雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

パキート・デリベラ 『 Paquito Blowin’ 』。

   ↑  2005/11/01 (火)  カテゴリー: 未分類

 

基本的に僕がこのブログで取り上げるアルバムは,帰宅後に何とはなしに棚から取り出したアルバムか,前日に取り上げたアルバムから連想ゲームのように思いついたアルバムを取り上げています。今日は紹介するアルバムは,一昨日にジャック・ウイルソンの『
Song For My Daughter 』を取り上げた際,思い出したアルバムで,パキート・デリベラの『 Paquito Blowin’ 』というアルバムです。

ご存知パキートはキューバの生まれで,キューバ時代はチューチョ・バルデス
(p)アウトゥーロ・サンドバル(tp)らと共にイラケレを結成して活動していました。1981年,スペイン・ツアー中にアメリカに政治亡命し,以後ずーとアメリカを中心に活動しています。そのアメリカ亡命直後にCBSソニーと契約しリリースした第一弾がこの『 Paquito Blowin’ 』です。ちょうど僕がジャズに興味を持ち出した時期で,深夜のNHK-FM放送<クロスオーバーイレブン>で流れたのを聴いて一目惚れし,レコード店にかけこんだのを覚えています。この中に< Song to My Son >という曲があります。この曲はパキートの息子が出生した際に作った曲ですが,亡命後10年以上会うことを許されなかったとの事です。キューバに残してきた息子を思う気持ちが哀愁漂うリズムに乗って上手く表現されていて,僕はパキートのオリジナルの中で最も好きな曲です。特記すべきは,ベースのエディー・ゴメスで,ここでのゴメスのソロは,数ある彼のソロの中でのベスト・プレーだと思います。ゴメス・ファン必聴です。右上のアルバムは1年後の1982年リリースの『 Mariel 』です。この中の<Claudia>はチューチョ・バルデスの作曲ですが,これも素晴らしいラテン哀愁歌です。僕はこの2枚で完全にパキートにはまり,以後,ほとんどのアルバムを聴いてきましたが,やはりこの2枚が最高傑作だと思っています。1980年代後半ぐらいから,クラリネット(これはこれで凄いのですが)を多用するようになり,オーケストラやボーカルを入れたり,大編成になったりと,ちょっと趣が変わってきたため,今ひとつ僕の趣味から離れつつあります。

パキートのホームページを見ていただくとわかるように,かなりの多作家なので,手っ取り早く彼の魅力を知りたければ,2003年に発売されたベストアルバム『 The Best Of Paquito D’Rivera 』(columbia/legacy CK85342)が良いと思います。上記の< Song to My Son >も<Claudia>も入っています。意外にパキートがオーソドックスな4ビート・ジャズを演っているアルバムがないのですが,唯一僕が所有しているのは,1976年の『 Paquito D’Rivera 』(CUBA 6)です。これもよく聴きます。ペデルセン(b)が参加しているのですが,洗練される前のペデルセンのベースは,もの凄くゴリゴリしていて図太い硬質な音です。パキートとペデルセンの組み合わせは,ちょっと意外ですが,全編クラリネットを吹いている2001年の『 The Clarinetist 』でも競演してます。

 

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-715.html

2005/11/01 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: パキート・デリベラ 『 Paquito Blowin’ 』。

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。