雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Billy Mitchell / A Little Juicy

   ↑  2009/12/26 (土)  カテゴリー: tenor

Billy Mitchell a little juicyBilly Mitchell / A Little Juicy
1963  SMASH Records  SRS67042
星1つ星1つ星1つ星1つ

Billy Mitchell  ( ts )
Thad Jones  ( tp )
Richard Wyands  ( p )
Hermaan Wright  ( b )
Oliver Jackson Jr  ( ds )
Kenny Burrell  ( g )





昨今のレア盤再発ブームの勢いもあって、昔収集したLPの殆どが今やCDで聴けるようになりました。でも、いまだにCD化されていない名盤も探せばまだまだあります。そんなLPを時間を見つけてはデジタル化して保存しているのですが、今日は少しばかりまとまった時間がとれたので、レコード棚からこんなアルバムを引っ張り出してきて、Wav 化していました。

ビリー・ミッチェル ( Billy Mitchell , Kansas City , 1926~2001 ) と云えば、50年代から60年代にかけて、主にビッグバンド畑で活躍していたテナー奏者で、地味な名脇役として日本では紹介されることが多い気がします。

56年にはディジー・ガレスピー・ビッグ・バンドに参加。そのツアー中にメンバー達によって録音された名セッションの記録 『 Dizzy Atposphere 』  ( 1957 , Specialty ) では素晴らしい燻銀のソロもとっており、記憶されているファンも多いでしょう。57年から61年まで参加していたカウント・ベイシー楽団でもスター的 存在でした。その後にアル・グレイとの双頭コンビで人気を博したこともありましたね。 60年代に入ってからは渡仏してクラーク・ボラン・ビッグ・バンドに参加していた時期もあったことは意外に知られていないかもしれません。

本作 『 A Little Juicy 』 は63年に渡仏する直前にニューヨークで録音された彼にとっては第3作目となるリーダー作です。 Mercury Record の傍系レーベルである Smash Record に吹きこまれ、71年には国内( 日本 ) 盤も発売されましたが、その後長らく廃盤状態が続き、90年代始めに≪ 新星堂ジャズ・コレクター・スぺシャル ≫ という復刻シリーズで再度日の目を見たアルバムです。個人的には痛快娯楽系のハードバップの好盤だと思うのですが、これが今だCD化されておりません(たぶん)。

Smash Record にはもう一枚、62年吹き込みの 『 This Is Billy Mitchell 』 というアルバムがありますが、こちらはすでに Verve からリマスター盤CDが出ていて簡単に、しかも安価で入手可能です。

billy mitchell this is



トランペットのデイヴ・バーンズと二十歳そこそこのボビー・ハッチャーソンが参加したこれもなかなかの好盤なのですが、オルガンなんかも入っちゃったりして、とってもブルージーかつアーシーな落ち着いた作品であるため、やっぱり人気の点から云えば 『 A Little Juicy 』のほうに軍配が上がるでしょう。

しかしながら、彼のリーダー作で一般的に知られているのはこの60年代の2枚だけで、70年代以降の彼の活動についてはほとんど知られていません。ネットで調べてみたら、70年代以降にもCatalyst やXanadu に作品を発表しているようです。彼についての数少ない情報によると、70年代にはプレーヤーというよりはむしろ音楽教育者としての活動に軸足を置くようになったようです。

地域密着型のジャズ・スクールとして有名なハーレム127丁目に本部を置く団体 ジャズモービル ( Jazz Mobile ) や、ホフストラ大学およびイェール大学におけるセミナーなど、よりフォーマルな活動にも精力的に力を注いでいました。90年代には欧州や日本へのツアーも挙行する一方、ニューヨークに居を構え、シーフォードにあるレストラン、Sonny's Place で34年にも渡りハウス・ミュージシャンとして活躍。しかし、97年にそのレストランが閉店するのを機に現役を引退したようです。そして2001年4月18日、肺がんのため逝去されています。
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-550.html

2009/12/26 | Comment (1) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Dana Hall / In The Light
この前の記事 : HR Big Band / Swinging Christmas

Comment


あ |  2010/09/30 (木) 07:17 No.4217

コメントを投稿する 記事: Billy Mitchell / A Little Juicy

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Dana Hall / In The Light
この前の記事 : HR Big Band / Swinging Christmas
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。