雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

物欲生活 EPSON プリンター EP802A

   ↑  2009/12/03 (木)  カテゴリー: 物欲生活

EPSON EP802A living1



Canon のプリンター PIXUS IP8600 を5年間使ってきたのですが、
1年ほど前から写真印刷時に横縞が入るようになってしまいました。
クリーニングをしても縞模様が消えずこれは寿命と諦め、先日、新しいプリンターを買ってきました。

今まで使っていいたプリンターもCanon だし、スキャナーもCanon 使っているし、
カメラもEOS Kiss だし、仕事上、Canon の方にもお世話になっているので、
普通ならCanon を買うところですが、どうしても現行のモデルのデザインが好きになれず、
今回はEPSON のEP802A にしました。

新しいプリンターを買わなきゃと検討し始めたちょうど1 年前というと当時のモデルは EP801A でした。
このモデルは今回買った EP802A とデザインは同じなのですが、無線LAN が搭載されていません。
無線LAN アダプターがオプションで用意されていたのですが、これが意外に高価。
プリンターは無線LANでつないでリビングに置きたい、という妻からの強い要望があり、
無線LAN 搭載という条件は外せません。仕方なく、無線LAN 搭載機が発売されるまで待っていた訳です。
(無線LAN搭載機としては今までも901Aという上位機種がありましたが、あれはリビングに置くにはカッコ悪いです。)
 
802A はフラットでスクエアなデザインが好みです。色もブラックなのは我が家のリビングにもピッタリです。
さっそくリビングのボードの上に置いてみました。全面からの給紙なので、シートフィーダーもなく、
奥行きをとりません。ボードにもいい感じで収まりました。
 
無線LANの設定に手こずるかなって不安があったのですが、付属のディスクで簡単にセットアップできました。
 
給紙も全面からトレイにセットするだけで、しかも2種類の用紙が一度にセットできるのが便利。
SDカードを直接挿入し、液晶パネルに表示されたビューアーで写真を選択、すぐにプリントできるのもうれしいですね。
このプリントの仕方はうちの4才も子供もすぐ覚えてしまったくらい簡単です。
 
CD & DVD のレーベル印刷も簡単で、元ディスクをスキャナー部中央におき、印刷ディスクを
自動的に飛び出してくる専用トレイに置き、メニューからレーベルコピーを押すだけ。
今まで使用していた PIXUS IP8600 は、CDレーベル印刷用のトレイが本体とは別に用意されていて、
そのトレイごと挿入しなければならなかったので、幾分面倒でストレスフルした。時々、そのCD用トレイがどこかに
いっちゃって、探すのに苦労したりしてましたからね。

そして、肝心の画質も滅茶苦茶きれい。8色インク使用の PIXUS IP8600 よりも、6色インク使用の EP802A のほうが
綺麗って、どういうこと? インク数増やせばいいというもんじゃないんですね。そういえば、インク数増えると
常にどれかが空になり、しょっちゅうインク交換しなければならなくて、とっても不便だった。
今は、6色でいかに綺麗な画質を作れるかを各社が競い合っているらしいです。
 
さらに、とっても高速。L版なんかあっという間に出てくる。
 
至れり尽くせりの EP802A であり、欠点をあげるほうが難しいくらいです。
まあ、欠点と言えば、動作音のうるささぐらいでしょうか。
でも、インクジェットはこれは仕方ないのでしょうね。
仕事場ではEPSON の PM T990 という業務用に近い機種を使っているのですが、
流石にそれは音は静かです。
 
インクも6色交換すると6500円ほどの出費になるのですが、ちょっと痛いかな。
でも、メーカーもインクで利益をあげるのだろうがから仕方ないか。
なにしろ、本体が20.000円というのは、どうみても利益でないでしょうね。

そうそう、インクのことですが、箱からボディーから取説に至るまで、
いたるところに「インクは純正カートリッジを使用しましょう」と記載されています。
プリントする際、表示される進行状況を示すウインドウにも純正カートリッジの
購入を誘導するリンクが張られていて、メーカーの必死さが伝わってきます。
妻の話なので信憑性は低いですが、なんでも、純正品を使用したか使用していないかが
本体に記憶されているらしいです。故障の際はそのデーターが照合され、
純正品でないインクでの故障は保障対象外になるそうです。ほんとうかな?
関連記事

FC2スレッドテーマ : 周辺機器 (ジャンル : コンピュータ

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-526.html

2009/12/03 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Lee Morgan / Playlist
この前の記事 : Thomas Grimmonprez / Bleu

Comment

コメントを投稿する 記事: 物欲生活 EPSON プリンター EP802A

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Lee Morgan / Playlist
この前の記事 : Thomas Grimmonprez / Bleu
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。