雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ラーシュ・ヤンソン 『 I am That 』。

   ↑  2005/09/27 (火)  カテゴリー: 未分類

最近はすっかり<北欧ジャズ>というカテゴリーが確立されてしまったようで,次から次へと名前の読み方が分からない新人さんが出てきて,お金が幾らあっても足りません。このラーシュ・ヤンソンも普通に英語読みしたら<ラルス>になるのでしょうか。できたらジャケの名前には発音記号を付けて欲しいですわ。

ラーシュ・ヤンソンはスウェーデンの人ですが,スウェーデンのJAZZ界には以前紹介したエスビィヨン・スヴェンソン,ヤコブ・カールソン,アンダーシュ・パーションなどなど,結構優秀なミュージシャンがいますね。でも一番はやっぱりラーシュ・ヤンソンでしょうか。出してくる作品に裏切りは全くなく,いつも安心して購入できます。たぶんリピーター多いんじゃないでしょうか。

本作は昨年発売された,おそらく今のところ最新作だと思いますが,これも<ラーシュくん,よく出来ました>といいたくなる優等生ぶりを発揮してます。

実は昨日,キース・ジャレットの『 The Melody At Night, With You 』の事を書きましたが,キースを聴いていたら何となくラーシュ・ヤンソンも聴きたくなってしまったのです。キースとラーシュが似ているなんていう表現は使いたくありませんが,このアルバムには何となくキースを想起させる牧歌的な演奏(特に2曲目)が入っていて,連想ゲーム的に本作を引っ張りだして来たというわけです。でもやっぱりこうして聴いているとラーシュ・ヤンソンにしか創り得ない美しいメロディーの世界があるわけです。1番のお気に入りは7曲目の< Time to be alone >です。タイトルもいいでしょ。

よくラーシュ・ヤンソンを聴くと北欧の香りがするなんて表現する人がいますが,具体的にどんな匂いなんでしょうかね。
スウェーデンと聞いて浮かぶイメージは,

1.オーロラ
2.白夜
3.福祉国家
4.家具(イケアとかイノベーターとか)
5.フリーセックス
6.ボルボ

あたりでしょうか。
極寒の地でオーロラの乱舞を見ながら,琥珀色の液体を胃袋に流し込み,こんなジャズでも聴けたら幸せになれるんだろうな~。
ところで,フリーセックスってなんなんだろう。スウェーデンの人は公衆の面前でやっちゃたりしてるんだろうか。そんなはずなしな。不倫が認められているということ?。ポルノが無修正ということかな?。まさかセックスがただで出来るということではいだろうし。よくわかりません。


Lars Jansson 『 I am That 』2004年 IMOGENA SOLIG-0017

Lars Jansson (p)
Lars Danielsson (b)
Anders Kjellberg (dr)
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-662.html

2005/09/27 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


Free sex

すずっくさん,こんばんわ。
僕も忘れていたような箇所に反応してくださって,
何と言っていいのやら。

お忙しいすずっくさんに代わって,私が検索しておきました。

なかなか,これ,とい言った定義がないのですが,
要は,結婚前の性交渉がOK,ということらしいです。そのかわり,結婚してからの不倫発覚は即,離婚だそうです。

な~んだ,日本の方がよっぽどフリー・セックスやないけ~,と思っちゃいましたけどね。

性教育も低学年からきちんとしていて,ポルノ解禁も早いということもフリー・セックスという意味に関連あるようですし,よく分かりません。


今でこそ,<スウェーデン>と聞くと,ヤン・ラングレンやラーシュ・ヤンソンの顔が浮かびますが,昔,子供の頃は,金髪の若い少女の裸を想像してしまうほど,スウェーデン=エロい国,だったように思います。

まあ,これだけははっきりしたことは,決して,タダではできない...ということです。

では,また。

criss to suzuck |  2006/11/19 (日) 02:22 [ 編集 ] No.1301


クリスさん、、

最中サンから、もどって、この記事読み直したんだけど、、
最後の五行?
なんか、めちゃくちゃ、、笑ってしまいました。
好奇心旺盛なので、、今、やばいです!
ホント、、なんなんだろう。。。
どういう意味だったんだろう、、
単に精神的に自由、って事?
形式的な事にこだわらない、、って事かな?
むむ。。。
朝から、検索かけたくなる気持ちを、、
ぐっと、おさえるのであった。。

後ろに流れるエヴァンスさまに申し訳ない、、気分。。

すずっく |  2006/11/17 (金) 09:27 [ 編集 ] No.1302


ゲ。

すずっくさん,すでにこのアルバム紹介されていたのですね。チェック漏れでした。

同じアルバム紹介でもすずっくさんの格調高い的を得た紹介に比べて,僕の文章はなんて下劣な紹介だこと。

ボルボよりサーブですか。
昔の女友達もサーブが好きで,本当に買っちゃった人がいました。
僕の同僚もサーブ買ったと言っていたので,ゴルフに行く時、乗せてもらったのですが,サーブではなく,サーフでした。
サーブもオープンカーなんかかっこよかったなー。でも亀のようにとろかった。
日本じゃボルボもサーブも高価ですが,本国では結構安いらしいですよ。

エターナルナウは知りませんです。
少し調べてみます。

クリス |  2005/09/27 (火) 19:23 [ 編集 ] No.1303


スウェーデンといえば。。

ストックホルムでしょうぉぉ。。m(__)m
べたですいません。m(__)m

私は、ボルボより、サーブが先に思いつきます。

最近、密かな楽しみがヤンソンの初期のアルバムでエターナルナウ、つうヤツかけて秋色を楽しむんです。
味付けが少し薄くて、なんか、秋にあうんだもん。

すずっく |  2005/09/27 (火) 18:27 [ 編集 ] No.1304

コメントを投稿する 記事: ラーシュ・ヤンソン 『 I am That 』。

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。