雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

この記事に含まれるタグ :
アメリカ  90's  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Shelly Berg / The Joy

   ↑  2009/11/21 (土)  カテゴリー: piano

shelly berg joy



西海岸で活躍するピアニスト、シェリー・バーグ ( Shelly Berg , Cleveland , 1955~ ) が1996年に DMP に吹き込んだ記念すべきデビュー作品。

ピアノ好きなジャズ・ファンの間では1997年のオスカー・ピーターソンに捧げた作品 『 The Will 』 や、寺島靖国氏が絶賛した2005年のコンコード盤 『 Blackbird 』 などが人気がある。しかし、このデビュー盤もそれらと比べても決して遜色ない素晴らしい作品だ。

シェリーはピアニストとして活躍するだけでななく、音楽教育者としても有名である。1996年から98年には国際ジャズ教育協会 ( International Association for Jazz Education : IAJE ) のプレジデントを務めている。また、南カリフォルニア大学(The University of Southern California : USC ) ソーントン音楽学校のジャズ研究科での教授職の経験もある。2007年にはマイアミ大学フロスト校の学部長に任命されている。

そのような素晴らしいキャリアもあって、最近は若手ミュージシャンからの信望も熱く、「シェリー・バーグの薫陶を受け~」という経歴の紹介文をミュージシャン・サイトでみかける機会が増えた。たとえば最近ではジェラルド・クレイトンがシェリー・バーグにピアノと作曲を習っている。

あらゆるスタイルの音楽に通暁しているにも関わらず、彼自身が奏でるジャズは驚くほどオーソドックスだ。

ギミックを排し、あるときはストレートに小気味よくスイングし、あるときは哀愁美メロでリスナーの涙腺を直撃する。コンテンポラリーな気難しい曲もイケるのだろうが、決してやることはない。常に心地よいスイング感と解放感の演出にその力を注ぐ。聴いていると心底嬉しくなってくる、そんな幸福に満ち溢れた作品だ。

まあ、彼の作品はどれもほどんど同じ作風なのだが、そこがまたイイのだ。

ジャズの聴き手は常に革新的でクリエイティブな音を求めている訳ではない。半世紀以上もの間、繰り返し繰り返し演奏されてきたスイングするジャズを、これからも反復して聴き続けていく中に、快感を求める、そういったジャズの聴き方もあって良いのではないか。この前聴いたジャズとほどんど同じジャズだけど、でもちょっとだけ違う普通のジャズ。そんな微妙な差異の発見にこそ、ジャズの喜びがあるのかも、って最近つくづく思う。

シェリーの素晴らしさはその演奏力だけではない。彼のソング・ライティング力も瞠目すべき点である。本作でも哀愁を帯びたメロディーセンスが光るタイトル曲 ≪The Joy ≫ なども印象的だ。さらにはスタンダード≪ Here's That Rainy Day ≫ のラテン調のアレンジも秀逸であるし、とにかく演奏、作曲、アレンジと、どれをとっても非の打ちどころがない。



関連記事

この記事に含まれるタグ : アメリカ 90's 

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-520.html

2009/11/21 | Comment (6) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Derek Smith / Plays Jerome Kern
この前の記事 : Sarah Jane Cion / Summer Night

Comment


こんばんは。僕はこのアルバムの90年代的な音質が好きです。懐かしさを感じますねぇ。結構手数が多い人ですが使いどころをこころがけてますよね。上手いと思っていたらやはり大学教授なんですね、BLACK BIRDのライナーノートに書いてあった気がします。最近JOHN.STECHを聴いていたらこの人に顔も演奏も似てるように感じました。JOHN STECHの方が学求的で退屈ですけどね。個人的にはJOHN FREMGEN(BASS)のアルバムに参加したSHELLY BERGが激しく且つメロディアスで好きです。
僕は今、DEXTER GORDONの「BITING THE APPLE(STEELE CHASE)」を聴いてるんですが、AL FOSTERがあまり目立たないですが参加しています。そういえばAL FOSTERの「QUEST」とは一体なんなんでしょうか?グループ名ですか?もしご存じでしたら教えていただけないでしょうか? 
よろしくお願いします。

札幌少年 |  2009/11/22 (日) 00:18 [ 編集 ] No.872


Re: Shelly Berg / The Joy

今晩わ。

>最近JOHN.STECHを聴いていたらこの人に顔も演奏も似てるように感じました。JOHN STECHの方が学求的で退屈ですけどね。

ジョン・ステッチは僕もけっこうCD持っていますが、ほとんど聴いていませんね。なんだか気難しいんですよね。シェリーのほうがずっと聴きやすいと思いますが。でもステッチはほんと最近聞いてないので、今聞き返すと意外にイイかもしれない。明日にでも聴いてみよう。

>個人的にはJOHN FREMGEN(BASS)のアルバムに参加したSHELLY BERGが激しく且つメロディアスで好きです。

このアルバムも知ってますが、持っていません。中古で見つけたら買おうとおもっているのですが、まだ出会っていないんですよね。いいですか? そんなに。

>AL FOSTERの「QUEST」とは一体なんなんでしょうか?

アル・フォスターの作品というよりも、デイヴ・リーブマン、リッチー・バイラーク、ジョージ・ムラツ、アル・フォスターからなるグループですよ。少なくとも発売当時81年にはそういう売り出し方でした、たしか。第一作は買いましたが、そういえばその後はどうなったのだろう?よく知りません。

81年というと、僕がジャズを聴き始めた年で、何もわからず、おそらくSJにでもこのクエストのことが載っていたのでしょうね、それで買ったと思います。当時は初心者だから全然難しくて、よくわからなかったな~。リーブマン色が強かったからかな。もう30年前なのでよく覚えていません。
でも、今から「すげ~かっこいいじゃん」ときっと思うような音です。
あのころにしてはとっても斬新な響きをしてました。ちょっとフリーぽかったかな。

criss to 札幌少年さん |  2009/11/22 (日) 00:34 No.873


Re: Shelly Berg / The Joy

クリスさん、おはようございます。
>このアルバムも知ってますが、持っていません。中古で見つけたら買おうとおもっているのですが、まだ出会っていないんですよね。いいですか? そんなに。
今朝久しぶりに John Fremgen 「Pieces Of String」 をかけていますが、ライヴ会場にいるような御機嫌な演奏を聴かせてくれます。Viewpoint というマイナーレーベルなので、見つけるのは難しいかも・・・。UNIONの在庫検索では、新譜も中古もないですね。HMVは在庫ありですね。これは、買いだと思いますよ。
「The Joy」は、確かどこかの倉庫で見つかったのを数量限定で売り出すという前情報だったので、予約して買ったような気がします。800円という安価も魅力でした。Shelly Berg は他に 「Blackbird」 は持ってますが、「The Nearness Of You」,「Will」,「To This Day」は持ってません。
John Stetchは、「Stetching Out」「Green Grove」以降のSolo作がイマイチだったので、「Bruxin'」を最後に買ってません。「Bruxin'」の第一印象は良かったのですが、聞きこむと曲の難しさとトリオのまとまりが気になりますね。ちなみに、「Stetching Out」のライナーをみると、BassはJoe Martinですね。

ところで、ここ1ヶ月近くCD SHOPに行ってないので、BossoのNew Project「Black Spirits」, 妹尾美里「ラヴィ」, Najponkの新作などが未だ買えずにいます。少し禁断症状が・・・(笑)

その代わりと言っては何ですが、amazonで Joey Calderazzo「Simply Music」を入手し、やっと9枚全部揃いました。一昨年はPrysm、昨年はManuel Rocheman、今年はJoey Calderazzoときたので、来年は誰を集めるか思案中です・・・。
では、また。

Marty |  2009/11/22 (日) 10:42 [ 編集 ] No.875


Re: Shelly Berg / The Joy

Martyさん、こんにちは。

>ここ1ヶ月近くCD SHOPに行ってないので、BossoのNew Project「Black Spirits」, 妹尾美里「ラヴィ」, Najponkの新作などが未だ買えずにいます。少し禁断症状が・・・(笑)

僕もこの3枚、まだ買ってません。先週、久しぶりにお茶の水のDUに行ったのですが、ヌンツィオ・ロトンドしか買いませんでした。

ちょうど、店内でNajponkの新作がかかっていて、とっても綺麗な曲だったので買いそうになりましたが、やめました。

ボッソとアネオは今日、仕事帰りに買う予定です。

最近、あまり購買意欲がないんですよね。僕のブログ見ていただければ、大体は察しがつくと思いますが、ほとんどこの2か月ほどは買っていません。

この不況の折、一枚3000円近くもするCDをジャンジャン買うのって、なんだかおかしいと思うようになっちゃって。おこずかいを減らされたわけではないのですが、なんだかもったいないと思うのですよ。まあ、すでに購入したCDが4000枚以上あるので、既存のその資産をしばらくは利用して楽しもうかと思ってます。

今までの常軌を逸した購買行動を少し反省しつつ、これからは本当に必要なCDだけを買い、大切に聴いていこうかと、今は考えています。


criss to Marty |  2009/11/24 (火) 09:24 No.877


こんにちわ。またコメントします。僕はファブリッッオ・ボッソの新作を昨日HMVで試聴しました。シンプルなハードバップで好感をもちましたが、モーダルな曲のテンポが速すぎて今の自分とは相性があわず買いませんでした。しかし、ルカ・マヌンツァは巧い!モーダルにもメロディアスにも高いレベルで対応できる人なんですよね。感動してVENTさんにルカの予約とMAX IONATAのLITTLE HANDSの注文をしてしまいました。ちなみにルカとMAX IONATAのデュオでジョーヘンの曲をやっているCDお持ちですか?お持ちでしたらどんな感じか教えていただけないでしょうか?いつも質問ばかりしてすいません。買おうか迷ってます。

札幌少年 |  2009/11/24 (火) 16:36 No.878


Re: Shelly Berg / The Joy

Bosso の新作は今日買ってきました。
少し聴いただけですが、今一つインパクトがないかな。
でも本格的に聞くのは明日からです。
基本的に通勤時にしかジャズは聴かないので。
(家では家族と過ごす時間にあてているので)

>ちなみにルカとMAX IONATAのデュオでジョーヘンの曲をやっているCDお持ちですか?お持ちでしたらどんな感じか教えていただけないでしょうか?

デュオなので、買っていません。やっぱりリズム隊がいないと僕はだめです。
でも、DEEZERで2曲聴けますよ。僕のブログの8月29日のマックスの記事の一番下にプレイリストを張り付けておきました。百聞は一見に如かず。聴いてみてください。

http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-460.html

criss to 札幌少年さん |  2009/11/24 (火) 23:35 No.879

コメントを投稿する 記事: Shelly Berg / The Joy

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Derek Smith / Plays Jerome Kern
この前の記事 : Sarah Jane Cion / Summer Night
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。