雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ボブ・バーグ 『 Enter The Spirit 』。

   ↑  2005/10/28 (金)  カテゴリー: 未分類
           

昨日,マイケル・ブレッカーに似ているラーシュ・メラーの話をしたついでに,今日はやはりブレーカー似のボブ・バーグの話をしてみます。ご存知のように彼は既に2002年12月に交通事故で死亡しています。飲酒運転かスピードの出しすぎかと思ってましたが,実は雪道をスリップしたコンクリートミキサー車に激突されての事故でした。本当にお気の毒です。

よくブレッカーの物まねさんのように扱われがちですが,インタビューでブレッカーが話してましたが,20代の頃はよく二人でジャズについて語り,練習していたそうです。あの独特のスタイルはバーグがブレッカーを真似たのではなく,二人で生み出した共通言語だったのですね。ブレッカーがいつも冷静で,一歩引いた位置でジャズを演奏するのに対し,バーグはいつも熱く語り,ソロではだんだん自ら高揚していく様が実に微笑ましく,人間味を感じてしまい共感します。キレないブレッカー,キレるバーグ。二人とも大好きです。

面白いことにブレッカーの初レコーディングはホレス・シルバーの『 In Pursuit Of The 27th Man 』(Blue Note 1972年)で,バーグの初レコーディングもホレス・シルバーの『 Silver’N Brass 』(Blue Note 1975年)でした。この2作品とも僕の愛聴盤です。70年代のBlue Noteのホレス・シルバーなんか相手にされませんが,なかなかどうして,実にカッコイイですよぉ~(下の写真) 。

 


バーグの最終録音ななんでしょうか。正確にはわかりませんが,アントニオ・ファラオの『 Far out 』になるのでしょうか。実はマイ・ブログの初日に「Blogはじめました。」というタイトルでお話したアルバムです。今読むとちょっと恥ずかしいですが。ここでのバーグは控えめの演奏ですね。あくまで主役はファラオといった感じ。でもこのアルバム大好きです。


最後にバーグの愛聴盤を挙げておきます。バーグ・スターン・バンドも良いのですが,もうちょっとメイン・ストリーム系のジャズを演奏しているものが僕は好みで,87年の『 Short Stories (DENON) 93年の『 Enter The Spirit 』(Stretch),97年の『 Another Standards 』(Stretch)あたりをよく聴きます。特に『 Enter The Spirit 』がお気に入りで,3曲目のチック・コリアの<Promise>でのソロは圧巻です。240秒あたりからの泣きフレーズはたまりません。これぞバーグの真骨頂。まさに演歌の世界。心に沁みる名演ですわ。

昨日お話したキャスパー・ビヨームの『
OUTRUN 』の最後にガーシュウィンの<I Love You Porgy>が,ビヨームとメラーのデュオで収められているのですが,偶然にもバーグの『 Enter The Spirit  』でもチック・コリアとのデュオで<I Love You Porgy>が入ってます。ブレッカー系の2人の歌いまわしの微妙な違いが面白いです。

数日前に
スカパーで,1992年,シュツットガルトでのチック・コリアのライブを放送してましたが,そこにもボブ・バーグが競演していてました。野生的で情熱的な演奏に聴き惚れました。この映像はもしかするとブートDVDで出回っているブツでしょうか。エディー・ゴメス,スティーブ・ガットとのカルテットでした。


51歳の早すぎる死に,あらためてご冥福をお祈りします。


 

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-710.html

2005/10/28 | Comment (7) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


勝手にすみません。

2,3日前にブックマークを付けさせていただいたばかりで,近日中にご挨拶しようと思っていた矢先に,なおきさんの方からコメント頂いて,恐縮しております。

先週,初めてなおきさんのブログを訪問させていただきました。これから,時々伺いますのでどうかよろしくお願いいたします。

クリス |  2005/11/01 (火) 23:45 [ 編集 ] No.1450


はじめまして

Peopletimeのなおきと申します。
Suzuckさんのところでお名前は拝見しておりました。
リンクを張って頂いているようで、ありがとうございます。ご挨拶がてらコメントを、と思ったらBob Bergの記事を発見したのでついでにTBさせて頂きました。

僕のお気に入りのアルバムも沢山紹介されているようなので、じっくり拝見させて頂きたいと思います。

私のBlogの方でもLinkを貼らせて頂きます。今後ともよろしくお願い致しますm(__)m

なおき |  2005/11/01 (火) 23:34 [ 編集 ] No.1451


忘れちゃいますよね。

他人の死って,結構忘れるんですよね。
僕もよく,「あの患者さんって,生きてるんだっけ,亡くなったんだっけ」と同僚と会話することがあります。

それとこれとはちょっと違いますけどね。

クリス |  2005/10/29 (土) 23:00 [ 編集 ] No.1452


ナリーさん,こんばんわ。

バーグの首の血管は気になりますよね。
あれは医学的には「外頚静脈怒張」と言います。心不全や,なんらかの原因で胸腔内圧が上昇した際に見られるサインなんですが,どうしてサックスを吹いただけで怒張するのか,僕には分かりません。どんなに力んでも顔が赤らむとこはあっても,血管は怒張しないと思うんですけどね。

クリス |  2005/10/29 (土) 22:56 [ 編集 ] No.1453


あ、

勘違い。
ベストトラック、って言ってませんでしたね。
すいません。

Suzuck |  2005/10/29 (土) 12:48 [ 編集 ] No.1454


そうでしたね。

ボブバーグ、死んじゃったんでしたね。
って、何処かの掲示板で話題になってた事があったきがします。
すぐ、わすれちゃうんですよね。m(__)m

私は、ボブバーグおっかけしてませんが、これはもってます。
で、私もポギー、ベストトラックだとおもう。
このアルバム、いろんな意味で意外があっておもしろかったです。

Suzuck |  2005/10/29 (土) 12:46 [ 編集 ] No.1455


本当に早すぎました

私もけっこうオッカケしていたので彼の死には本当にショックを受けたものです。
もしかすればマイルスの時以上だったかも。
いつも首のところの血管を浮き上がらせてフルパワーで吹いてましたよね。ホント熱くて最高でした。

最終録音はFar outに間違いないと思います。

nary |  2005/10/29 (土) 12:12 [ 編集 ] No.1456

コメントを投稿する 記事: ボブ・バーグ 『 Enter The Spirit 』。

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。