雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

山中千尋 ニューヨーク・トリオ(?)。

   ↑  2005/10/23 (日)  カテゴリー: 未分類

昨日は品川プリンスホテル,ステラホールでの山中千尋のコンサートに行ってきました。金曜日からの風邪で微熱があり,最悪のコンデションでの観演でした。会場に着くなり「本日出演予定でしたジェフ・ワッツは,都合により出演できなくなりました。」の張り紙。
「なんだと~。詐欺じゃ,詐欺。」と思わず声を荒げてしまいました。踏んだり蹴ったりの最悪のコンサートになってしまいました。千尋のMCで分かったのですが,ジェフ・ワッツの身内に不幸があったとの事。おそらく観客の1/3はジェフ・ワッツの火の出るよなドラミングを観たくで集まったんだぞ。そんな簡単に言われてもな~。

まあ,しゃあないので,あとはどんなドラマーを代わりに連れてきたのかに注目しようと期待していたら,ステージに現れたドラマーは知らない顔。「誰じゃ,こいつ。」と,がっかり。千尋の紹介ではダミオン・リードという奴らしい。知らんそんな奴。体調も悪かったのでちょっと怒りモードでした。11月にはVillage Vanguardでロバート・グラスパー・トリオで出演する予定だと言っていたので,もしやロバート・グラスパーのアルバムにも参加しているのかなと,帰宅早々CD棚を探してみたら,ちゃんとロバート・グラスパーのフレッシュ・サウンド・ニュー・タレント盤,ブルー・ノート盤で叩いてました。あまり印象に残らなかったので,忘れてました。ジェフ・ワッツと比べるのも可愛そうだが,やっぱり物足りない。手足の動きは超高速で上手いけど,平面的でうねりが感じられない。スネアでのアクセントの付け方などカッコイイと思う箇所もあるが,器は小さめで,小さくまとまっている印象です。『 Outside by the Swing 』の中の<All The Things You Are >は,アルバムではジェフ・ワッツのソロがフィーチャーされた曲でしたが,コンサートでもダミオン・リードのソロがフィーチャーされていて,否応なしに二人を比較してしまいますが,やっぱりジェフ・ワッツのソロの方が立体的で,まるで万華鏡を覗いているようなカラフルな太鼓さばき,大きなうねりが心地良く,その差は歴然です。途中で指を怪我して千尋にバンドエイドもらっているし。

ロバート・ハーストは流石に余裕で凄いソロを弾きまくり,NY1番の売れっ子ベーシストの貫禄を見せ付けていました。僕は持ってないので知りませんでしたが,ロバート・ハーストの最新盤『 Unrehurst 』にロバート・グラスパーもダミオン・リードも参加しているんですね。そのつながりでダミオン・リードに代役が回ってきたのでしょう。残念だったのは,PAの腕が悪いのか,ステラホールの音響に問題があるのか分かりませんが,ロバート・ハーストの音がこもって,音程が不明瞭になり,その上手さが伝わり難かったようです。

千尋のピアノはそれなりというか,期待以上のことはありませんでした。曲目は,『Outside by the Swing』 から<Outside by the Swing>,<I Will Wait>,<Teared Diary>,<Yagibushi>,,<Cleopatra’s Dream>,< All The Things You Are>,<Candy>,<Impulsive>などで,『When October Goes』 から<Ballad For Their Footsteps/Three Views of Secret>,<In A Mellow Tone>。『 Madrigal 』 から,<School days>,<Take Five>などを演奏してくれました。千尋いわく,「Cleopatra’s Dreamは好きじゃないのよね~。」。日本人にも売れるように無理やり演奏させられたのでしょう。意外におしゃべり好きで,仕草も可愛らしく,MCが上手でした。

コンサート終了後,サイン会があるというのでロビーで待っていたのですが,CD(しかも『Outside by the Swing』だけしか置いてない)を会場で購入した人だけという制限で,他の人はロビーから追い出されてしまいました。顔くらい見せてくれてもいいでしょうー,とぶつぶつ言いながらしかたなく会場を後にしました。完全に容姿も商品として考えているようで,写真撮影は演奏中はもちろん,ロビーでのサイン会でも一切禁止でした。このようなVerveの売り出し方に憤慨,傷心しながら,「もう千尋はお仕舞いにしよう。」と失恋親父は家路についたのでした。

Robert Glasper 『 Canvas 』2005 Blue Note 7243 4 77131 2 5
Robert Glasper (p)
Vicente Archer (b)
Damion Reid (ds)
ハンコック~マルグリュー・ミラーの流れを汲む新伝承系ピアニスト。ブラッド・メルドーの次はグラスパーだとか言われているが,どうなることか。

P.S. 先週木曜日にヒレ酒を飲みすぎて,二日酔いのまま金曜日出勤し,昼休みに昼寝したら風邪を引き,今だ体調がすぐれない。苦しい~。

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-702.html

2005/10/23 | Comment (7) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


ロバート・グラスパー買いました

TBさせていただきます。

nary |  2005/11/22 (火) 06:19 [ 編集 ] No.1417


ナリーさん,おはようございます。

同じ手数でも,適切な時に適切な音が鳴ってないとうるさいだけですよね。ワッツの代役ということでプレッシャーあったのですかね。ちょっと,気の毒です。

千尋も,Verveという巨大産業に潰されないよう,頑張らないときけませんね。澤野でずーと地道な活動していた方が,長い目で見た場合,多くのファンがついたと思うのですが。所詮,ジャズファンの数などたかが知れているのですから。

ナリーさんのおっしゃる通り,千尋のリズム感は悪かったです。コンサートを観て,どうしようもない千尋の限界を見てしまったように感じました。

上原に勝てる所は,容姿以外にありませんね。

クリス |  2005/10/24 (月) 09:31 [ 編集 ] No.1418


お気の毒です

ジェフ・ワッツが来なかったなんて最悪っすね。
まあ山中のせいではないにしても、せっかく期待していたのに見れなかったのはお気の毒としか言いようがないです。
代役のDamion Reidはワッツを意識して手数が多くなってしまったんでしょうかね。
ちゃんとツボを心得ていないとただうるさいだけになっちゃうんですよねぇ。

それにしても山中はせめてものお詫びにともう少しサービス精神があってもいいんじゃないかと思うんですが、なんか天狗になってるような気がするなぁ。
ホントのファンはすでにCDを買ってるってね。
サイン会がありそうなときは自宅から持っていくしかないですね。

nary |  2005/10/24 (月) 07:43 [ 編集 ] No.1419


同感です。

sweetjamさん,はじめまして。

リード君の手数の多さは僕もかなり気になりました。バラードでも3連でスネアを叩きまくり,落ち着いてバラードの演奏に集中できませんでした。

アンコールのcandyでブラシュを持った時には正直ほっとしたというか,初めからそうやってよと心の中でつぶやきましたね。

ロバート・グラスパーのアルバムの中では結構控えめなんですけどね。

クリス |  2005/10/23 (日) 21:17 [ 編集 ] No.1420


Unknown

昨日のコンサート、いろいろ調べてみると、息が合ったとか
書かれているけど、とうていそんな風には思えなかったな。
ドラムの「てかず」多過ぎ。短いスペースに無理矢理詰め込もうと
しすぎます。
そんなドラムのために、山中もちょっとアグレッシブ過ぎる
ような演奏でした。
ラストの「Candy」の時のように、すばらしいブラッシュワーク
が出来るんだから・・・リード君。
ま。ドラムの人選を間違えたな。

千尋さんは、Candyのプレイがすばらしかったので
そうお仕舞にするなどと言わずに・・・
メンツがよければ日本人としては、
かなりな演奏をしてくれると思いますよ。

容姿がお好みなのかしらん?

sweetjam |  2005/10/23 (日) 20:34 [ 編集 ] No.1421


間違いました。

SACDが数百枚ってことはないですよね。
すみませんでした。

最近欧州ジャズばかり聴いていたので,たまにグラスパーのような知的ニューヨーク・ジャズマンを聴くと新鮮で,楽しいです。僕の頭の中はニューヨークとヨーロッパを行ったりきたりなんです。

クリス |  2005/10/23 (日) 19:40 [ 編集 ] No.1422


これも試聴しました

体の方お気をつけ下さい。千尋のコンサート割とうちの近くであったんですね。でもがっかりですよね、この内容では。

グラスパーの新作はタワーで試聴し月末買い候補に挙がっていました。技巧派でもあるけどとてもクレバーな曲作りをするように思いました。もうお買いになったのですね。

あと石丸電気はSACDがではなくCDが数百枚あります。

ドラム小僧 |  2005/10/23 (日) 18:14 [ 編集 ] No.1423

コメントを投稿する 記事: 山中千尋 ニューヨーク・トリオ(?)。

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。