雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

リー・モーガン 『 ライトハウス』の謎(1)。

   ↑  2005/10/11 (火)  カテゴリー: 未分類

  


ご存知リー・モーガンの1970年7月のLighthouse でのライブです。当初,Blue Note から2枚組LP『 Live At The Lighthouse 』( BLP-9906 )として発売になりました。ライブは7月10日(金)から12日(日)までの3日間にわたり行われ,合計33曲(もちろん同曲を複数回演奏していますが)演奏し,LPにはその中から4曲だけ記録されています。したがって29曲はOuttake となったわけです。1972年,リー・モーガンが凶弾に倒れた後,<Phoenix>,<Piccadilly>,<Trip>などのレーベルからブートレグ(と言ってよいLP)が数枚が世に出回りました。L. モーガン・ファンは当然,70年7月, Lighthouse でのライブ音源だと信じていました。

    
    Bootlegの1枚『 Speedball 』( Trip )

時は流れ1991年,フレッシュサウンドからこれらのブートを2枚のCDにまとめた『 Live At The Lighthouse ‘70 』( FSR-CD 140/1 140/2 )が発売になしました(写真最上右)。フレッシュサウンド側はこれらの演奏は70年7月のLighthouseでの演奏であると公式に発表しました。当時のブルー・ノートのプロデューサー,ボブ・ベルデンは,そのことが真実であるかどうかを確かめるために,ブルー・ノートのマスター・テープを掘り起こし,Lighthouseでの3日間の演奏を確認したところ,フレッシュサウンドから発売になった音源は別物であることが判明したのでした。では,フレッシュサウンドの音源はいったい何。

リー・モーガンのバンドは70年に西海岸ツアーを行っていましたが,ロサンゼルスのLighthouseでのライブを行う前に2週間程,サンフランシスコの Both/And で演奏していたのでした。実はその際,地元のラジオ局が放送用に2セット分の録音をしていたのです。その音源が流出しブートレグが作られたというわけです。 よって,フレッシュサウンドの2枚組CDは,本当は『 Live At The Both/And 』となるのです。僕の知る限り,このことに対するフレッシュサウンド側のコメントは知りません。どなたかご存じないですか。このフレッシュサウンドのCDは現在,廃盤ですのでそのうち『 Live At The Both/And 』として再発される    かもよ。 

          
           『 Live At The Both/And '70 』なんてね


それにしてもBoth/Andの観客の煽り,叫び声が凄い。
内容については,また明日。


                      ~つづく~

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-689.html

2005/10/11 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


それは明日に,

67camperさん,こんばんわ。
おっしゃるとおり,3枚組CDにはサイドワインダーが入ってます。LPにはないですよね。
LPとCDだと,かなり雰囲気ちがいますよ。
4曲と13曲の差は大きいです。
サイドワインダーは非常にカッコイイです。
メイバーンのバッキングが凄いですよ。
詳しくは明日か,明後日に書こうと思ってます。

CD3枚組は絶対お奨めです。4000円くらいで買えます。
それではまた。

クリス |  2005/10/11 (火) 23:18 [ 編集 ] No.1371


lighthouseのMORGAN

LighhouseのCDが3枚組で出たのは結構最近ですよね。サイドワインダーが入ってる奴じゃないですかねぇ???。(間違っていたらごめんなさい。)残念ながらLP偏重主義が災いして聴いてません。

サイドワインダー自体、悪い評価もよく聴きますが、自分はジャズロックは全然OKで、BN4200以降のMORGANも好んで聴いてます。オリジナルのサイドワインダーもハリス、ジョーヘンが活躍し大好きな演奏ですが、ライブではどうなのでしょう???
ぜひご意見を聞きたいものです。

67camper |  2005/10/11 (火) 21:16 [ 編集 ] No.1372

コメントを投稿する 記事: リー・モーガン 『 ライトハウス』の謎(1)。

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。