雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

アート・ペッパー 『 Playboys 』 『 Surf Ride 』。

   ↑  2005/10/16 (日)  カテゴリー: 未分類



穏やか日曜日になると,決まってウエストコースト・ジャズが聴きたくなるんですよね~。先日もジャック・シェルドンとレニー・ニーハウスの記事を書いたばかりですが,今日は,棚からチェット・ベイカーとアート・ペッパーのコ・リーダー・アルバム,『 Playboys 』とアート・ペッパーの『 Surf Ride 』なんかを取り出して参りまして,エスプレッソを入れながら聴いております。

『 Playboys 』は内容よりもそのプレイボーイ誌を真似た,何故か上半身だけ裸の女性が,また何故かパペットを持って,胸を隠しているジャケットで有名です。<ジャズ>と<裸の女性>という世の中で最も好きな2つが揃えば買わずにいられないと,パブロフの犬状態で昔ゲットして,今まで大切に愛聴してきました。アート・ペッパーの絶頂期は56年から57年だと信じていますが,本作もシャバに出てきたばかりとは思えないペッパーの流暢なフレーズにうっとりですわ。どんなに若手の上手いアルトマンが出てきても,ペッパーの音色は<One and Only>ですね。

ところで,意外にアート・ペッパーとチェット・ベイカーの競演は少ないですよね。そういう意味でも本作は貴重な録音なわけです。フロントはペッパーとベイカーの他にフィル・アーソ(ts)が加わっています。A-2の<マイナー・ユアーズ>のテーマで,チェット・ベイカーの主旋律の後ろでアート・ペッパーとフィル・アーソがObbligatoをつけるあたり,もうこれ以上のWCJは無いと思うほど心地よいスウィング感です。再発LPではフロント3人のレコーディングのポートレイトで,それはそれで趣味の良いジャケットで甲乙付けがたいものがあります。更に,本作より3ヶ月前の56年7月に録音された『 CHET BAKER-ART PEPPER 』も同じ<おっぱい娘>ジャケで発売になるなど,ちょっとややこしいですね。

『 Surf Ride 』はアート・ペッパーの52年か53年にかけての演奏を集めたアルバムで,A面はピアノにハンプトン・ホーズやラス・フリーマンを加えたカルテットで,B面はジャック・モンテローズ(ts)との2管フロントで,ピアノはクロード・ウイリアムソンのクインテット編成です。アップ・テンポの曲が多く,よくもまあこんなに高速に歌うフレーズが淀みなく吹けるのね,と感心してしまうペッパーのアルトです。『 Playboys 』がカール・パーキンス(p),カーティス・カウンス(b),ローレンス・マラブル(ds)という黒人さん達だったためか,ややハード・バップ調の演奏が多かったのですが,『 Surf Ride 』はまさにWCJの王道といったアレンジ重視の作風です。

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-695.html

2005/10/16 | Comment (5) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


ぼけてました

すみません。
日中、遊びすぎて半分寝ぼけて書いてました。
そんなジャケちがいはありません。
勝手に作っちゃだめっすよね。
クリスさんが言う通りで自分が書いたのは間違いです。
申し訳ない。
今後気をつけます。反省。

67camper |  2005/10/17 (月) 05:45 [ 編集 ] No.1394


67camperさん,こんばんわ。

「playboys」のジャケ違いって,僕が持っているのは,次のブログ記事で載せた「picture of heart」だと思っているのですが,「heart of heath」というジャケ違いもあるのですか。

クリス |  2005/10/17 (月) 00:00 [ 編集 ] No.1395


バブさん,こんばんわ。

確かに,復帰後の後期はモード志向になって,WCJではないと思いますが,50年代の,特に2管,3管でのアンサンブルを聴くと,WCJそのものに感じますが。強いて言えば,アート・ペッパーはwestもeastも超越した存在だったようにも思います。
ちなみに僕は50年代のペッパーの方が好きです。

クリス |  2005/10/16 (日) 23:53 [ 編集 ] No.1396


ジャケ違い

プレイボーイズ。人気の高いアルバムですよね。

このジャケ違いがHeart of Heath\"であることはウエストコーストジャズファンならご存知かと思います。

VERVE, prestige, riversideもこういったジャケ違いが存在し、本当にcollector泣かせですよね。

アメリカからの荷物には、ジャケは合ってても中のビニルが全く別なんてのもありました。まあこれは番外というか論外ですが。

67camper |  2005/10/16 (日) 23:06 [ 編集 ] No.1397


いいですねぇ

私的には「Playboys」を押させていただきます。アート・ペッパーというとウエスト・コースト・ジャズというイメージを私は持っていないのですが、いかがなものでしょうか?

バブ |  2005/10/16 (日) 20:43 [ 編集 ] No.1398

コメントを投稿する 記事: アート・ペッパー 『 Playboys 』 『 Surf Ride 』。

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback


この記事にトラックバックする

-

管理人の承認後に表示されます

 2016/12/05
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。