雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

この記事に含まれるタグ :
ウエスト・コースト  スイス  00s  四つ星半  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Charlie Mariano / Silver Blue

   ↑  2009/09/29 (火)  カテゴリー: alto

charlie mariano silber blue



2009年6月16日、惜しまれつつも他界したチャーリ-・マリアーノ ( Charlie Mariano , Boston , 1923~ ) の2006年、チューリッヒで録音された作品。録音当時、マリアーノは83歳。もうそれだけでどんな演奏だろうが尊敬しちゃいますね。しかも当時はすでに癌を患っていたわけですから、その精神力たるやタダものではありません。

人間、誰しも老いから逃れられない宿命にあります。逃れられない以上、重要なのは、いかに美しく老いるか、いかに成熟していくか、という事です。この命題の一つの答えをマリアーノは僕たちに提示してくれている、と、この作品を聴くたびに思うのです。いくら老いても、強い精神力と前向き志向を常に絶やさず、最後まで自分の人生を歩んでいきたい。そして最後は前のめりで死んでいきたい。そう思うのです。
 
本作は、最後まで音楽家としての使命を全うしようとしたマリアーノの最晩年の演奏を刻銘に記録した作品です。すでに音に清明ささや艶やかさはありません。それどころか、濁って聴きにくい箇所も散見されます。ちょうど、老いていくに従い人間の声質も濁っていくように、マリアーノの音色も晩年は枯れたものに変化していきました。しかし、そこには技術的な衰えなど微塵も感じられません。本作を聴く限り、マリアーノの即興演奏家としての能力は最後まで枯渇することがなかった、と思われます。まさに超人的です。


全9曲で、そのうち4曲がスタンダード。1曲がピアノのジャン・クリストフ・ショレのオリジナル。そして残りの4曲がマリアーノのオリジナル、という構成。すべてがマリアーノの真骨頂が発揮されたバラードです。

バックを務めるのは、先日も紹介したスイスで活躍中の人気トリオ、Cholet - Kanzig - Papaux Trio ( 前項アリ-1, )  です。この鉄壁の伴奏陣が本作の魅力をより一層引き立てきます。完全に抑制された落ち着きのある伴奏で、三者間のパワー・バランスもお見事。完璧な伴奏を披露しています。

マリアーノのフラジオ域での泣きのフレーズに思わず胸が熱くなります。深い哀感が全編に横溢し、彼の人生そのものがリアルな音像となって、僕ら聴き手の眼前に投影されてくるかのようです。
 
本作は新譜ではありせんが、マリアーノの遺作となる新譜がEnja から発売されました。昨年録音されたライブ音源で盤題は 『 The Great Concert 』 といいます。まだ未購入ですが、ぜひ聴いてみたい作品です。

Charlie Mariano / Silver Blue  星1つ星1つ星1つ星1つ星半分
Enja 2008  TKCW-32139

Charlie Mariano  ( as )
Jean - Christophe Cholet  ( p )
Heiri Kanzig  ( b )
Marcel Papaux  ( ds )
関連記事

この記事に含まれるタグ : ウエスト・コースト スイス 00s 四つ星半 

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-484.html

2009/09/29 | Comment (7) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


Re: Charlie Mariano / Silver Blue

crissさん、こんにちは。

実は、こちらの記事で、何方かのレスがつくはどうか密かに期待していたのですが。。チャーリー・マリアーノという名前は、ジェリーさんから、今年の6月に初めて聞き、教えてもらっただけで、全く知りませんでした。ただ、ユーテューブでチョコッと彼の昔の映像を見ただけでの程度でした。尋ねてみたことはないですが、ボストン繋がりでジェリーさんとも音楽仲間だったかもしれませんね。

このハーフムーンという曲、素敵ですね♪早かれ遅かれ、このCDを購入したいと考えています。

3SATの11月、12月の番組予定表があがってきました。各サイトにマウスをあててもらうと、詳細が確認できるかと思います。Viersenの内容は、別途リンクを添付致します。何か御希望がありましたら、お知らせ下さい。

Jazztime im November 2009

Mittwoch, 4. November 2009, 3.00 Uhr
23. Internationales Jazzfestival Viersen 1/4
Freitag, 6. November 2009, 1.40 Uhr
23. Internationales Jazzfestival Viersen 2/4
Mittwoch, 11. November 2009, 2.35 Uhr
23. Internationales Jazzfestival Viersen 3/4


Donnerstag, 12. November 2009, 3.20 Uhr
JazzBaltica 2009: Joachim Kühn & Michael Wollny

Freitag, 13. November 2009, 2.10 Uhr
23. Internationaler Jazzfestival Viersen 4/4

Donnerstag, 19. November 2009, 3.35 Uhr
JazzBaltica 2005: Dominic Miller Project

Mittwoch, 25. November 2009, 2.55 Uhr
JazzBaltica 2009: Andromenda Mega Express Orchestra

Donnerstag, 26. Novemver 2009, 3.10 Uhr
Jazz im Zelt 2003: Silje Nergaard and Band


Jazztime im Dezember 2009

Mittwoch, 02. Dezember 2009, 2.35 Uhr
JazzBaltica 2003: NoJazz

Donnerstag, 10.Dezember 2009; 3.25 Uhr
JazzBaltica 2009: Ida Sand

Dienstag, 15. Dezember, 2.25 Uhr
JazzBaltica 2009: Bunky Green Project feat. James Moody, Donny McCaslin & Miguel Zenón

Mittwoch, 16. Dezember 2009, 1.30 Uhr
Jazz Baltica 2009: Claudia Quintet feat. John Hollenbeck

Donnerstag, 17. Dezember 2009, 1.35 Uhr
JazzBaltica 2009: Percussion Discussion. Stepptanz und Jazzmusik

Donnerstag, 17. Dezember 2009, 2.30 Uhr
JazzBaltica 2007: Bobby Hutcherson Quartet

Donnerstag, 17. Dezember 2009, 3.55 Uhr
JazzBaltica 2009: Joe Lovano Quartet feat. Hank Jones

Mittwoch, 30. Dezember 2009, 9.05 Uhr
Smoke on the water. Das Montreux Jazz Festival

Mittwoch, 30. Dezember 2009, 10.05 Uhr
Madeleine Peyroux - Live in Los Angeles

http://www.jazzfestival-viersen.de/programm/

Laie |  2009/10/16 (金) 22:36 No.739


Re: Charlie Mariano / Silver Blue

3Satのリンクの添付を忘れました。

http://www.3sat.de/dynamic/sitegen/bin/sitegen.php?tab=2&source=/musik/41383/index.html

Laie |  2009/10/16 (金) 22:41 No.740


Re: Charlie Mariano / Silver Blue

Laie さん、こんにちは。

チャーリー・マリアーノって、ウエストコーストのミュージシャンというイメージが強いのですが、生まれはボストンなんですよね。ちょっと意外です。

さて、3satのプログラム見ましたが、12月15日のバンキー・グリーンのプロジェクトが見たいですね。彼もすでに70才を過ぎてますが、現役で頑張ってるんですね。昔、ウイントンケリーと共演した「 My Baby 」というLPをよく聴いていました。一度も映像を見たことないので、できれば録画をお願いしたいと思います。

それ以外はあまり興味がない、というか、よくわからないミュージシャンばかりなので、結構です。

日本では、ご存じのように民主党が政権を取ってから、いろいろとごたごたしています。小泉政権時の「郵政民営化」政策が、昨日あたりから白紙に戻されようとしてて、大騒ぎす。

それから、先週16日、ミュージシャンの加藤和彦さんが自殺したりしてびっくりしました。Laieさんはご存じないかもしれませんが、サディスティック・ミカ・バンドで一世風靡した方です。「黒船」なんていうLPはよく聴いたものです。

62才で「やるべきことはすべてやりつくした」と云って、うつ病になり、そして自殺。決して他人事ではありません。

人生の晩年を幸せに過ごすために、今のうちからできることは何なのか?

そんなことをこの数日、考えながら通勤しています。

criss to Laie |  2009/10/20 (火) 17:52 No.742


Re: Charlie Mariano / Silver Blue

Crissさん、こんにちは。

上原さんの記事はきっと書かれていると思い、検索して見たのですが、上手く探せませんでした。。

頂いた上原さんのCDを何度も聞かせて頂きました。私なりの感想を書かせてもらいますね。最初、通して聞いた時、良いも悪いも正直、全く印象に残らなかったんです。知らない間に終わってしまった。。という感じでした。
それから、何度も聞いて見て、感じ方が変わってきました。

全体的に、彼女のピアノの高度な技術にとても驚かされました。繊細かつダイナミックな表現はとても見事でした。女性らしいフレーズや茶目っ気たっぷりな機知に富んだ表現などもたくさん生かせるピアニストだと思います。力強さの中でも、チャーミングさを忘れず、ピアノの正確なテンポと巧みな技術は、素晴らしかったです。以下はCDの冊子を読む前の自分なりの感想です。

1.超技巧テクニックを披露。クラシックピアノ奏者のピアノの課題曲のようなイメージで、曲の明暗がはっきり伝えてくれました。

2.ポップなリズム。拍子を自然に取りたくなるような曲。1曲目と対照的で、この曲を聞いた後、何故かホッとしました。

3.ダイナミックな表現の中に、甘く切ないメロディーを聞かせてくれました。

4.有名曲のフレーズ?!が入っていたような。。

5.この曲は、自分の好みでした♪

6.軽快なブギウギ調で、体が自然に動きました。

7.コミカルな感じで、雨上がりの情景が頭の中に浮かびました。

8.パッハベルのカノンですが、この曲は、原曲で何百回も聞いていて、既に自分の耳に馴染んでいるせいか、少し違和感を覚えました。ハープシコードで、彼女なりの嗜好でトライされたかと思いますが、個人的には、教会での挙式曲で、神聖なイメージを持っているせいか、う~ん。。という感じでした。

9.裏拍子のリズムで、怪しげな感じが良かったです。有名な曲で、スモーク・オン・ザ・オーターが入っていたのには驚きました。好みの曲です。

10.肩に力を入れなくてすむ曲でした。旋律美がしっとりと奏でていました。

11.木琴が最初に少しだけ加わっていなかったでしょうか。。それとも、気のせいかな。。冒頭のフレーズからは、全く予想の出来ない曲の展開に驚きました。曲の構成もとても凝っていて、ストーリー的な意味合いもあるように感じました。個人的に好きな曲です。

12.サティのジムノペディと千と千尋の主題曲(挿入曲?)を掛け合わせたような曲。中々素敵な曲でした。

13、矢野さんの名前は久し振りです。1曲目の緊張感から始まって、最後にきてようやく安心感を覚え、CDが終了しました。矢野さんの歌い方は独特ですね。

自分にとって、全く知らないアーチストでしたが、とても貴重な一枚になり、色々と勉強になりました。そして、私のCD棚がまた豊かになりました。上原さんを御紹介下さり本当に有難う御座いました。それから、お気遣いに感謝します。

記事で御紹介して下さった、マリアーノ氏のCDとカルラさんスティーブさんのデュエットというCDをアマゾンで、オーダーしちゃいました。マリアーノ氏の御紹介も合わせてどうも有難う御座いました。到着が楽しみです♪

Laie |  2009/10/22 (木) 01:24 No.753


Re: Charlie Mariano / Silver Blue

Laieさん、こんににちは。

>上原さんの記事はきっと書かれていると思い、検索して見たのですが、上手く探せませんでした。。

探せないはずです。書いていませんから。
僕のブログは、買ったCDをすべて記事にしているわけではありませんので、好きでも上原さんのことについては記事にしていません。

好きだから記事にできるというわけではない、ということをブログを初めてよくわかりました。記事にしやすい作品と、好きなのに記事にしにくい作品とがあるんですよね。上原さんのことなど、ウェブ上にたくさん情報が溢れていて、なかなか独自の視点でものが言えないのですよ。なにか書いても誰かの記事に似てきちゃって。結局、超メジャーな人の記事ってとっても書きにくい、のです。

それはさておき、一曲ごとにコメント入れてくれて、御苦労さまでした。
実は僕はこの作品を持っていないので、Laieさんお感想から音を想像するしかないのですが、コメントを読んでいるとCDを聴きたくなり、さっそく、週末に買いに行こうと思ってます。まあ、いずれ買おう(中古で)と思っていたので。

そんなわけで、今、昼休み中で、ご飯を食べながら書いてます。ご飯といても、コンビニのおにぎりですが。

日本では新型インフルエンザが大流行です。我が家はまだ大丈夫ですが、一日中マスクをして仕事をしてます。通勤電車の中ではかなりの人がマスクをしてます。

ドイツはインフル、流行っているんでしょうか?
だいぶ寒くなりましたので、お体にはお気をつけださい。
と、言っている自分が一番、虚弱体質で危ないのですが(笑)。

criss to Laie |  2009/10/22 (木) 13:02 No.759


Re: Charlie Mariano / Silver Blue

Crissさん、こんにちは。

上原さんの記事は書かれていませんでしたか。。CDの冊子を読んでから、また聞かせてもらっています。やはり、彼女が曲を作られた理由や思い入れが書かれているので、なるほど。。と思いました。2日間でCD録音を終えたこと、バークリーで勉強されたようですね。年齢的にも、まだまだこれからですので、今後も有望視されるのは間違いなさそうですね。どうも有難う御座いました。

マリアーノ氏ですが、早速聞き始めています。ドイツに30年も住んでいたようで、びっくりしました。こちらのCDですが、胸が一杯になってしまいます。83歳で癌を患っていたなんて、とても信じられません。もしも、同じ条件で、同じ内容のライブが見れる機会が、生前にあったとしても、きっと胸が一杯になっちゃって見れないだろうと思います。ちなみに、マイ・フーリッシュ・ハートは大好きな曲です。crissさんのお持ちCDは、日本語訳が入っていましたか?私の方は、英語とフランス語訳の冊子です。

昨日、スティーブさんとビックバンドの映像を録画しました。一時間の演奏しか放映されませんでしたが、スティーブさんとバンドの方との演奏配分が五分五分でした。来週の木曜日の分を録画して、まとめてお送り致します。12月の分は、時間が空いてしまうので、別枠便でお送りいたします。

それから、スティーブさんとカルラさんのデュエットというCDはお持ちでしょうか。

先日だったでしょうか。新型ウイルスのワクチンに関するニュースを聞きました。マスクをしている人も全くいないし、取り立てて大きなニュースになっていないかと思います。

今晩、ウルフ・ワケニウスの演奏会で見に行きます。早めに出かけ、最前列の中央をゲットしたいと思います。

Laie |  2009/10/24 (土) 16:43 No.775


Re: Charlie Mariano / Silver Blue

Laieさん、こんばんわ。

>2日間でCD録音を終えたこと、バークリーで勉強されたようですね。
ジャズの作品って、だいたい一日から二日ぐらいで撮りきっちゃうことが多いみたいですよ。利益を考えるとそんなに長くスタジオおえられないでしょうね。それから現代ジャズ・ミュージシャンはほとんどすべてがバークリーを経てプロになっています。もちろん僕の友人みたく、バークリー出てもプロになれるとは限りませんが。

>ちなみに、マイ・フーリッシュ・ハートは大好きな曲です。
僕も大好きです。この曲がはいっているとつい買っちゃ浮くらい好きです。やっぱりビル・エヴァンスのマイ・フーリッシュ・ハートが一番好きかな。

http://www.youtube.com/watch?v=a2LFVWBmoiw


>crissさんのお持ちCDは、日本語訳が入っていましたか?私の方は、英語とフランス語訳の冊子です。

ごめんなさい。このCD、大量のCDの山の中から探し出すことができませんでした。整理が悪いので聴きたいと思った時に聴けないんですよね。ちょっとCD買いすぎなので、そろそろホントに必要なものだけ買うようにしようと思っているのですが。


>昨日、スティーブさんとビックバンドの映像を録画しました。
ほんとにありがとうございます。楽しみに待っています。

>それから、スティーブさんとカルラさんのデュエットというCDはお持ちでしょうか。
もちろん持ってますが、今、自宅にはありません。聴かなくなってしまったCDはその都度、実家の倉庫に送ってますので、ここ10年以上、その中に入ったままになってます。正直、思い入れはないので、音も忘れてしまいました。僕はスワローには興味があるのですが、カーラ・ブレイには思い入れがないんですよね。Laieさんにはわからないかもしれないけど、この二人って、ジャズの中ではかなり異色な二人ですよ。僕はベースを弾くのでスワローなんかには興味ありますが、あんなベース弾く人、他にはいませんもん。不思議な人です。

>先日だったでしょうか。新型ウイルスのワクチンに関するニュースを聞きました。マスクをしている人も全くいないし、取り立てて大きなニュースになっていないかと思います。

そうですか。ドイツには新型がいないのかな?
日本ではやっと新型インフルエンザのワクチンが出来上がり、今週から接種が始まります。接種にはプライオリティがあり、まずは僕ら医療従事者が接種の対象になっています。ので、あした、僕は打つ予定です。
今日は家族3人で町に買い物に出かけましたが、三人でマスクをして買い物をしました。ちょっと心配し過ぎかとも思いましたが、子供の死亡率が0.3~4%と聞くと、なんだかとっても心配になってきます。結構、子供が死んでます。

criss to Laie |  2009/10/25 (日) 19:09 No.778

コメントを投稿する 記事: Charlie Mariano / Silver Blue

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。