雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ビル・エバンス 『We Will Meet Again』

   ↑  2005/09/05 (月)  カテゴリー: 未分類

Bill Evans 『We Will Meet Again』 Warner Bros. 28P2-2475
Tom Harrell(tp), Larry Schneider(ts), Bill Evans(p&el-p),
Marc Johnson(b), Joe LaBarbera(ds), Aug. 6-9, 1979


評論家が辛い点数をつけても、意外に聴いてみると良かったりする事は良くあることだし、むしろ、長年ジャズを聴いていると評論家の言う事など鼻で笑えるようになるものです。本作などは、ビル・エバンスの諸作品の中では駄作扱いされ、見向きもされないのですが、僕にとっては、晩期エバンスの中では『I Will Say Goodbye』『You Must Believe In Spring』『Affinity』らと並んで、愛すべき作品です。
確かに本作でのエバンスは体調が芳しくなく、左手のお得意のリハーモナイズも硬くたどたどしく、右手はメロディーの構成力に乏しく、<エバンスでも不調な時はこんな演奏になってしまうんだ>と、ちょっと寂びしい内容なのですが、その代わりフロントのトム・ハレル(tp)とラリー・シュナイダー(ts)が、まるでエバンスの魂が体を離れ、彼らに乗り移ったかのようなエバンス的フレーズを連発し、アルバム全体としては、紛れも無く<エバンス・ミュージック>を奏でているのです。
なお、本作は1979年の録音で、エバンスの最後の公式アルバムです。同年、拳銃自殺した兄、ハリーへの追悼アルバムとして発表され、1980年のグラミー賞ベスト・ジャズ・インストゥメンタル・パフォーマンス部門をグループとして受賞しています。
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-637.html

2005/09/05 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 山中千尋『 Outside by the Swing 』
この前の記事 : 自分の部屋

Comment


Suzuckさん,こんばんわ。

TBありがとうごさいます。

ユニオンは西堀通りの比較的大通りに近い方にあったのですが。でも大昔のことで正確な場所までは言えません。近くにサンタフェというディスコがあったような。とにかく最近記憶がぼやけて思い出せないことが多すぎて困ってます。老化は確実に進んでいます。

またお暇な時にお立ち寄りください。
それではまた。

クリス |  2005/09/15 (木) 22:59 [ 編集 ] No.1221


トラバさせていただきました。

整理整頓がわるくて、探すの大変でした。(^_^);;

西堀には三ヶ月だけ住んだことありまーす。
A7その時に行ったことありますが、、もう、大昔ですね。
それから、、秋田にしばらく行ってしまったものですから。。

ユニオンは無いですよ。。何処にあったのかしら?
中古はキングコング、ってお店で探してきます。
万代橋の手前?にも中古屋さん、無いとおもいます。

ボッソがご縁でしたか。。。
少しずつ、エントリー読ませていただいてます。
では、今後も宜しくお願いいたします。

Suzuck |  2005/09/15 (木) 11:55 [ 編集 ] No.1222


Suzuckさん,こんばんわ。

こちらこそ勝手にTBしたり,リンク張ったりしてご迷惑ではなかったか心配です。

以前に僕のブログでボッソの記事を書いた際,検索していたらたまたまSuzuckさんのブログに到達したのがきっかけでした。それ以来,時々拝見させていただいております。音楽を文字で表現するのが非常にお上手で感心しております。

時々伺いますので,これからもよろしくお願いいたします。

クリス |  2005/09/13 (火) 23:12 [ 編集 ] No.1223


大変失礼いたしました。

クリスさま。
自分のブログにコメントを書き込んでくださった方が、二重投稿しちゃいまして、
今朝、その投稿を削除するさいに、ふと、、、、
気づきましたぁ。。。m(__)m
トラクバックありがとうございました。

そして、、、ここに、遊びにきて、、びっくり。
リンクしてくださっていたのですね。
すずっく、感激ぃ♪(あ、歳ばれます?)
ありがとうございます。
素敵なジャズがいっぱい流れる、素敵なブログとリンクしていただいてとても嬉しいです。
早速、こちらかもリンクはりますので、今後も宜しくおねがいいたします。

人気のエヴァンス、実は私もこの4枚だいすきです。
『You Must Believe In Spring』が一番良く聴くので、自分も日記でとりあえげていたはずですので、後からトラックバックもさせていただきます。
う~ん、この4枚かっきりあげた人、、、久しぶりに遭遇かもです。

長い間、大変しつれいいたしました。

追伸
新譜、、、最近、、あんまり、書いてないけど、、(^_^)
ええと、、ここ五年くらいのところは、、、新譜!ってことで。



Suzuck |  2005/09/13 (火) 17:42 [ 編集 ] No.1224

コメントを投稿する 記事: ビル・エバンス 『We Will Meet Again』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 山中千尋『 Outside by the Swing 』
この前の記事 : 自分の部屋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。