雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

縫合不全は医療ミスか。

   ↑  2005/08/02 (火)  カテゴリー: 未分類
医療過誤の記事は毎日のように見かけますが,最近見かけた下記の記事には非常に驚きました。


がん手術の縫合ミスで死亡 遺族が6200万求め提訴


 宇都宮市の栃木県立がんセンターで、胃がんの手術を受けた市内の男性=当時(57)=が死亡したのは術後の処置を誤ったのが原因として、妻と娘2人が20日までに、県に約6200万円の損害賠償を求める訴訟を宇都宮地裁に起こした。

 訴状によると、男性は1999年8月3日、胃と脾臓(ひぞう)を摘出し、腸と食道をつなぐ手術を受けた。手術後の縫合不全で出血し、同19日に再手術したが止まらず、輸血を続けた結果、10月26日に肝不全で死亡したという。

 遺族側は「細心の注意を払い縫合部分の処置を行う義務を怠り、再手術後の処置も誤って肝臓が悪化した」と主張。県医事厚生課は「訴えを真摯(しんし)に受けとめ、県の立場は法廷で主張していきたい」としている。


縫合不全は手術を数多くこなしていれば,必ず起きうる合併症であり,決して医療ミスではないのです。最近,なんでもかんでも「ミス」と見出しが付いてしまう事に憤りを感じています。

縫合不全でいちいち訴えられていたら,私たちは手術などできないのです。
現在,外科医が減少してきています。安い給料でこんなリスキーな仕事など誰もやりませんよ。

裁判の行方に注目していきたいと思います。
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-594.html

2005/08/02 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Roy Brooks / Beat
この前の記事 : 縫合不全は医療ミスなのか?

Comment


嫌な時代です。

良いお客さんばかりなら、仕事も楽しいのですが。
常識のない患者さんにも丁寧な対応をしていないと刺される時代ですから、仕事も命がけです。嫌な時代になりました。

時々、寄っていってください。
これからもよろしく。

クリス |  2005/08/03 (水) 18:30 [ 編集 ] No.1111


苦労知らず

はじめまして、おさかなと申します。ばぶさんの、ブログから遊びに来ました。いつもコメント楽しく拝見させて頂いてます。
自営で建築設計事務所を開業していますが、どうゆうわけか常識のわからない人がごくまれにいます。建物は人間の造るものですから、100%ってないんですよね。極力近づける努力はするのですけど。。。。そのあたりを理解してくれなくて、欠陥住宅や手抜きとか言われたりします。マスコミもより一層煽ったりしますからね(^^;;
これからも、ちょくちょく寄らせていただきます。

おさかな |  2005/08/02 (火) 22:24 [ 編集 ] No.1112

コメントを投稿する 記事: 縫合不全は医療ミスか。

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Roy Brooks / Beat
この前の記事 : 縫合不全は医療ミスなのか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。