雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

カーネギーホールのモンクとコルトレーン。

   ↑  2005/10/02 (日)  カテゴリー: 未分類

今日,『 Thelonious Monk & John Coltrane, Live At Carnegie Hall 1957 』を買ってきました。思いのほか録音状態が良くてびっくりしました。なにせあーた,世界最大のアメリカ国営ラジオ局<The Voice of America >がオープン・リールに録音したものですから,そこらのブートレグとはわけが違います。

今,3回目の再生中にこの記事を書いていますが,未発表音源とは思えないほどの充実した内容です。普通は未発表音源といえば,録音が悪く,内容も緊張感のない演奏,ミストーンの多い駄作が相場と決まっていますが,本作は今まで聴いたところ,コルトレーンにはミストーンが全くありません。フレーズにも淀みやもたつきなどもありません。モンクはミスがあるのかないのか判定不能ですが(笑)。

ブレッカーやエリック・アレクサンダーなどの驚異的なテクニシャンに慣れきった耳には,いささか物足りなさも感じますが,そこはさすがに百戦錬磨のコルトレーンのこと,聴けば聴くほど旨みがしみ出る<するめ盤>です。特にコルトレーンの一音一音の説得力,そしてそれらが連なって高速なパッセージを創りあげたときに湧き出す情念のようなものが,ひしひしと伝わってきます。

空間を不規則な記号で分断していくモンクに対して,空間を無数の音で埋めつくすことで音楽を創りあげていくコルトレーン。全く対極的なふたりがぶつかり合う,いわばヘビー級異種格闘戦のようです。

マイケル・カスクーナさん,ブルース・ランドヴァルさん,相変わらずいい仕事してますね。
本作は初期コルトレーンの決定盤になること間違いありません。
(モンクのカルテットなのにコルトレーンの事ばかりですみません。僕はモンクが苦手なもので。)

THELONIOUS MONK QUARTET with JOHN COLTRANE 『 AT CARNEGIE HALL 』
1957年11月29日録音
John Coltrane (ts)
Thelonious Monk (p)
Ahmed Abdul-Malik (b)
Shadow Wilson (ds)

Early Show
1.MONK'S MOOD
2.EVIDENCE
3.CREPUSCULE WITH NELLIE
4.NUTTY
5.EPISTROPHY

Late Show
6.BYE-YA
7.SWEET AND LOVELY
8.BLUE MONK
9.EPISTROPHY (incomplete)

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-676.html

2005/10/02 | Comment (6) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


きょうは調子悪いです。

「こるとれーん&もんく」やっと届きましたか。
結構時間かかりましたね。
その分,お楽しみも倍増かな。

今日は風邪ひいちゃったみたいなので,ブログの記事もあまり筆が進まず,つらいです。

もう・・・寝よう。

クリス |  2005/10/12 (水) 22:40 [ 編集 ] No.1328


来ました、来ました!

ケチったおかげで、ちゃんと、CD盤がとどきました。
と、、これ、凄いです。
明日は家の一年点検で、昼間はあちこち掃除しながら、、、
何度も、堪能しました。
もう、なんか、嬉しくて。。。
パブさんところにも、報告に行ってきま~す。

Suzuck |  2005/10/12 (水) 19:23 [ 編集 ] No.1329


すずっくさん,こんばんわ。

待っている時が楽しいんですよ。
最近,便利になりすぎて,待つという楽しみが
少なくなりましたから。
たまには待て,待って,やっと手に入る喜びを
味わうのもいいんじゃないでしょうか。

それから,narymusicさんのところで紹介されていた
「週末JAZZ]を今,覗いてみました。
今日は明日が早いのでもう寝ますが,ちょっと読んでみたところ,面白そうです。
結構,ずばずば,はっきり言われる方のようですね。
明日の夜にでも再訪問しようと思います。

クリス |  2005/10/04 (火) 22:06 [ 編集 ] No.1330


これ、

普段は結構中古待ち、って、私ですが、買いましたよ。
我慢できなかったもん。
だって、コルトレーン&モンクの未発表がちゃんとした形できけるなんて。。
普通は我慢できないでーーす。
でも、けちったから、遠くからくるんです!!
あぁぁ、、馬鹿だったなぁ。。。早く、聴きたい。(T_T)

Suzuck |  2005/10/04 (火) 08:56 [ 編集 ] No.1331


良かったですよ。

モンクもコルトレーンも死人なのに,録音が良くて,生々しく,不気味なくらいでした。

コルトレーンのソロは完成間近といった感じで,なかなか興味深い演奏でした。

また,ここでのモンクはなかなか良かったです。ずっとモンクは聴いてなかったから,僕の頭の中で<モンクはだめ>と決め付け,変な思い込みがあったのですが,この歳になり,少しモンクの良さが感じられるようになったのかもしれません。

クリス |  2005/10/03 (月) 23:32 [ 編集 ] No.1332


なかなかでしょ?

なかなか良かったでしょ?

そうか、クリスさんはモンクが苦手ですか
私なんかソロのモンクを聴くと、ほほえんでしまう方なんですけど(笑)

ともかく、私としては今年新たに聴いたCDでは、これがナンバー・ワンだと思っています。

バブ |  2005/10/03 (月) 22:45 [ 編集 ] No.1333

コメントを投稿する 記事: カーネギーホールのモンクとコルトレーン。

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。