雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Jan Harbeck / In The Still of The Night

   ↑  2009/12/20 (日)  カテゴリー: tenor
jan harbeck Jan Harbeck / In The Still of The Night  ( amazon )
stunt STUCD08202    星1つ星1つ星1つ 

an Harbeck  ( ts, bcl )
Henrik Gunde  ( p )
Eske Norrelykke ( b )
Kresten Osgood ( ds )
Recording : 2007年10月~11月 Copenhagen




デンマークではビッグバンドを中心に活動しているテナー奏者、ヤン・ハルベック ( Jan Harbeck , 1975~ ) のデビュー作。彼もまたジョージ・ガゾーンに影響を受けたテナリストだ。

今作は母国デンマークのミュージシャンたちとリラックスしたムードの中、制作されたカルテット作品。盤題にもなっている ≪IN The Still of Tne Night ≫ をはじめ、バラードからミディアム・テンポのスタンダードが主体となっている。

スタイル的にはコールマン・ホーキンスあたりを彷彿とさせる完全なオールド・ファションだが、サブトーンやビブラートは殆ど用いず、やはり白人らしい繊細さを感じさせる吹き手だ。

とかくコンテンポラリーでカッティング・エッジなミュージシャンに注目が集まりやすい近年のジャズ・シーンではあるが、彼のような何の変哲もない旧式ミュージシャンも確実に生息しているし、またその需要も多いのであろう。

 

 

関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-542.html

2009/12/20 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Pierre de Bethmann / Cubique
この前の記事 : George Garzone / Among Friends

Comment

コメントを投稿する 記事: Jan Harbeck / In The Still of The Night

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Pierre de Bethmann / Cubique
この前の記事 : George Garzone / Among Friends
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。