雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

非常識。

   ↑  2005/08/31 (水)  カテゴリー: 未分類

Carsten Dahl Trio 『 Message From Bud 』1998年、Copenhagen Storyville STCD4232
Carsten Dahl (p), Lennart Ginmman (b), Frands Rifbjerg (dr)


日々外来診療をしていますと、色々な人々に出会うわけですが、
非常識な患者さんも多く、世間では「ドクハラ」などと言われてますが、
実際には患者さんの非常識さに医者が切れた結果が「ドクハラ」と呼ばれる
行為に当たる場合が多いと思われます。
非常識といえば、今日、診察に来られた30歳代の男性は、
ヘッドフォンを耳にあてて僕の声が聞こえる程度の音楽を
聴きながら診察を受けて帰っていきました。
近日中に手術をしなければならない方でしたが、こんな患者さんにも笑顔で接し、
経過が少しでも悪ければ頭を下げ、機嫌を損ねぬよう対応しなければならないのです。
それにしても僕も長く外来診療していると、診察室で頬杖をついて話を聞いたり、
帽子を被ったまま診察を受ける患者さんは時々見かけますが、流石に音楽を聴きながら
診察を受けた患者さんは初めてで、びっくりすると同時に、自分の仕事が情けなくなりました。

今日紹介するアルバムはデンマークのピアニスト、カールステン・ダール。
エド・シグペンの『 That's Entertainment 』で弾いていたのが彼。
本作はタイトルからも察しがつくように、バド・パウエルへのオマージュになっています。地味ですが、DUの山本隆氏も推薦する、正真正銘の名盤です。お勧め。



関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-630.html

2005/08/31 | Comment (6) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : アクセスランキングなんか。
この前の記事 : 猫屋敷に住む女の子。

Comment


Narymusicさん、こんばんは。

僕は「Blue Train」は持ってないんですよ。これってスタンダードを演奏してるアルバムですよね。スタンダード・アルバムだと「Will You Make My Soup Hot & Silver」と「GINMAN BLACHMAN DAHL!」を持っているので、「Blue Train」は買わなくてもいいかなと思って、買いそびれてしまいました。「GINMAN BLACHMAN DAHL!」はライブでかなり激しいパフォーマンスです。叫びというか雄たけびを上げてます。キースの方がずっと上品な声ですね。でも「Will You Make My Soup Hot & Silver」では静かに弾いてます。バド風であったかと思うと、突然、モンクになり、最後にエバンス風に終わったりと、なんともつかみ所の無いピアニストです。でも結構好きで聴く機会の多いピアノです。

それから、「message from bud」も「Blue Train」同様、録音が50年代かと思わせる古い音作りです。

クリス |  2005/09/01 (木) 21:30 [ 編集 ] No.1196


バブさん、こんばんは。

実はその患者さん、生活保護受給者なので本人は一銭も支払ってないんですよ。支払いは僕らの税金ですから。やってられません。(生活保護受給者が全員悪いわけではありませんが)

クリス |  2005/09/01 (木) 21:14 [ 編集 ] No.1197


このCD、持ってなかったです

Carsten Dahlってやっぱりバドが好きだったのかなぁ。
だいぶ前の記事ですが、私の方でもCDを紹介してますのでTBさせてもらいます。

narymusic |  2005/09/01 (木) 06:43 [ 編集 ] No.1198


患者さんもいろいろですね

お医者さんもいろいろですけど
患者さんもいろいろですね
診察時にヘッドホンですか
しかも30代
へー 何考えてるって言うか、30にもなってというか

まぁ、そうして恥をかいているのは、その人ですから陰で笑って上げましょう。仕事は仕事、そんなバカな人でも、お金を払ってくれる大事なお客様ですから。(お医者さんには不謹慎でしょうか?)

バブ |  2005/08/31 (水) 23:39 [ 編集 ] No.1199


今時、

カーテンで仕切られた診察室だと、患者さんからのクレームの嵐ですよ。

ほんと、サービス業であることを最近は実感します。事務長からはいつも「売り上げ」「売り上げ」とうるさく言われるし、一体自分は何の仕事をしているのか分からなくなる時がありますよ。

クリス |  2005/08/31 (水) 23:18 [ 編集 ] No.1200


お疲れさまです

お医者さん、大変だと思います。
私が時々行く病院、診察室はカーテンの仕切りなんで待ってる間前の人とお医者さんの会話丸々聞こえます。

聞かれたことと全然違う話始めちゃうお年寄りなんかよくいますよね。

病院もある種、サービス業みたいですね。
私の仕事も昔は教育産業なんていわれてましたが近頃は完璧にサービス行です

あずき |  2005/08/31 (水) 22:43 [ 編集 ] No.1201

コメントを投稿する 記事: 非常識。

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : アクセスランキングなんか。
この前の記事 : 猫屋敷に住む女の子。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。