雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ヤコブ・クリストファーセン 『 Facing The Sun 』。

   ↑  2005/10/19 (水)  カテゴリー: 未分類

先日,御茶ノ水のDUに行った際,店内でかかっていたのがこれ。とっても気持ちよい欧州ジャズだな~と思い,レジにディスプレイされてある本作のジャケを,会計の時ちらっと見て退散。後日,あらためて行った際購入してきました。なかなか店内でかかっているアルバムをその場で買うには勇気が要ります。

で,このヤコブ・クリストファーセン(Jacob Christoffersen)という人は,サイドメンとしての経歴は長いようですが,本作が初リーダー・アルバムらしいです。ベースのイエスバー・ボディルセン(Jesper Bodilsen)はステファノ・ボラーニと競演している上手い奴。結構好きです。レーベルはデンマークのSTUNTだったので大きくははずれないだろうと期待しての購入でした。

ちなみにSTUNTから作品を出してるジャズ・アーティストには,ラーシュ・ミラー,アレックス・リールなどがいますね。アレックス・リールの最近出した『 Celebration 』はケニー・ワーナー(p),イエスパー・ルンゴー(b)とのトリオで出来良かったし,数年前には,エド・シグペンがカールステン・ダールを向かえて作った『 It’s Entertainment 』やマッド・ビンディングがピエラヌンツィ,アレックス・リールと競演した『 The Kingdom 』など,STUNTには既に永久保存の名盤がたくさんあります。同じデンマークのSteepleChaseとは違って,かなりドメスティック・レーベルの色調が強い会社です。

まず,期待を膨らませて1曲目タイトル曲を聴くと,う~ん,名盤の予感。<レ,ラ,ミ~,レ,ラ,ミ~>の浮遊感のあるベース・リフに乗せて,まさに現代リリシズムの典型的ソロで始まります。いい感じで2曲目コール・ポーターの『 Everything I Love 』につなぎ,ここでも冴えわたるソロを聴かせてくれるクリストファーセン。ボディルセンのソロも披露。でもテーマの後のすぐベースソロのパターンは僕は嫌いです。そして,3曲目。ここに地雷です。ガク。キメの多いテーマで,ソロは低音域中心のモーダルでアウターなスケールを使用した緊張感を強いられる曲です。それまでの2曲の雰囲気をここで一揆に台無しにしてしまいました。結局3曲目,7曲目に変な曲を持ってきて,最後10曲目は変拍子の曲で終わるという,あまり良い構成とは言えない出来でした。でも4曲目の<Remembering>などは,すばらしい歌心を持った美メロ曲で,聴き惚れました。それだけに途中の変な曲には我慢が出来ません。早速,それらを除いたCD-Rを作って今,聴いています。お~。これなら聴きやすい。


関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-700.html

2005/10/19 | Comment (12) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


すずっくさん,こんばんわ。

>なんで、、とらばされてないんでしょう。。。
本当だ。TBされてませんでしたね。(昼に見たときは)

今,見たらちゃんとTBされてますね。再度TBしてくださったのですかね。ありがとうございました。

クリス |  2006/01/20 (金) 23:46 [ 編集 ] No.1401


あれれ。。。???

>何書いたか忘れた頃にトラバしていただき
ほんと、そのとおりなんですが、、、
なんで、、とらばされてないんでしょう。。。
歳が判明して、とらば消した????
もし、良かったら、もう一度トラックバックしてみますが、、


感じ方、いろいろありますよね。
お二人に関しては、状況や趣味などもだいぶつかめてきてますので、どちらの言ってることも、それぞれの事を考えるととても納得できます。
コメントが立て続けでもうしわけありません。
クリスさん、みなさん、ごめんなさい。M(__)M

すずっく |  2006/01/20 (金) 10:26 [ 編集 ] No.1402


あら,ま。

この記事書いたの10月19日で,ちょうど3ヶ月前ですね。
何書いたか忘れた頃にトラバしていただき,もう一度自分の記事を読み直すことが出来ました。

そうそう,僕はこのCDを取り出すのストレスだったので,CD-Rに焼いたのですが,どうせなら嫌いな曲をオミットしてしまおうと,3,7曲目を除いて焼いたのを覚えいてます。そのCD-Rは今,内視鏡検査室のBGMで活躍中です。

3曲目,7曲目あたりに対する感じ方が,すずっくさん,ナリーさん,僕と結構違うのが面白いですね。

早速,僕のほうからもTBさせてください。
では,また。

クリス |  2006/01/19 (木) 22:34 [ 編集 ] No.1403


ありゃりゃ

こちらでは、三ヶ月前ですか!
とらばいたしました。
のろまでごめんなさい!
って、感じです。

すずっく |  2006/01/19 (木) 11:19 [ 編集 ] No.1404


ありがとうございます。

こちらからもTBさせていただきました。
よろしくお願いいたします。

クリス |  2005/11/03 (木) 20:22 [ 編集 ] No.1405


TBさせてもらいます

よろしくお願いしま~す。

nary |  2005/11/03 (木) 11:09 [ 編集 ] No.1406


全曲ですか(^^ゞ

楽しみにしてますが,ちょっと複雑な心境です。
でも好みはみんな違いますからね。
ま,いいか。

クリス |  2005/10/29 (土) 23:17 [ 編集 ] No.1407


全曲良かったです(^^)

のち程記事をUPします。

nary |  2005/10/29 (土) 17:15 [ 編集 ] No.1408


ドラム小僧さん,こんにちは。

体調悪くて,PC起動することも出来ず,寝込んでいました。レスが遅れて済みませんでした。

7階にはエレベーターなんですね。階段あったように見えたけど。

SACDが何百枚も用意されているとは知りませんでした。今週,勇気を出して,暇見つけて7階に行ってきます。

クリス |  2005/10/23 (日) 16:52 [ 編集 ] No.1409


階段では行けません

エレベーター直行です。そんなに入りにくいですかね。一度も躊躇したことがありません。よく皆さんがご紹介しているのをここでチェックします。いい時間つぶしができます(笑)。

ドラム小僧 |  2005/10/19 (水) 22:12 [ 編集 ] No.1410


なかなか7階には,

行きにくいんですよね。1度入ってしまえば,なんてことないんでしょうけど。

いつも6階の輸入盤フロアーだけ見て帰ってきます。
なんか最近Blue Noteの展示会やってましたよね。

こんど勇気を出して階段上ってみますね。

でも1番行きたくない理由は,SACD聴いちゃうとプレーヤーが欲しくなっちゃうので,聴かないようにしているんですけどね。

クリス |  2005/10/19 (水) 22:06 [ 編集 ] No.1411


石丸電気

石丸電気SOFT3の7階リスニングルームでこのCDを丸々1枚聴きこむことができました。金欠病なので月末買いにします。数百枚も試聴できSACDルームもあります。何とマッサージ機もあるという気の利きようです。
http://www.ishimaru.co.jp/store/1100/" target=_blank>http://www.ishimaru.co.jp/store/1100/

ドラム小僧 |  2005/10/19 (水) 20:15 [ 編集 ] No.1412

コメントを投稿する 記事: ヤコブ・クリストファーセン 『 Facing The Sun 』。

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。