雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

捨てられないアルバム。

   ↑  2005/08/15 (月)  カテゴリー: 未分類

なんで「JAZZ」のカテゴリーで「松田聖子」なんだ。とお叱り受けそうですが、僕の中では「JAZZ」とリンクする「ポップス」が結構あります。ほとんど個人的体験に基づく連想なのですが、南佳孝やオリジナルラブとかもまさに「ジャズの周辺音楽」かな、と感じてしまうんです。
この松田聖子の「 Pineapple 」は1982年のアルバムで、作詞は全曲、はっぴーえんどの松本隆が担当。一方作曲は、財津和夫、松任谷由実、来生たかおと、豪華顔ぶれが並び、そしてなんと原田真二が2曲提供しているんです。既にこの頃から親密な関係だったのでしょうか。バックミュージシャンは、岡沢章(b)、高水健司(b)、松原正樹(g)、吉川忠英(g)、松任谷正隆(key)、斉藤ノブ(per)らがサポートしています。たかが新人アイドルのアルバムに、これほどまでのエリートを集結させるとは、恐るべし松田聖子。

大学時代の軽音楽部の志賀高原合宿では、ハンコックなどの曲を練習する一方でこの「 Pineapple 」を休憩時間によく聴いていたので、僕の中ではどうしても「Jazz」を連想させる「J-POP 」になっているんです。

いずれにしても本作は、松田聖子というアイドル性と日本のエリートミュージシャンの音楽性を高い次元で融合させた「J-POP 」史上、稀にみる完成度をもった傑作だと思うのです。(ちょっと大袈裟。)
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-613.html

2005/08/15 | Comment (6) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 隠れた名盤。
この前の記事 : ボサノバを聴きながら。

Comment


ありがとうございます!!

他の作品にもトラックバックURLがありますので、お聴きになった際には是非、よろしくお願いいたします。

MR&O |  2005/08/17 (水) 22:48 [ 編集 ] No.1148


光栄です。

MR&O さん、こんばんは。
早速、TBさせていただきました。
非常にすばらしい松田聖子のサイトですね。
時々拝見させていただきます。
ありがとうございました。

クリス |  2005/08/17 (水) 22:03 [ 編集 ] No.1149


はじめまして

Music Review and Opinions(松田聖子 音楽レビューサイト)の管理人です。
『Pineapple』に関するエピソードを興味深く拝見させていただきました。
私たちのサイトはブログではないのですがトラックバック受付機能を8月から追加しましたので、お気が向きましたらトラックバックいただけると嬉しいです。
『Pineapple』のトラックバックURLは http://mro.xrea.jp/catalog/tb.php/prod/60/lang/4" target=_blank>http://mro.xrea.jp/catalog/tb.php/prod/60/lang/4 になります。
トラックバックをしていただくと、以下のページにこの記事の概要が掲載されます。
http://mro.xrea.jp/catalog/product_info.php/products_id/60" target=_blank>http://mro.xrea.jp/catalog/product_info.php/products_id/60

MR&O |  2005/08/17 (水) 17:26 [ 編集 ] No.1150


へぇ~

そうなんですか!知らなかった。松田聖子恐るべしですね(^^)v

おさかな |  2005/08/16 (火) 19:11 [ 編集 ] No.1151


Squall

松田聖子の1980年の「Squall」は、今では当たり前になった<曲ごとの参加ミュージシャンのクレジット>を日本で始めて記載したアルバムだったんですって。

クリス |  2005/08/16 (火) 09:54 [ 編集 ] No.1152


松田聖子

このアルバム持ってます。松田聖子のアルバムは毎回ビックリするような豪華なメンバーがバックを固めてましたね。軽音部の友達は凄いな~って、感心していましたよ。

おさかな |  2005/08/16 (火) 00:04 [ 編集 ] No.1153

コメントを投稿する 記事: 捨てられないアルバム。

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 隠れた名盤。
この前の記事 : ボサノバを聴きながら。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。