雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

チャーリー・ヘイデン 『 The Montreal Tapes 』。

   ↑  2005/10/10 (月)  カテゴリー: 未分類


チャールス・ミンガスの『 Mingus Presents Mingus 』,マックス・ローチの『We Insist 』,チャーリー・ヘイデンの『 Liberation Music Orchestra 』など,政治的メッセージを含んだアルバムが苦手です。ジャズマンは最後まで職人としてのジャズマンであって欲しいな~と思うのです。少しばかり売れたからといって,自分の力を過信しないことです。自分の力で政治を変えようとか,人種差別をなくそうとか過大な夢をみないことです。

人種開放を訴えるのならベースなんか弾いてないで,その巨漢を生かして大声で民衆に叫べばよいのです。ミンガスさん。
旗を掲げてジャケット写真を撮影する暇があったら,プラカードを掲げてデモでもやってください。ヘイデンさん。政治からみで何枚ものレコード出して,だいぶ印税はいったんじゃないですか(最近もまた出してるし)。その印税を貧困に喘ぐ人々に分配しましたか。

そしてもしも,政治や人種差別問題に取り組むなら,少なくともジャズとは切り離して進めるべきです。

ということで,僕はミンガスやマックス・ローチのアルバムはとっくの昔に処分してしまいました。でも,チャーリー・ヘイデンだけは1枚もっているんです。もちろんLiberation Music Orchestra のものではありませんが。その1枚とは1989年のモントリオール・ジャズ・フェスティバルでのゴンサロ・ルバルカバ,ポール・モチアンとのトリオ『 The Montreal Tapes 』です。これは,良かったです。いつも冷静なヘイデンの前で,熱く高揚し,ソロの後半で絶頂を迎えるいつものルバルカバとは一味も二味も違って,ラテンの血が冷やされて,良い感じに抑制の効いた音楽を奏でています。それに対してヘイデンのベースは相変わらす伸びたゴムひものような<ボヨーン,ボヨーン>といった音色で,ちょっと気になります。指が弦を引っ掻くアッタク感や,震える弦が指板にぶつかるびりびり音,指が指板をすべる音など,彼には一切ありません。どうも彼はスチール弦ではなくナイロン弦かガット弦を張っているという話です(今はどうか分かりませんが)。右手も普通は人差指と中指のツー・フィンガーで弾きますが,彼はどんな場合でも人差指一本で弾き通します。とっても変なベーシストなのですね。<ヘイデンはベーシスト以上の存在だ。>などと持ち上げる評論家がいますが,理解に苦しみます。

一番嫌な音は,4弦開放のEを出した時の<ブヨ~ン>というあの音には虫唾が走ります。でも,そこさえ我慢すればこのアルバムは非常によい出来のアルバムだと思います。

89年のモントリオール・ジャズ・フェスティバルでは8日間にわたり,ヘイデンと様々なミュージシャンがコラボしていて,それぞれアルバムが発売されています。

1) Charlie Haden with Egberto Gigmonti
2) Charlie Haden with Liberation Music Orchestra
3) Charlie Haden with Gonzalo Rubalcaba ( 本作 )
4) Charlie Haden with Geri Allen
5) Charlie Haden with Paul Brey
6) Charlie Haden with Don Cherry, Ed Blackwell
7) Charlie Haden with Joe Henderson, Al Foster
8) Charlie Haden with Pat Metheny, Jack DeJohnet ( 未発売と思います。)




関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-686.html

2005/10/10 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


ヘイデンの新作,

意外に聴きやすいかなとも思ったりしますが,
手にとってみるものの,なかなかレジまでは持っていけません。
中古で安いのみつけた時は買おうと思いますが。

昔のLMO関連の作品に比べたら,政治的な匂いは薄らいだんでしょうね。

クリス |  2005/10/11 (火) 08:17 [ 編集 ] No.1362


う~ん、ほとんど同感ですな

なんか言いたいことを全部クリスさんが代弁してくれた感じがします。(いつもですが)

とりあえずヘイデンの最新盤をTBさせてもらいますね。

nary |  2005/10/10 (月) 19:47 [ 編集 ] No.1363

コメントを投稿する 記事: チャーリー・ヘイデン 『 The Montreal Tapes 』。

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。