雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Mads Vinding Trio / Bubbles & Ballads

   ↑  2009/10/25 (日)  カテゴリー: piano

mads vinding bubbles ballads




デンマーク出身のベース界の重鎮、マッズ・ヴィンディング ( Mads Vinding , 1948~ ) の最新作。2007年に、同国のもう一人のトップ・ベーシストであるイエスパー・ルンゴー ( Jesper Lundgaard , 1954~ ) とのデュオ・プロジェクトで2作品目となる 『Bassments 』 をリリースしたのも記憶に新しいとこころだが、今回は約10年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ編成での作品だ。

ヴィンディングは1997年に自身のトリオ・プロジェクトを始動し、ドラマーはアレックス・リールに固定したうえで、ピアニストをエンリコ・ピエラヌンツィ、ロジャー・ケラウェイ、カールステン・ダールと変えながら1999年までに3作品を制作した。特にピエラヌンツィを迎えて制作されたファースト 『 The Kingdom 』 ( 前項あり ) はデンマークで “ Best Jazz CD 1997 ” 賞に輝くなどした優秀盤だった。

今世紀に入ってからは、前述したようにイエスパー・ルンゴーとのデュオ活動などを展開する一方、母国の民謡を演奏するプロジェクト、ULC Quintet への参加や、クラシックの作品を発表するなどして、より多角的な活動に重点がおかれた。そのためかどうかはわからないが、ここ10年間、自身のピアノ・トリオによる活動は事実上、休止していたようだ。

それだけに本最新作には驚きと同時にかなりの期待を抱いて購入した方も多いのでは。

 
さて、注目のピアニストだが、、今回はスウェーデン出身の攻撃的抒情派ピアニスト、ヤコブ・カールゾン ( Jacob Karlzon , 1970~ ) が抜擢された。今年、自身としては6作目となる作品 『 Heat  』 ( 前項あり )   をリリースしたばかりのカールゾンだが、同じピアノ・トリオというフォーマットでありながら、リーダーとサイドという立場の違いで、どう演奏が変わっていくのかが聴きどころとなるだろう。

一方のドラマーもアレックス・リールからモーティン・ルンド ( Mortin Lund , 1972~ ) に新旧世代交代している。ルンドはまだ30代と若いながら、ヤン・ラングレン、ラーシュ・ヤンソン、ステファノ・ボラーニ、ウルフ・ワケニウスなど、超一流ミュージシャンから信頼を得ている売れっ子ドラマーだ。

レーベルも今までは Stunt Records だったが、今回はデンマークの新興レーベル、BRO Records からの発売となっている。


全11曲で、ヴィンディングのオリジナル2曲とカールゾンのオリジナル ≪ Cesterbal ≫以外はすべてスタンダードかジャズメン・オリジナルという構成。カールゾンの≪ Cesterbal ≫は2003年の 『 Big5 』 で演奏されていた曲だ。

≪ On Green Dolphin Street ≫ や ≪ All The Things You Are ≫ など、オールド・スタンダードの中でも超有名な馴染みの曲が並ぶが、ショーターの≪ Nefertiti ≫ と≪ Footprints ≫ が挟み込まれているのが非常に良いアクセントになっている。しかも、手垢の付きまくったスタンダードにも関わらず、アレンジがどれも洒落ていてので、マンネリ感やチープ感は皆無だ。そのあたりのセンスの良さは流石だと思う。

そして本作は、全編を通じてヴィンディングの枯淡の境地から醸し出される気品に満ち溢れた作品である。長年にわたりオランダ・ジャズ界で人気を二分してきた故ニールス・ペデルセン ( Nils Pedersen , 1954~2005 ) の派手さとは対極にあるような地味なパフォーマンスではあるが、あえて超絶技巧を封印し、悠々と余裕を残し坦々とリズムを刻む姿勢は保守派ベーシストの王道をいく。しかし目を瞑って彼の音に聴き入っていると、彼の発する音列は、明晰な運指技巧が眼裏に浮かんでくるほど見事であり、聴き惚れてしまう。

カールゾンは歌伴からアグレッシブな現代的ソロ、果てはクラシックまで、極めてヴァーサタイル、フレキシブルに対応できるピアニストだが、今回はヴィンディングの音楽的趣向に合わせ、良い意味で正統的な演奏スタイルにモード・チェンジしているようだ。それはそれで非常に心地よい。

M-3 ≪ All The Things You Are ≫ では、徐々にコード進行を崩していき、より現代的でアヴァンギャルドな展開に発展させる手法もみせ、羊の皮をはぶった狼の姿がちらっと顔を覗かせるなど、カールゾン・ファンはニンマリするような場面もある。

Mads Vinding Trio / Bubbles & Ballads  星1つ星1つ星1つ星1つ
2008  BRO Records  BRO002

Mads Vinding  ( b )
Jacob Karlzon  ( p )
Morten Lund  ( ds )


mads vinding kingdom


Mads Vinding Trio Mads VInding / Alex Riel & Enrico Pieranunzi   『 The Kingdom 』
1997 年 Stunt Records STUCD19703



mads vinding roger kellaway
 

Mads Vinding Trio Mads VInding / Alex Riel & Roger Kellaway  『 Daddio Don 』
1998 年 Stunt Records STUCD19813



mads vinding carsten dahl 


Mads Vinding Trio Mads VInding / Alex Riel & Carsten Dahl 
『 Six Hands Three Minds One Heart 』 
2000 年 Stunt Records STUCD00052

関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-496.html

2009/10/25 | Comment (6) | Trackback (3) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : ありのみコースの紅葉
この前の記事 : 外山安樹子トリオ @ 上野アリエス

Comment


Bubbles & Ballads

朝、出かける前に聴きました。
今日は、曇りが雨に変わって、1日寒かったです。
車には、別のcd持ったけど、朝はこのcdをかけてました。
ショターの不思議な曲、大好きなのですが、Nefertiti は聴いているだけで幸せになります。

そう、、好き嫌いでブログ書いちゃいけないですか。。ねぇ。
困ったな。
基本的には最後は、好きか嫌いでブログに登場させちゃってます。
まぁ、、わたくしごときのブログはそれでいいと思うんですが、皆さんは大変ですよね。

今日は、めちゃくちゃ寒いです。
トラバが風に飛ばされちゃいませんように。(笑)

すずっく |  2009/10/26 (月) 18:16 [ 編集 ] No.783


Re: Mads Vinding Trio / Bubbles & Ballads

crissさん、こんばんは。現在、ロンドンでトランジット中です。今日は最終目的地がワルシャワなので、移動時間が長くてたまりません。

さて、このアルバム、悪くはないですが、"The Kingdom"と比べると厳しいですよね。私のブログにも書きましたが、Karlzonを活かすにはもう少しハード・ドライビングな曲を入れてもよかったかなぁなんて思っています。ということで、うまくいくかわかりませんが、TBさせて頂きます。

中年音楽狂 |  2009/10/26 (月) 23:42 [ 編集 ] No.784


Re: Mads Vinding Trio / Bubbles & Ballads

>今日は、めちゃくちゃ寒いです。
トラバが風に飛ばされちゃいませんように。(笑)

東京も今日はすごく寒くて、雨も降ってましたし。さっきは風も強くて、怖いくらいでした。今日は今年初めてジャケットを羽織って通勤しましたよ。
トラバはちゃんと飛ばされずに東京まで着きましたよ。今度は僕のほうが飛ばされないか心配です。

このところdisk union に行っても、欲しいCDがなくて、買わずに帰ってくることもあります。ちょっとスランプです。それと、ちょっと気になるのが、最近、DUの新譜売り場のお客が少なくなっているような気がします。僕が行くときだけたまたまかもしれませんが、やっぱり不景気の影響ってあるのでしょうかね。

criss to suzuck |  2009/10/27 (火) 00:17 No.788


Re: Mads Vinding Trio / Bubbles & Ballads

中年音楽狂さん、相変わらず超多忙のようで、お体にはぐれぐれもお気をつけください。総じて海外出張の多いかたは生活習慣病になりやすい傾向にありますので。

この記事を書くにあたり、中年音楽狂さんの記事も拝読させてもらいましたが、中年音楽狂のご指摘は十分理解できますよ。The Kingdom はずば抜けて出来がよかったですもん。エンリコはもちろん、ヴィンディングも頑張っていたし。ヴィンディングって絶対ピッチはずさないし、リズム・キープ力も超安定しているし非の打ちどころがない、と思うのですが、個人的には音色がどうも好きになれないところがあります。まあ、そんなに彼のCD持ってませんが、やはり同年代でイエスパー・ルンゴーのほうが好きかな。

一世代若いところではボディルセンとかもすごく音いいし、すきだな~。

トラバちゃんと届いてますよ。こちらかもトラバさせていただきます。

criss to 中年音楽狂さん |  2009/10/27 (火) 00:32 No.790


Re: Mads Vinding Trio / Bubbles & Ballads

crissさん、こんばんは(ワルシャワ現地時間は夜中です)。

TB入っていないようですが、今度はcrissさんからのが駄目になったんでしょうかねぇ。よくわかりませんが、リトライしてみて頂けますか。それでも入らないようなら、URLを記事に貼り付けますので。よろしくお願いします。

それにしても眠いです。出張はまじで辛いです~。

中年音楽狂 |  2009/10/28 (水) 08:51 [ 編集 ] No.792


Re: Mads Vinding Trio / Bubbles & Ballads

中年音楽狂こんばんわ。ではなく、こんにちはでしょうか。
ワルシャワは今午後1時40分ですね。

お疲れのところわざわざコメントいただき、ありがとうございます。

今日、日中に一回、そして先ほど二回目のTBをしてみました。
うまくいっているでしょうか?

なかなかFC2 と相性悪いですよね。

日本は今、新型インフルエンザがすごい勢いで広まっています。
電車の中ではみんなマスクをしていますよ。
僕は昨日、ワクチンを打ちました。医療従事者の特権ですね。
くれぐれもご自愛ください。

では、また。

criss to 中年音楽狂さん |  2009/10/28 (水) 21:47 No.794

コメントを投稿する 記事: Mads Vinding Trio / Bubbles & Ballads

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback


この記事にトラックバックする

Bubbles&Ballads/MadsVindingTrio

花曇り。。時々雨が降ります。折角、満開になったさくらがちょっとかわいそう。でも、グレーの空とさくらの淡いピンクはとてもよく似合います。真っ青な空に浮かぶ白く透き通るさくらの花より、グレーの空にとけ込んでしまいそうな淡いピンクの組み合わせがわたくし的幸せ...

MySecretRoom 2009/10/26

Jacob Karlzonも参加したMads Vindingの新作

Bubbles Ballads Mads Vinding Trio(BRO) 昨日に続いてJocob Karlzonつながりでこのアルバムを取り上げることにしよう。実はこのアルバム,ずいぶん前に入手し

中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar 2009/10/26

Mads Vinding Trio/Bubbles & Ballads

Mads Vinding(B) Jacob Karlzon(P) Morten Lund(Ds) Rec. 2008?,Denmark (BRO Recordings BRO002) デンマークのベテラン・ベーシストのマッズ・ヴィンディング(1948年生まれ)はアレックス・リールとの共演が非常に多いのだが、そのリール盤「Alex Riel Quartet feat. C...

Jazz&Drummer 2009/11/03
この次の記事 : ありのみコースの紅葉
この前の記事 : 外山安樹子トリオ @ 上野アリエス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。