雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

OAM Trio ( Aaron Goldberg ) / flow

   ↑  2009/11/17 (火)  カテゴリー: piano

OAM Trio



アーロン・ゴールドバーグ ( Aaron Goldberg , Boston , 1974~ ) といえば、とにかくこの 『 Flow 』(2002 FSNT) の出来が傑出している。

ご存じのように、ゴールドバーグは彼個人名義のトリオとOAM トリオ という2つのユニットで並列して演奏活動を行っている。

前者はリューベン・ロジャーズ ( b ) 、エリック・ハーランド ( ds ) を従え、翳りと軋みを内包した静的で知的な音世界が表現されているのに対して、後者はオマー・アビタル ( b ) 、マーク・ミラルタ(ds ) との三者対等のインタープレイを強く打ち出した緊張感溢れる動的な音世界を演出している。表現される世界感は対照的ながらも、両ユニットとも三者のコミュニケーション感度は抜群に高く、俊敏なリアクトの応酬は超スリリングである。

本作が録音された2000年12月というと、ゴールドバーグはジョシュア・レッドマンのカルテットに参加していた時期で、作品としては 『 Passage of Time 』 ( 2000年11月録音 ) を吹きこんだ直後ということになる。OAM trioのデビュー盤 『 Trilingual 』 (FSNT 070) が1999年5月の録音。次いでゴールドバーグの第二作目 『 Unfolding 』 (J-Curve 1014) が2000年2月の録音。そして再びOAM trioとしての 『 flow 』 が2000年12月の録音。

興味深いことに、彼の作品をこうして時系列に沿って聴いていくと、デビュー作からこの 『 flow 』 までのたった2年足らずの間に、彼の繊細かつ鋭角的な独自のスタイルが確立されていく過程が聴いてとれる。この時期、つまり、ジョシュアのバンドを経過することにより、彼のスタイルは固まっていったと云える。

冒頭曲 ≪ Equinox ≫ は言わずと知れたコルトレーンのマイナー・ブルース。ミラルタの叩くタブラの音色は、ジャケットに描かれた水中を漂う気泡を連想させる。全編に伏流するこの不思議な波動が、実に心地よい。
 
タイトル曲 ≪ Flow ≫ では、3人の生命力溢れるすさまじいインターアクションを聴くことができる。

イスラエル、バルセロナ、ボストンと、国境を越えてつながった完璧な絆のもと、3作品を制作してきた OAM Trio だが、2003年の 『 Live in Sevilia 』 ( Lola Records ) を最後に、活動を休止しているようだ。当時は新進気鋭だった3人も今やNY界隈で引っ張りだこ売れっ子のミュージシャンだ。このまま自然消滅してしまうのだろうか。


OAM Trio / flow  ( amazon )  星1つ星1つ星1つ星1つ
2002  FSNT  136

Aaron Goldberg  ( p )
Omer Avital  ( b )
Marc Miralta  ( ds )
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-518.html

2009/11/17 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


ルカ・マヌンツァ・トリオ

おはようございます。すいません、O.A.M.TRIOとは関係ないのですが、MAX.IONATAのバックでお馴染みのルカ・マヌンツァが初リーダー作を発表するみたいです。スティングの曲やAireginなどのスタンダードナンバーもやってます。来年1月発売予定です。VENT AZULさんのホームページにでてました。個人的にはローマ・トリオではない彼のリーダー的な演奏を聴いてみたいので予約しようと思います。それでは失礼します。

札幌少年 |  2009/11/19 (木) 08:59 [ 編集 ] No.870


Re: OAM Trio ( Aaron Goldberg ) / flow

こんばんわ。情報早いですね。僕は情報に疎くて、Vento Azul さんのサイトもたまにしか見ないし、ジャズの雑誌は買わないし、最近はDisk Union のブログもめったに見なくなっちゃって、ほんと、最新情報が入力されないんですよね。ブログ更新するのがやっとで、ブログ仲間のブログチェックもなかなかできないし、めちゃくちゃ時間に追われてます。

ルカの新作、楽しみですね。ローマ・トリオもよかったから絶対、買いでしょ。この人、巧いのはもちろんなんだけど、High Five のようなハードバップも巧いし、モーダルな行け行けガンガンも得意だし、リリカルな美メロもイイ感じで、とっても汎通性の高いピアニストですよね。

また、僕の知らない情報、教えてくださいね。
どうかよろしく。

criss to 札幌少年さん |  2009/11/20 (金) 22:31 No.871

コメントを投稿する 記事: OAM Trio ( Aaron Goldberg ) / flow

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。