雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

父の話。

   ↑  2005/11/18 (金)  カテゴリー: 未分類
11月7日にたまたま栃木の実家に電話したところ,67歳になる父の体調がこのところ悪くて,仕事も辛いという話を母から聞かされました。どうも3ヶ月程前から疲れやすくなり,10月下旬からはほとんど食事がとれず,頻回に便意をもよおしているとの事でした。すぐにこれは直腸癌だと感じました。8日に仕事を休み帰省し,そのまま僕の病院に父を連れてきて,大腸内視鏡検査やCTなどを自分の手で行いました。案の定,進行した直腸癌で,肝臓にも5cm大の腫瘍が2個ありました。直腸癌は肝臓や肺に転移しやすいので,肝臓の腫瘍をCTで最初に見た時は,転移性肝癌だと思い込み,血の気が引きましたが,冷静に見直すと肝臓にできた膿の溜まり(肝膿瘍)でした。肝膿瘍は悪性腫瘍に合併することがまれにあるのです。また,糖尿病にも合併することもあるため,その検査もしたところ,やっぱり糖尿病も認めました。


 うちの父は自営業で,検診や病院通いなどほとんどした事なく,いつも『おれは39℃熱があっても仕事をしてきたんだ。』と自慢げに話す人でした。いつも帰省するたびに検診やドックを受けるよう強く勧めてきました。特に大腸内視鏡検査は,大腸癌の早期治療の点からも有意義な検査なので,幾度となく説得を試みましたが,全く僕の言う事を聞かず,『俺は風邪も引いた事ないから大丈夫だ。』と言いはり,今まで一度も内視鏡検査を受けていませんでした。今回のことで,母から聞いたのですが,17年前に生命保険に入るための審査で血糖値の異常があると指摘されても,数回通院しただけで自己判断で治ったと思い込み,通院を中止したようです。さらに2年前にも便潜血反応が陽性であったのにもかかわらず,精査を受けなかったようです。そのような事があったことすら僕は知りませんでした。頑固で身勝手な父が父なら,それを放置していた母も母です。今回の病気は無知な夫婦で作り上げた病気であると僕は思いました。

手術に関しては,このまま僕の所属する大学で行うか,地元の宇都宮の病院に転院して行うか迷いましたが,母の看病や地元の親戚の事,実家で飼っている犬の事など,いろいろ考慮した上で,宇都宮の病院に転院して手術を受けることに決めました。11月10日には転院させ,同日,肝膿瘍の膿みを抜く処置(膿瘍ドレナージ:PTAD)をしてもらいました。現在,11月21日の手術に向けて,手術前検査や血糖値のコントロールを行っているところです。

こんな事があって,11月7日以降,頻繁に東京と宇都宮間を行ったり来たりしていましたので,ブログを更新する時間がありませんでした。というよりも,意気消沈しジャズを聴く気にもなれませんでした。落ち込んでいるときにJazzを聴いて癒されることはよくありますが,本当に落ち込むとJazzすら聴きたくなくなるものです。

この10日間,このブログでは書ききれない程いろいろな事があり,悩み,考えて,かなり疲れてしまいました。あらためて家族の健康が一番大切であると,実感しました。健康でないと全てが崩れてしまうものです。当たり前のことですが,健康な時にはあまり意識しないんですよね。

今日も妻は子供を抱っこして新幹線で宇都宮に行って,父の看病をしています。本当に僕の父の事を心配し,いろいろな事をしてくれてます。感謝してます。

今週末は少し落ち着いて,家でゆっくりできそうです。またJazzの話でも再開したいと思っています。

        昼休みの医局で,Lars Jansson 「 Invisible Friends 」を聴きながら。
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-722.html

2005/11/18 | Comment (6) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


父の事

父はおかげさまで元気です。直腸癌の手術は縫合不全も起きやすいので,術後に結腸と直腸の縫合部に便が行かないように,上流(大体は横行結腸)に一時的な人工肛門(covering colostomyと言います)を作るのですが,父も場合もそれを作りましたので,術後4ヶ月後に人工肛門閉鎖術を行い,更に最近,その人工肛門があった部位が腹壁ヘルニアになり,再度ヘルニア根治術を行いました。結局,3回手術を行ったのですが,今の所,再発もなく元気です。同時に見つかった糖尿病もコントロール良好のようです。

まだ,1年ですから再発はいくらでもありえます。特に術後2~3年は注意が必要なので,安心はできませんけど。

今は仕事もやめ,のんびり隠居生活を送っているようで,むしろ呆けないかが心配です。

子供のことは一応タレントということで,事務所の方から(特に出演前は)ブログ掲載を控えるよう注意が入ったので,写真は削除しちゃいました。出演中は多少規制が緩いのでまたそのうちアップします。

では,また。

criss to miyabijune |  2007/02/14 (水) 23:48 [ 編集 ] No.1484


時が経ってしまって・・・

こんばんは!
先日お子様がNHKに出ているという事で娘(高校生)に話したら、見たい、みたいというもんですから探していたらお父様のお話に読み入ってしまいました。
 
 私の父も50代から糖尿病をやって母が玄米食やらカロリー計算をして80キロあった体重を何年かかけて20キロ落とし現在78歳で糖尿病とは生涯付き合っていかなければならない状態ですが、血糖値は落ち着いているようです。自分で父の自慢をする訳ではないのすが、姿勢がいいので見た目が若いです。まだ、週に2~3日営業に出てます。私の嫁ぎ先が建設業のため、夜間作業にもたまに出たりして元気そのものです。しかし、最近の検査で甲状腺に腫瘍が見つかり、血液検査からは大丈夫といわれたような事を言っていましたが、娘としては心配です。

 このブログは一年以上も前なので、その後お父様はお元気になられましたか?

 今になって書きこんでごめんなさい。


 


miyabijune |  2007/02/14 (水) 23:33 [ 編集 ] No.1485


みなさん,ありがとうございます。

すずっくさん,あずきさん,ハブさん,お久しぶりです。そして,暖かいお言葉,感謝いたします。

だいぶ元気出てきました。正直な気持ちとしては,父の病気を悲しむ一方で,僕の長年の忠告を無視してきた父に憤りも感じているんです。だから涙は出ませんでした。逆に父に説教してしまいましたよ。

これからもジャズの話の合間に父の病状についても書いていこうと思います。個人的な記録,日記のつもりです。

これから忘年会シーズンの上に,父の看病もあり,今までのように毎日更新は無理かもしれませんが,数行でも出来るだけ更新できるよう頑張りますのでよろしくお願いいたします。

では,おやすみなさい。


クリス |  2005/11/20 (日) 20:31 [ 編集 ] No.1486


そうだったんですね

しばらく更新がなかったので、どうされたのかと思っておりましたが、そういうわけでしたか。たいへんでした。
ご家族の心痛は、いかばかりかとお察し申し上げます。まして、クリスさんはお医者さんですからなおさらでしょう。

じつは、我が父も直腸ガンを患い、手術、人工肛門、肝臓転移.....という経緯でした。
先生の薦めで告知をしていただき、父は最後まで勇敢に病気と立ち向かってくれました。

クリスさんがまいってしまうようなことがあれば、ますます大変になります。じゅうぶんに御自愛の上、お父様の力になってあげて下さい。

バブ |  2005/11/19 (土) 23:31 [ 編集 ] No.1487


たいへんですね

こんばんは。
このところ更新がなかったのでどうかなさったのかと思ってましたが・・・

お父様、お大事になさってください。


>本当に落ち込むとJazzすら聴きたくなくなるものです。
そうですね。よくわかります。
こういうときは日々のこなさなきゃいけない仕事片付けるので精一杯だと思います。

クリスさんもあまり無理なさらないようにお気をつけください。

あずき |  2005/11/19 (土) 17:37 [ 編集 ] No.1488


わかりました。

どうしたのかしら?って、心配してました。

クリスさんの日記をいつもとても楽しみにしてますが、
時間は無制限にある物ではないので、
当然、優先順位の高い順に使うべきだし、
現実の生活を大事にするべきだとおもっています。
きちんとした根っこが(家庭、生活、家族・・・等など)あってこそのネットの楽しみですから。。

お父様、
手術がうまくいくことを願ってますね。
21日、、もうすぐですね。
どうか、お大事に、、M(__)M

奥様には、この後も直接、沢山沢山感謝して、言葉や行動にだしてあげてくださいね。
クリスさんも過労にくれぐれも気をつけてください。

もちろん、お返事いりません。
また、楽しくジャズのお話できると信じてます。




すずっく |  2005/11/19 (土) 09:21 [ 編集 ] No.1489

コメントを投稿する 記事: 父の話。

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。