雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

山中千尋『 Outside by the Swing 』

   ↑  2005/09/06 (火)  カテゴリー: 未分類

山中千尋のVerve移籍第一弾『 Outside by the Swing 』を本日入手し,ただ今聴きながら
原稿を書いています。正式発売は7日ですが,当然,前日には店頭に並びますので,今日のお昼に秋葉原の石丸電気に行って買ってきました。
ショックだったのは,今日の19時から,石丸電気のイベント会場でミニライブとサイン会をCD購入者限定で開かれるということを購入時に知りました。
知らなかった。今日は滅多にしない当直を入れてしまっていたのです。
こんな日に限って,当直だなんて。悔しー。
そんな大事なことどこに掲示してあったの。ね,石丸さん。
でもちゃんと店の入り口の山中千尋のポスターの下の方に書いてありました。
もっとでかい字で書いてくれ。おじさんには見えないよ。

というわけで,泣く泣く今当直室でPCで聴いています。
まだ,7曲目までしか聴いてませんが,すごくいいです。
今までの澤野商会からの3枚に比べるとますスケール感が俄然大きいです。
やっぱり,バックのジェフ・ワッツとロブ・ハーストの刺激が強烈なのでしょう。
これは絶対売れますね。Verveもプロモーションに力を入れてるみたいだし,
本気ですね。

このCDにはレコーディング時のビデオが1曲付いてますので,最近の千尋の姿が見られます。
少し老けたかな。でもやっぱりかわいい。
ジェフ・ワッツはまた太ったみたいだ。見るたび大きくなるお腹,まるで僕と同じ。

それでは,残りを寂しく当直しながら聴きます。

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-638.html

2005/09/06 | Comment (7) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


山中千尋の新作

martyさん,こんばんわ。

いつもいつも新作情報ありがとうございます。
ほんと,情報が早いですね。

DVD付きが嬉しいですね。
グレちゃんとジェフバラなんて,食指伸びちゃいますね。

それにしても早いもので,前作からもうすぐ1年ですね。あっという間の1年でした。

僕のブログも今月で1年になるんですよ。

クリス |  2006/07/12 (水) 22:43 [ 編集 ] No.1225


追記

タイトルは「ラッハ・ドッホ・マール」です。

Marty |  2006/07/12 (水) 00:38 [ 編集 ] No.1226


新作発表

クリスさん、こんばんは。
山中千尋の新作が出ます。
今回は、Larry Grenadier (b) Jeff Ballard (ds)とのトリオ作です。
9/13発売で、DVD付限定盤と通常盤の2種類発売です。

Marty |  2006/07/12 (水) 00:38 [ 編集 ] No.1227


吉法師さん,はじめまして。

メジャー・レーベルだからこそ冒険できなかったという事もあるのでしょうか。僕としては選曲もよく考えられていて,丁寧な創りだなと感じました。

吉法師のブログも拝見させていただきました。音楽の趣味の広さに驚きです。クラシックからストーンズまで聴かれるとは。

またお暇な時にお立ち寄りください。
それではまた。

クリス |  2005/09/08 (木) 23:10 [ 編集 ] No.1228


確かに良かったですが

 こんばんは。はじめまして。吉法師と申します。
私も今日買って2回ほど聴きました。
澤野工房時代と、基本的はあまり変わっていないということでファンとして安堵と、せっかくメジャー・デビューしたんだからもう少しインパクトが欲しかったかな? という気もしています。
 ほんとに軟弱路線だけにはなって欲しくないですね。

吉法師 |  2005/09/08 (木) 00:00 [ 編集 ] No.1229


naryさんこんばんわ。

ボブ・ハーストって,僕はあまり意識して聴いたこと無かったんですが,本作でいい音だしてて,今更ながら気に入りました。ソロでも音数を抑えて,歌心のあるいいソロですわ。最後の「キャンディー」でピアニカのようなメロディカ・ピアノという楽器を弾いてますが,リーモーガンのペットのフレーズをそのままパクッて弾いてて面白いですよ。13曲入ってますが,捨て曲がほとんど無く,いい出来です。

>間違っても軟弱な方向にだけは行ってほしくないと思っております。

ほんとそうですね。千尋が望まなくてもレコード会社の方針でいくらでも軟弱路線に変更になったりするかもしれませんからね。

クリス |  2005/09/07 (水) 21:41 [ 編集 ] No.1230


やっぱりよかったですか

今までのメンバーとは格が違いますからね。
私も早く聴いて見たいですなあ。
山中はメジャーレーベルに移っちゃいましたが、今回のようにハード路線を貫き通してもらいたい。間違っても軟弱な方向にだけは行ってほしくないと思っております。

narymusic |  2005/09/07 (水) 07:06 [ 編集 ] No.1231

コメントを投稿する 記事: 山中千尋『 Outside by the Swing 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。