユーバンクスとのアルバムは、想い出すと、、かけることもあります。

奥さまのアルバムBeware of Spring!でご冥福を祈ることに致します。
メレディス、、大丈夫かしら。。心配です。

すずっく |  2009/09/10 (木) 09:39 [ 編集 ] No.657


Re: 訃報 : エディ・ヒギンズ  The masterful jazz pianist Eddie Higgins has died at 77

>ヒギンズはわたくしとしては、メレディスダンブロッシオの旦那様って、感覚なのですが、、

そうですか~、僕は彼女を聴いたことがないんですよね。ヒギンズの奥さんがボーカリストなのは知っていましたが、名前すら知らなかった。

先ほど、Youtube で検索したらちゃんと音源がアップされていて聴き入ってしまいました。

しっとりしてしっかりとした歌唱力をもった歌手ですね。ちょっと地味な印象ですが、たまたまアップされている曲がそうなだけかも。

>不覚にも来日予定があったことも知りませんでした。

今までも何度も来てますよね。僕も2年ほど前に一度見てます。確か2年前? あれ3年前かな?
忘れた。

>ヴィーナスからのアルバムはクリスマスしか持ってない。

僕は逆にその『 クリスマス・ソングズ 』 だけ持ってません(笑)。
男であんまりクリスマスが好き!なんて言っていたら変でしょ、やっぱり。

P.S. 今度、簡単でいいので、オオヤギだかコヤギだかのお話を簡単に説明してもらってよいですか。スズックさんとどういう関係なのかとか・・・。

全然、そのあたりの絡みがわからないので、スズックさんのところを訪ねても、話がよくわからなくて困ってます。

では、またね。

criss to suzuck |  2009/09/10 (木) 20:09 No.661


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  2009/09/11 (金) 17:43 No.665


Re: 訃報 : エディ・ヒギンズ  The masterful jazz pianist Eddie Higgins has died at 77

エディー・ヒギンズさん、亡くなられたんですね(ショック!)まだ77才ですもの・・・・。
私がエディー・ヒギンズを知ったのが「魅せられし心」でした。非常に綺麗な音色とタッチで、たちまちファンになってしまい、ほぼ全作品をコンプリートしております。(但し、クリスマスと、ベッドで煙草は良くないは持っておりません。)
・・・・で、遺作となった「ポートレイト・ラブ」を聴きながら、偉大なジャズメンの死に心から冥福を送ります。

杉ちゃん |  2009/09/19 (土) 18:24 No.681


Re: 訃報 : エディ・ヒギンズ  The masterful jazz pianist Eddie Higgins has died at 77

杉ちゃんさん、はじめまして。

杉ちゃんさんのように、ビーナスの諸作品ではじめてエディ・ヒギンズを知ったジャズファンって、多いのだと思います。特に若いファンにはそのような方が多いのでしょう。

個人的にはビーナスは売れるミュージシャンの作品を連発する傾向があり、あまり好ましく思っていませんでしたが、こうして亡くなってしまうと、たくさん撮りだめしていて、良かったようにも思えます。もしかすると、そのあたりも計算の上での作品作りをビーナスはしていたのかもしれませんね。


>まだ77才ですもの・・・・。

現在でさえ、アメリカの男性の平均寿命は75才ですので、十分長生きだったのではないでしょうか。エディが生まれた1930年代の平均寿命はおそらく60才ぐらいだったはずですから、77才は同じ世代の人々にくらべ15才は長生きしていることになりますね。

ということで、また機会がありましたら、お暇なときにお立ち寄りください。

では、また。

criss to 杉ちゃん |  2009/09/22 (火) 07:37 No.683


Re: 訃報 : エディ・ヒギンズ  The masterful jazz pianist Eddie Higgins has died at 77

>杉ちゃんさんのように、ビーナスの諸作品ではじめてエディ・ヒギンズを知ったジャズファンって、多いのだと思います。特に若いファンにはそのような方が多いのでしょう。

なるほど、ビーナスと言うか原さんの商売が上手いのですね、本来、クラッシック音楽(特に北欧音楽)ファンである私が、何故エディー・ヒギンズを気に入ったかと申しますと、旋律が綺麗なんですね、教会旋律と言うか、白鍵だけで弾いているような一音一音澄み切った響きが感じられます。しかも
JAZZと言うと、しかめっ面して、SPと対峙して聴くというのが好きになれなかったのですが、リラックスして聴けるエディーの演奏は、イージーだが、ジャズとしての体裁は十分含んでいるという、初心者にはぴったりの演奏者でした。
遺作となった「ポートレイト・ラブ」は、作品的には、少々「?」でしょうが、エディーのJAZZに対するポリシーが詰まった良盤だと個人的に思っております。

>個人的にはビーナスは売れるミュージシャンの作品を連発する傾向があり、あまり好ましく思っていませんでしたが、こうして亡くなってしまうと、たくさん撮りだめしていて、良かったようにも思えます。

・・・・う~ん、言えてますねぇ、レコ社名を「ビーナス」と付けるところからして、オヤジファンを取り込む意図がありありと・・・笑
しかも、ノーマライズやオートマキシマを多用した録音は、私の装置では歪のの固まりとなり、いただけません。エディーのみならず、ビーナス盤を再生する時は、パラメが必要です。加えて、ジャケット写真も・・・PTAからお叱りが来るようなものもあり、営業姿勢を軌道修正して欲しいな・・・

杉ちゃん |  2009/09/22 (火) 18:28 No.685


Re: 訃報 : エディ・ヒギンズ  The masterful jazz pianist Eddie Higgins has died at 77

杉ちゃんさん、こんばんわ。

「ポートレイト。ジャズ」って、全曲オリジナルでしたっけ?違いましたっけ?
ビーナスにしては珍しいな~って、思っただけで買ってませんが。

原氏はやはりかなりのヤリテなのでしょうね。ジャズという極めて小さな市場で、あれだけの売り上げを上げているわけですから。

ビーナスの音に関しては、いろいろと意見の分かれるところでしょうが、僕は結構好きです。あまりイイ装置でなくてもそこそこの音できかせてくれるところも広く受け入れられている理由でしょうね。

>加えて、ジャケット写真も・・・PTAからお叱りが来るようなものもあり、営業姿勢を軌道修正して欲しいな・・・

僕のブログの仲間の間でも、また、リアルなジャズの知り合いの間でも、あのジャケットは非常に評判悪いです。最悪ではないかと個人的には思ってます。欧米人が見たらどう思うでしょうね。ほんと、もうそろそろやめにしてもらいたいですね。

criss to 杉ちゃん |  2009/09/22 (火) 23:06 No.688


Re: 訃報 : エディ・ヒギンズ  The masterful jazz pianist Eddie Higgins has died at 77

>「ポートレイト。ジャズ」って、全曲オリジナルでしたっけ?違いましたっけ? ・・・

全曲オリジナル作品です。エディーの最後の作品しかも自作集ということで、遺作と言う意味で購入しました。(笑)
作品の評価は、ド素人の私では下せませんが、全編メロウなラヴソングってな感じでしょうか、聴きやすい作品です。

ところで、エディーが亡くなって1ヶ月も経たないうちに、老齢ピアニスト
作品(演奏者失念)を発表(発売)していますね、原氏の商魂たくましきを感じました。


>ビーナスの音に関しては、いろいろと意見の分かれるところでしょうが、僕は結構好きです。あまりイイ装置でなくてもそこそこの・・・

そうですか、確かにミニコンでも中高域の分厚い音が出ますので、一瞬高録音と思うのですが、よ~く聴くとバランス悪い音ですねぇ、同じエディーの
CDでもサニーサイド盤の「白と黒の群像」や「魅せられし心」などは非常にバランスの良い録音なんですが・・・不思議です。

杉ちゃん |  2009/09/27 (日) 11:57 No.707


Re: 訃報 : エディ・ヒギンズ  The masterful jazz pianist Eddie Higgins has died at 77

>CDでもサニーサイド盤の「白と黒の群像」や「魅せられし心」などは非常にバランスの良い録音なんですが・・・不思議です。

「白と黒の群像」ではなく、「白と黒の肖像」ですかね?
奥さんが書かれたエディの少年のころのポートレイトのやつですよね。
あれは日本のスタジオじゃないんですよね。
だから音が他とちがうのかな。

「白と黒の肖像」は僕も大好きな盤です。

criss to 杉ちゃん |  2009/09/27 (日) 20:57 No.709

コメントを投稿する 記事: 訃報 : エディ・ヒギンズ  The masterful jazz pianist Eddie Higgins has died at 77

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。