雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ストックホルムの妖精、Lisa Ekdahl。

   ↑  2005/08/21 (日)  カテゴリー: 未分類

ここ数年は、買うCDをはじめから決めてCD店に行くのではなく、ふらりと入って、CDに張り付いているポップを見ながら今までの経験と感を頼りに10枚くらいまとめ買いをしてくるのですが、家に帰って、買ったCDを見て気が付くのが, 知らないレーベルの多さです。すべて欧州の無名レーベルだったなんてこともザラ。どこの国のCDか分からないものもあります。今まで当ブログでも欧州レーベルの作品を紹介していますが、たとえば、
7月30日のEsbjorn Svensson (p) 『when everyone has gone』Dragon はスウェーデンですし、8月10日のSteve Kuhn 『 Oceans in The Sky 』と8月17日 のMichel Petrucciani 『 Days of Wine and Roses : The Owl Yeas 』 Owlなどはフランス、8月12日のLuigi Martinale Quartet 『 Eyes and Stripes 』DDQはイタリアなど。
杉田宏樹著「ヨーロッパのJAZZレーベル」(2002年)にはECM, Enja, Steeple Chase 以外の56レーベルを紹介していますが、今ではこれに載っていないレーベルも見かけます。もう何がなんだか分からず買っているといった感じです。しかも、アーティストの名前も「読めない」。したがって「覚えられない」といった始末で困ったものです。

今日、紹介するLisa Ekdahl は国内盤も出てますからご存知の方も多いと思いますが、レーベルはスウェーデンのBMG Sweden です。親会社のBMG はアメリカのメジャー音楽会社ですが、各国のBMGレーベルはそれぞれ独自の特色を出してます。BMG France は米国アーティストを起用して、BMG entertainment(USA)で扱いきれない部分を補っているのに対して、BMG sweden は自国の無名アーティストに眼をつけ、独自の企画で勝負しているようです。本作もはじめはBMG swedenで発売されましたが、その後、BMG entertainment(USA)やBMG Japan, BMG China Taipei などからも発売されています。それぞれジャケットが違いますので間違って買わないように注意が必要です。
彼女の声は<ストックホルムの妖精>と形容されるように、少し舌足らずなキュートな歌声で、巷ではブロッサム・デアリーに似ているなどと評価されているようです。僕ははじめて彼女の声を聞いたときには、ケイト・ブッシュを思い出してしまいました。ブロッサム・デアリーとは声質は似ているかもしれませんが、リサの歌はスイングしないというか、ポップス歌手の歌唱スタイルのようです。ただ、このアルバムが上品なジャズ作品に仕上がっているのは、一重にバックの Peter Nordahl Trio の名演に依る所が大きいと思われます。だからこのアルバムはPeter Nordahl Trio 狙いでの買いもありです。僕はPeter Nordahl Trio では「The Look of Love」が好きです。すごく明快なフレーズと、どんなリズムにも対応できる技量を持ったすばらしトリオです。
彼女は22歳で当時の27歳年上のマネージャーと結婚しましたが、2000年に離婚しています。同年にニューヨークのミュージシャン、サルバドーレ・ポーと再婚しているそうです。彼とは2000年に「sings Salvadore Poe」というボサノバ作品を出しています。
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-618.html

2005/08/21 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : またペトルチアーニの話。
この前の記事 : 当て逃げ婆あ。

Comment


Nordahlはね~

「Look of Love」がベストですが,
それ以外はどれも今ひとつ,かもよ。
でも,まあ,どれか一枚買わなければならない(そんなことはないか)としたら,,,「Brand New Silver Dollar」かな。
他よりも元気がいい作品です。

でも,僕的には「Look of Love」一枚でNordahlは十分だとおもうけどね。

criss to Marty |  2008/02/14 (木) 18:12 [ 編集 ] No.1162


Peter Nordahl

クリスさん、こんばんは。
Peter Nordahlの「Look of Love」はいいですね。
ところで、次にこの人の作品を聴くとすると、何がお勧めでしょうか?「Night We Called It A Day」か「Brand New Silver Dollar」かな?と思うんですが、ちょっと迷ってます

Marty |  2008/02/13 (水) 23:41 [ 編集 ] No.1163

コメントを投稿する 記事: ストックホルムの妖精、Lisa Ekdahl。

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : またペトルチアーニの話。
この前の記事 : 当て逃げ婆あ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。