雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ファンキー・マンデー。

   ↑  2005/08/08 (月)  カテゴリー: 未分類

ドナルド・バードの『 Slow Drag 』を聴いてたと思うと、ちょっと疲れたのでクリス・コナーの『This is Chris 』に針を落とし、そういえば一昨日買ったクリスチャン・ジェイコブの『 Styne & Mine 』を聴いてなかったとCDプレーヤーの電源を入れる。そうかと思うと急にキング・クリムゾンの『太陽と戦慄』をヘッドフォンで大音量で聴いたりと、僕はなんとも節操のない趣味を持っている。

でも僕の一番のお気に入りはなんと言っても『ファンキー・ジャズ』。
ところで『ファンキー・ジャズ』でどんなジャズ?
アート・ブレイキーの『 Moanin’ 』はファンキー?
ドナルド・バードの『 Fuego 』はファンキー?
ホレス・シルバーの『 Blowin’ The Blues Away 』はファンキー?
みんな大好きなファンキー・ジャズ。

『ファンキー』とは黒人のスラングで、<黒人特有のどぎつい体臭>のこと。

ルー・ドナルドソンの『 Fried Buzzard 』からはそんな体臭がプンプン臭ってくる。
あまり話題にならないアルバムだけど、このライブの観客はめちゃくちゃファンキー。
異様な雰囲気のなかでのライブである。みんなDrugでもやっているのか。
黒い体臭を含んだ汗がスピーカーから噴出しできそうだ。
たまらないファンキー・サウンド。最高。

(と、書きながら今聴いているのはジャック・ウイルソンの「 Invitation 」。ほんと節操ない私。)

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-601.html

2005/08/08 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Micheal Brecker回想(1)。
この前の記事 : プロとしての仕事?

Comment

コメントを投稿する 記事: ファンキー・マンデー。

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Micheal Brecker回想(1)。
この前の記事 : プロとしての仕事?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。