雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ブラッド・メルドー 『 Day Is Done 』。

   ↑  2005/10/03 (月)  カテゴリー: 未分類



ブラッド・メルドーの新作が発売になったので,一昨日買って来ました。本来ならわくわくするところなんですが,変なこと仕出かしそうでちょっと不安もあるメルドーです。いまだ2002年の『 LARGO 』ショックが尾を引いています。でも今回は自らプロデュースしているし,ロックミュージシャンの参加もないので,そんなに変なことはないだろうと思いながら,CDをトレイに入れてみます。

1曲目< Knives Out >は,『 LARGO 』や前作『 Anything Goes 』でもカバーしていたRadiohead の楽曲です。ほんと好きなアーティストなんですね。メルドーはRadiohead に対して,「彼らの音楽は、とても他人事だとは思えない。なぜなら彼らが表現している閉塞感や虚無感は、僕自身が抱えているものであるから。」と言っています。正直,僕はRadiohead の事は知りません。2曲目はご存知バート・バカラックの名曲<Alfie>です。これは沁みます。なにしろ世の中のポップスの楽曲で僕が最も好きなのがバカラックの<They Long To Be Close To You>なんです。この<Alfie>では原曲にかなり忠実に弾いてます。バカラックのアルバムで『 One Amazing Night 』(下の写真)というアルバムがあるのですが,このライブの最後にバカラックがピアノの弾き語りで<Alfie>を演奏してるんですが,これがメルドーの<Alfie>にイメージが近似しています。ここでのメルドーはテーマだけ弾いて,アドリブはしてません。思い出してバカラックのこのアルバムも聴いてしまいました。

      
話は横道にそれますが,これからの寒い季節にバカラックは似合います。僕が特に聴きたくなるのは,エルビス・コステロとの競演盤です。これはほんといいんですよ。去年の秋には焼酎お湯割りを飲みながら良く聴きました。3曲目はビートルズの< Martha My Dear >ですが,この曲,ホワイト・アルバムに入っていたんですね。忘れてました。結構地味な曲です。もう一曲の<She’s Leaving Home >は馴染みのある『 Sgt. Pepper´s Lonely Hearts Club Band 』からの楽曲です。4曲目にタイトル曲< Day Is Done >はUkのフォーク歌手,ニック・ドレイクの曲のようですが,この人も知りません。そのほかにポール・サイモンの<50 Ways To Leave Your Lovers >なんかもカヴァーしてます。

随所にメルドー独特の奏法,和声が見られ,やっぱりすごいわと思わせるアルバムで,僕としては手元においておきたいメルドー作品です。具体的には4曲目の< Day Is Done >でのソロで,左手でシングルトーンのソロを弾いていたかと思うと,右手のラインがそれにかぶり,いつのまにか右手でソロをとっているといった(3分50秒~),メルドーの十八番,一人インタープレイなんかはぞくぞくします。9曲目の<50 Ways To Leave Your Lovers >で,後半にブレイクし,メルドーのソロ・ピアノになり,イン・テンポでドラム,ベースが入ってくるあたり(6分07秒)もメルドーらしくて“にんまり”です。メルドーのバラード<Alfie>ももちろん美しい。

今回,ドラムが今までのホルヘ・ロッシィからジェフ・バラードに交代してますが,少しアルバム全体が明るく,引き締まった感じがするかなと思いますが,基本的にメルドーの音楽に影響与えるほどの変化はないように思われます。ベースは変わらずグレナディアですが,フレーズは好きなんですが,音色がもこもこしていて,もう少しクリアにならないものかと思います。それとも僕のシステムに問題があるのかな。そうかもしれない。

新作が出たばかりなのに,すでに次作が待ち遠しく感じてしまう,親愛なるメルドーくんでした。
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-677.html

2005/10/03 | Comment (5) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


ふたたび、、

今頃、トラバいたします。
新しくリリースされているアルバムは、中古で探す予定です。(^_^);

すずっく |  2006/07/15 (土) 12:15 [ 編集 ] No.1334


martyさん,お久しぶりです。

そうですか。また出るんですか。
1年も経ってないのに,もう少しゆっくり,じっくり
良いものだけをリリースしてほしいですが。
メンバーは誰なんでしょうかね。

ちょうづ今,Joel Frahm とmehldauのデュオを聴いていたところです。

では,また。

クリス |  2006/04/30 (日) 19:42 [ 編集 ] No.1335


新作

クリスさん、おはようございます。
Brad Mehldauですが、早くも新作が出るようです。
タイトルは「House On Hill」、今のところ日本盤のみだそうですので、完全なオリジナルかどうかは不明です。7/12発売だそうです。

Marty |  2006/04/30 (日) 08:55 [ 編集 ] No.1336


narymusicさん,こんばんわ。

僕のほうからもTBさせていただだきました。

僕もメルドーはいつも聴きたいと思うピアノじゃないんですが,たまに聴くと良いんですよね。
みんな同じように聴こえる最近のピアニストの中にあって,one and only なピアニストではあるな~と思って聴いています。

クリス |  2005/10/04 (火) 22:11 [ 編集 ] No.1337


メルドーの新作

私も同アルバムの記事を書いておりますのでTBしておきました。

けっこう気に入ったので昨日は3回も聴いてしまいましたよ(笑)

narymusic |  2005/10/04 (火) 10:37 [ 編集 ] No.1338

コメントを投稿する 記事: ブラッド・メルドー 『 Day Is Done 』。

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。