雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ナタリー・ロリエ 『 Silent Spring 』。

   ↑  2005/10/24 (月)  カテゴリー: 未分類

            

ベルギーの才媛ナタリー・ロリエの1999年,Pygmalionから発表したアルバム『 Silent Spring 』です。1990年にベルギー最大のドメスティック・レーベルIglooにファースト・アルバム『 Nympheas 』を発表以来,3枚のIgloo盤を残してきましたが,本作は初めてフランスのPygmalionから発表しています。

前出のサラ・ジェーン・シオンがいかにも女性的なタッチで,エバンス系の叙情的美旋律を奏でる才媛だとしたら,その対極にある男性的なハード・ドライビングなモード系ジャズで聴き手を魅了する才媛がナタリー・ロリエです。1曲目のイントロから強烈に疾走し,最後までドキドキ,ワクワクのオリジナル曲が並びます。あまり女性の演奏だと先入観を持たない方がよいですね。もうジェンダーレスなジャズだと思います。本作は全曲彼女のオリジナルで固めた自信作で,かなりコンポーザーとしての素質も備わっていることが伺えます。特に2曲目のタイトル曲<Silent Spring>では,エバンスやリッチー・バイラクーク的音遣いを織り交ぜながら,ヨーロッパ調の静謐な空間を表出していて,素晴らしい出来だと思います。

欧州では最近はかなり人気が出てきているようですが,まだまだ日本では知名度が低いのが残念です。これからの活躍に期待したいと思います。

P.S. 初めにこのジャケットを見た時,ロニー・ロスネスの新譜かと勘違いしました。けっこう似てませんか。

            
                   Renee Rosnes

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-704.html

2005/10/24 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


ゲ!!

「アラウンドアバウトローマ」お好きですか。
失礼しました。
私の修行が足りませんでした。
明日,正座して聴きなおします。

ナタリーの中ジャケのすっぴんの写真にはびっくりしました。10歳ぐらい老けて見えるんですけど。
もののみごとに化けてますね。
でもすっぴんも悪くはないけど。

クリス |  2005/10/29 (土) 23:06 [ 編集 ] No.1425


目張り。。

女性からみると、、、
目張りが強調されてる化粧顔って、好きになれないんですよね。
なんつうか、動物的本能丸出し、、って感じで。
素顔のナタリー、、、写真みたけど、なかなか、いい感じですよ。

もう一つ。。
私。。
好きなの。

アラウンドアバウトローマ。。。。

Suzuck |  2005/10/29 (土) 12:50 [ 編集 ] No.1426

コメントを投稿する 記事: ナタリー・ロリエ 『 Silent Spring 』。

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。