雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

この記事に含まれるタグ :
スイス  四つ星  90s  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Heiri Kanzig / Grace of Gravity

   ↑  2009/09/28 (月)  カテゴリー: bass

heiri kanzig





ヘンリ・カンツィグ ( Heiri Kanzig ) は、90年代半よりティエリー・ラング・トリオの・レギュラー・ベーシストとして活躍し、近年は ジャン・クリストフ・ショレ ( Jean-Christophe CHolet ) らとの連名でトリオを組んで活躍している技巧派ベーシストです。ネット上には英語による彼の詳しい情報がほどんと公開されていないのですが、ニューヨク生まれのドイツ系スイス人 ( Swiss German ) のようです。年齢は不詳です。


今回、この記事を書くにあたり検索して初めて知ったのですが、彼は1978年から20年近くにわたり、ウィーン・アート・オーケストラ ( Vienna Art Orchestra ) のベーシストを務めていたのですね。僕も近年の同オーケストラの作品はだいたいのところは所有しているのですが、80年代から90年代の作品はあまり所有していないので、詳しいことは言えませんが、確かに手許にある94年作品 『 Duke Ellington & CHarles Mingus 』 に彼の名前がクレジットされており、ベースソロまでフューチャーされているのを見つけました。

今日聴いている 『 Grace of Gravity 』 はスイスのレーベル、Plainsphare から95年にリリース ( 録音は94年 ) されたセカンドです。デビュー作は92年にドイツの L+R から出した『 Awakening 』 という作品で、ケニー・ホイーラを招いて制作されていてます。そちらは未所有ですが、こちらのサイトで試聴できます。

現在もティエリー・ラングと活動を共にしていて、昨年発売されたラングのリーダー作 『Lyoba 』 にも名を連ねていました。チェンバー・ジャズ的なスイスのフォークソング集で、クラシカルなチェロ奏者らとのコラボも見事で印象的な好盤でした。

2007年には久しぶりのリーダー作 『 Acoustic Strings 』 をリリース。なんとプログレシッヴ・ロック風のラディカルなスタイルを披露していました。



さて、この『 Grace of Gravity 』の話に戻しましょう。本作はウエスト・コースト・ジャズを代表するアルト・サックス界の巨匠、チャーリー・マリアーノを招聘して制作されたカルテット作品です。ピアノはもちろんテティエリー・ラングです。

チャーリー・マリアーノは今年6月に亡くなられました。あまり話題になりませんでしたが、マリアーノに関心の薄いファンには2重の意味で驚かれたのでないでしょうか。

まず、不謹慎ではありますが、「マリアーノってまだ存命中だったのかぁ!! 」 という驚き。まあ、1923年生まれですから、普通なら ( 男性なら特に ) すでに亡くなられていてもおかしくないわけですから。実際には癌と闘いながら、亡くなる直前まで精力的にライブ活動も行っていて、昨年録音されたライブ音源が先日、ENJA から 『The Great concert 』 という盤題で発売されました。

そしてもうひとつ驚かされたのが、亡くなられた場所がドイツのケルンであったということです。50年代のウエスト・コーストで活躍していたマリアーノしか知らないファンにとっては意外かもしれませんが、シドニー・ベシェ、ケニー・クラーク、デクスター・ゴードン、それにチェット・ベイカーなど、多くの米国ミュージシャンが安住の地を求めて60年代に渡欧したように、マリアーノもまた70年代に渡欧していたのです。

渡欧したマリアーノが居を構えたのがケルンで、そこを拠点に欧州諸国のミュージシャンらと競演を重ねてきました。

欧州に活動の場を移してからの彼の活動は、ワールド・ミュージック的なものから、United Jazz + Rock Ensemble への参加にみられるようにジャズロック的なものまで、ジャズを超えて広がりを見せました。が、もちろんアコースティックな4ビート・ジャズでもその卓越した技術は多くの欧州ミュージシャンに影響を与え、多くの作品に客演していました。

このヘンリ・カンツィグの作品への参加もその流れで実現したもので、以後、マリアーノとカンツィグはたびたび共演し交友を深めていき、アルバム・ベースでは2006年録音のマリアーノのバラード集 『 Silber Blue 』 でも二人は共演しているほどです。この 『 Silber Blue 』も深い哀感を全編に漂よわせる味わい深い作品で、僕の秘かな愛聴盤であります。

ともかく、このカンツィグの作品ではマリアーノが要になっていることは疑う余地がありません。円熟の極みとも云うべき豊穣なフレーズで作品全体が満たされていますが、晩年のいかにも枯れた味わいは此の頃はまだみられません。マリアーノは50年代のウエスト・コースト時代からバラードが得意で、思わず陶酔してしまうような官能フレーズが僕は大好きだったのですが、本作でもゆったりとしたリズムの上に情感をうまく乗せて、欧州独特のリリカルな作品に仕上げています。

Heiri Kanzig  /  Grace of Gravity  星1つ星1つ星1つ星1つ
Planinisphare  1994  PL 1267/102

Heiri Kanzig  ( b )
Charlie Mariano  ( as )
Thierry Lang  ( p )
Alfredo Golino  ( ds )

関連記事

この記事に含まれるタグ : スイス 四つ星 90s 

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-483.html

2009/09/28 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Charlie Mariano / Silver Blue
この前の記事 : Cholet-Kanzig-Papaux Trio / Under The Whale

Comment

コメントを投稿する 記事: Heiri Kanzig / Grace of Gravity

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Charlie Mariano / Silver Blue
この前の記事 : Cholet-Kanzig-Papaux Trio / Under The Whale
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。