雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

今時のコルトレーン鑑賞法。

   ↑  2005/08/25 (木)  カテゴリー: 未分類

昨日の Red Garland のように、ジャズを聴き始めた頃はよく聴いたのに、最近はめっきり聴かなくなったミュージシャンが多いことに気づきます。John Coltrane も昔はよく聴きました。Impulseの諸作品なんかは半ば義務的に収集したものです。今でもレコード棚の一角を陣取って<でかい顔>をしてます。Impulseのアルバムはダブル・ジャケットなので、かなり幅を取っていて、ほんとに赤と黒の<でかい顔>なんです。いつか処分してやろうとたびたび思いますが、処分するとColtraneの亡霊が出てきて呪われそうなのでなかなか処分できずに、今も聴かれることのない「Crescent」,「A Love Supreme」,「Ascension」らと一緒に生活しているのです
これらの一連のColtraneの作品(特に後期)は、聞き手にかなりの集中力を要求するんですよね。<仕事でへとへとになってやっと帰宅したのに、集中力を要する音楽など聴きたくないわ。>と思い、つい澤野商会のピアノ・トリオに手が出てしまうわけです。
でも、唯一、Coltraneの愛聴盤があるんです。それは「John Coltrane Plays Ballads」と題したバラードだけを集めたコンピレーション・アルバムです。これが実にくつろげる優美な仕上がりなんです。Coltraneのバラード集は他にもたくさん発売されているようですが、本作が優れているのは、Prestige録音からだけでなく、Impulse録音も収められているため、かなり贅沢な内容になっているという点です。
1) Say it From the album [ Ballads]
2) Violets for your furs From the album[Coltrane]
3) I want to talk about you From the album[Soultrane]
4) Soultrane From the album[Mating Call]
5) You leave me breathless From the album[Traneing In]
6) Like someone in love From the album[Lush Life]
7) Time after time From the album[Stardust]
8) Ruby, my dear From the album[Thelonious monk with J.C.]
9) In a sentimental mood From the album[Duke Ellington & J.C.]
10) Why was I born? From the album[Kenny Burrel & J.C.]
11) My one and only love From the album [J.C. & Johnny Hartman]

本作が洒落ているところは4曲目の「soultrane」が作曲者のTadd Dameron のアルバム「Mating Call」から選曲されている点です。制作者に“Good Job !!”
Impulseの「Ballads」より数段いい選曲です。昔はこんなColtraneの聴き方をするなんて考えられなかったです。時代は変るものですね。

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-624.html

2005/08/25 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


意外に若者の方が、

<スピリチュアル系>とか言って、コルトレーンとかエリック・ドルフィーなんかをクラブでかけているんですよね。中古レコード屋に行くと最近はピアスやタトゥーした若物がものすごい速さでファラオ・サンダースやドン・チェリーなんかのコーナーを物色しているのを見かけます。現在、コルトレーンの一番の理解者はクラブのDJだったりするかもしれません。

コルトレーンのアルバムはこれからも大切に保存し、子供が大きくなったら聴かせようと思います。

クリス |  2005/08/26 (金) 22:58 [ 編集 ] No.1178


私が呪います

そうなんですよね、インパルスのアルバムってみょうに目立つんですよね。

でも、これを処分すると、私が呪いますよってか(笑)

たしかに、「さぁ聴くぞ」って構えないとコルトレーンはきついっていうのもわかるんですけどね。
私も車のなかでは「至上の愛」なんて、けして聴かないようにしています。(「アセイション」は論外ですが、ハハハハ)

このアルバム知ってはいるんですが、私は持っていません。あまりにも重複が多すぎて
ブレステッジ時代のコルトレーンは、バラードっぽいのが多いですもんね、私も酒を飲みながら良く聴きます。先日、自宅で飲んでいるとき「ビレッジ・バンガード・アゲイン」をおもわずかけてしまって、酒の量が減ったことがありました。(これって酒量を減らすのには、良い方法かも)

ともかく、コルトレーンのアルバムを粗末にすると、呪いますよ(笑)

バブ |  2005/08/26 (金) 22:35 [ 編集 ] No.1179


見ましたよ。

あずきさんの後ろ姿。
僕より短い。
びっくりです。
しばらく画像見ながら固まりました。

僕はもう「soultrane」以降のコルトレーンは聴けません。年をとったと実感します。理屈ぬきで疲れてしまうんですよ。

クリス |  2005/08/25 (木) 21:28 [ 編集 ] No.1180


実は・・

今夜もお邪魔いたします・・ってなんだか亡霊みたいですが・・

コルトレーン、実は好きなんだかそうじゃないんだかよくわからなくて・・でもね、モンク無しに好きなのは『バラード』と『コルトレーン&J,ハートマン』

このアルバムは知りませんでした。
ふむふむ・・・よさそうですね(^_-)-☆

あずき |  2005/08/25 (木) 21:14 [ 編集 ] No.1181

コメントを投稿する 記事: 今時のコルトレーン鑑賞法。

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。