雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Alfio Origlio / Passeggiata

   ↑  2008/12/16 (火)  カテゴリー: piano
alfio origlio passeggiata

Paris Jazz Big Band の常任ピアニストとして人気のフランス人ピアニスト、Alfio Origlio(アルフィオ・オリリオ)の、2000年に録音された初リーダー作『 Passeggiata 』 ( Cristal Records ) 。今までは一部の輸入盤店でしか入手できなかった本作が、2008年12月3日にWard Records の傍系レーベル、Isol Discus Organiza (イゾル・ディスカス・オーガニゼイション) からリイシューされました。民族音楽にも通じる浮遊感漂う Xavier Sanchez ( ザヴィエル・サンチェス ) のパーカッションが陶酔感を誘います。現在までに制作された彼のリーダー作品は3枚。本作リリース以降、2001年にはRemy Vignolo、Andre Ceccarelli を迎えた『 Ricordo 』を、2006年には『 Ascendances 』を発表してきています。レーベルはいずれもフランスの新興インディーズ・レーベルのCristal Records です。『 Ascendances 』は拙ブログでも 『 2006年極私的愛聴盤ピアノ20選 』 で取り上げています。『 Ricordo 』の記事はこちらです。

星1つ星1つ星1つ星半分



Texture - Alfio Origlio
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-73.html

2008/12/16 | Comment (8) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Eli Degibri Trio / Live at Louis 649
この前の記事 : ブログを引っ越ししました

Comment


Re: Alfio Origlio / Passeggiata

クリスさん

わあ。。ブログのお引越し、おめでとうございます。膨大な量なので、移動するのも大変かと思いますが、拍手投票もあったり、音楽のデモもFMからではなくなりましたね。今後も宜しくお願い致します。タイトルも写真も素敵ですよ♪今日も、こちらは雨です。。

私も明日が、仕事納めになりそうです。24日の午後から、商店各種一斉に閉まり、賑わうのは教会のみででしょうか。教会離れしているドイツ人も、年に一度のクリスマスだけは、教会に行こうという人も少なくないようです。25、26日が祝日ですが、今年は、上手く週末にかかり28日まで休みという人も多いです。学生は19日までで終了。2週間の冬休みです。ちなみに、主人も2週間の休みです。

メール添付でカードを送りますね。

Laie |  2008/12/21 (日) 18:02 No.20


Re: Alfio Origlio / Passeggiata

Laieさん、こんにちは。

こちらは12月23日火曜日で、天皇誕生日ということで仕事は休みです。

昨年までは、年末駆け込み手術!?というが多くて、この時期は超多忙だったのですが、この4月から、ほとんど手術もしなくなったので、20年ぶりののんびりした年末を迎えています。

Laie さんご夫婦ほどではありませんが、今年は1週間とちょっと、休暇がとれそうです。

本当なら海外でもと思い、グアムに早い時期から予約を入れていたのですが、父の癌が再発し、2度の手術を乗り越え、やっと昨日退院したばかりなので、今年は実家に帰ってお正月を迎えようかと思っています。

そちらは忘年会などはやはり多いのでしょうかね。僕もこのところ忘年会が多くて疲れ気味です。

26日が最終の忘年会ですが、その忘年会というのが、「ドイツの会」と言って、以前にドイツの学会に行った時のメンバーで毎年集まり、六本木のドイツ料理の店で騒ぐ会です。

その店はホワイトアスパラガスの季節にも行きますが、とっても美味しい店です。

というわけで、今日はこれから子供を連れて上野動物園にでも行こうかと思っています。

では、よいお年をお迎えください。
来年もよろしく。
このブログが続く限り。

criss to Laie |  2008/12/23 (火) 08:52 No.21


Re: Alfio Origlio / Passeggiata

クリスさん

素敵な写真の添付、有難う御座いました。ケーキ美味しそうですね♪御家族で素敵な時間が過ごせたと思います。

以前、都内にあるドイツ料理店を検索したら、何件かヒットしたので主人と一緒に行ってみようと思ったのですが、結局、日本食の美味しさに負けて、見送ることに。。

白色アスパラですが、私の住む地域では、時期になると一斉に産地直売で買えますが、食べたのは、スーパーで売られているアスパラを一度購入したのみです。ポピュラーなソースでは、ホレンダーソースが、ドイツ人には人気があるようです。中々美味しいですよ。

お送りした写真は、主人が一眼レフで撮ったものです。カメラが趣味で、クリスマスプレゼントには、新しいフラッシュライトをゲット。私には、車のナビ、CD3枚、それに温泉浴の一日券。

この温泉浴(テルメと言います)ですが、サウナが20種類に室内プール、休憩室、レストランなどの施設があるのですが、レストラン以外は全て男女全裸での施設使用になります。ロッカールームも共同、サウナは勿論、温水プールもです。最初行った時、目のやりばに困ってしまいましたが、誰も隠す気配ゼロ。堂々と歩いて、サウナ浴を楽しんでいるといった感じでしょうか。他の人種に比べて、羞恥心が少ないのかもしれません。自分はかなりのド近眼ですが、この施設に行く際には、コンタクトを外して行きます(笑)でも、アジア人が、ほとんどいないので、やはり、見られているだろうなあ。。とも思いますが、気にしないようになるべく努めています。毎回、思いますが、やはり、知り合い男性には、会いたくないなあ、と言うのが本音です(苦笑)

次回のドイツ学会での席で、是非、話の種にして下さい。あっ、ドイツには有給が30日ある、という話も付け加えて下さいね。(笑)

お風邪は良くなりましたか?御実家で過ごせる一時は何よりですね。お鍋を囲んで、家族の団欒。。良いですね~♪ 

クリスマスには、私達だけで、ガチョウの肉に、クリューセ、赤キャベツの付け合せで食べました。ドイツ料理は主人が担当です。

ドイツはクリスマスが終わり、大晦日(ジルベスター)の準備です。明日からの3日間のみ、店頭で、花火が売られます。個人使用での花火の売買は一年でこの3日だけと法律で義務付けられています。花火が何処から飛んでくるのか分からないので、窓を閉めて家で待機です。クリスマスの静けさとはうって変わって、大晦日はただの馬鹿騒ぎです。

DVD録画、また、あんな感じので良ければ、また、貯めておきますね。先日のJazzlineでは、David Sanchez Quartet、NDRでは、ロジェ・チチェロのライブをやっていたので、両方録画しました。

明日は、心臓医の彼を食事に招待。中華スープ、日本のハンバーグ、抹茶ゼリーで持て成す予定です。

また、来年もどうぞ宜しくお願い致します。







Laie |  2008/12/28 (日) 17:34 No.30


Re: Alfio Origlio / Passeggiata

こんばんわ、Laieさん。

六本木のドイツ料理の店は、ツム・アインホルム
というお店です。六本木といってもホテル・オークラの傍の、大使館が並ぶ通りですから、閑静な住宅街です。ファーストビルという20階建のビルの地下にあります。オーナーは日本人ですが、従業員にはドイツ人もいます。

今回も何種類かのドイツビールを飲みましたが、うちの教授は「まずい、まずい、昔はこんなんじゃなかった」と文句をいっていました。

つい最近も、教授はドイツに学会で行ってたようですが、やはり現地で飲むビールもまずかったと。

どうしてですかね~とたずねたら、ドイツのビールがまずくなったというよりも、日本のビールの味が向上したからそう感じるんだろうな、と言ってました。確かに、日本のビールは昔に比べておいしくなりましたからね。

やっぱり、写真好きな人の撮った写真ですよね。美しいですもの。僕も一眼レフを持ってますが、レンズまでお金をかけられず、全然活用していません。

テルメのお話は驚きです。とってもじゃないけど、私には無理です。Laieさんは偉い! ふつうは恥ずかしくてはいれませんよね。

という訳で、今年はほんと、お世話になってしまい、ありがとうございました。お礼をちょっと考えないとね。

まあ、来年も気楽にお付き合いのほど、
よろしくお願いいたします。

あしたから、栃木の実家に数日帰省します。
オヤジも無事2回のオペを乗り越え、
家で今はのんびりしているようですので。

では、よいお年を。

criss to Laie |  2008/12/28 (日) 22:44 No.34


Re: Alfio Origlio / Passeggiata

明けまして、おめでとうございます。

お父様、お元気になられて良かったですね。手術を2回されたようですが、体力的にも大変だったと思います。自宅休養出来るのは本当に何よりですよね。

ビールの話、びっくりしました。こちらでも日本のビールが買えますが、値段も高い上、イギリスか何処かで生産されているようです。主人もサッポロや一番絞りなどを何度か試しましたが、日本の味とかなり違うらしく、それ以来、買わないんですよ。でも、ドイツのビールがまずいとなると、やはり、日本のビールの方が品質的に良いのかもしれませんね。

昨晩、ジョージ・クルンツの75歳の誕生日を記念してのレポタージュを放映していたので見てみました。スイス人のドイツ語アクセントはやはり強いので、かなり聞き取りが大変でした(苦笑)。

今朝はマイナス6度でした。おまけに雪が昨日に引き続き降りました。家の中は、常に20度あるので、用事のない時は、家にこもっちゃいます。

日本の有給制度は良く分かりませんが、ドイツは大体一年に30日あります。必ず30日消化することが、法律で義務付けられています。恐らく、日本は有給があっても、そんなに取れないですよね。週休2日に加え、祝日は別です。

夏休みは自己申告で、好きな時に取れます(これは会社によって違うかな)。学校の休みは、州によって違うのと、毎年始まりが違います。これは、道路の渋滞を避けるべく定められているとか。。。

それでは、本年もまた、初心者ジャズ相談にお付き合い下さいませ。。宜しくお願い致します。






Laie |  2009/01/05 (月) 04:04 No.60


Re: Alfio Origlio / Passeggiata

Laieさん、こんばんわ。
僕は明日から仕事です。十分休んだはずなのに、
何もできなかったです。だらだらと無駄に
過ごしてしまったのですが、子供と時間を
気にせず一日中遊べたのでよかったかも。

>こちらでも日本のビールが買えますが、値段も高い上、イギリスか何処かで生産されているようです。

イギリスと言えば、イギリス人ってビールを冷やさずに飲むんですよね。ジョッキまでギンギンに冷やしてビールを飲む日本人からすると信じられませんが。

>昨晩、ジョージ・クルンツの75歳の誕生日を記念してのレポタージュを放映していたので見てみました。

75才ですか~。凄いな。うちの親父なんか70でもうよぼよぼなのに。

>恐らく、日本は有給があっても、そんなに取れないですよね。

有給をちゃんととってください、と会社は云うわりには、仕事が慢性的に蓄積していて、休んだら自分で自分の首を締め付けるようで、とってもじゃないけど、休めません。ちなみに、僕は医者になって20年、学会参加で休む以外、一日たりとも有給休暇をとったことがりません。

昨日は家族でDisney Sea に行ってきました。明日にでもちょっとアップしますが、ぞっとするような怖い写真が撮れちゃって、驚いています。心霊写真? かも。

criss to Laie |  2009/01/06 (火) 21:13 No.62


Re: Alfio Origlio / Passeggiata

クリスさん、今晩は。

今朝は、外はマイナス15度。。寒さのせいで、ここ近所一帯のヒーターの配管不良になる始末。家の中も氷のように寒い一日でした。。。先日降った雪もおかげで全く溶けません(ブルッ)。


>イギリスと言えば、イギリス人ってビールを冷やさずに飲むんですよね。

主人も、イギリス人は、ぬるいビールを飲むのが信じられないと話しています。

>学会参加で休む以外、一日たりとも有給休暇をとったことがりません。

えっ!そうなんですか? 主人もかなりびっくりしています。でも、有給を取らない代わりに、その分、お給料に加算されるんですよね。

ジョージグルンツの番組ですが、私達が調度、演奏を見に行ったビックバンドのリハーサル風景(2年前近く)も紹介されていました。

ドラムはアダムで、一緒に食事をする予定でいたのですが、アダムの身内の不幸があり、ツアー初日を迎えることなく、フランスに到着、最終リハを終え、そのまま、とんぼ帰りでNYへ。。

それから、代役のフランス人ドラマーを一日で見つけ、ジョージ、ベ-シストと猛特訓する様子も見ることが出来ました。

主人と一緒に見たのは、このドラマーだったので、裏舞台が垣間見ることが出来ました。

それから、アダムとジョージのやり取り、他のメンバーとの会話の様子も15分ほど放映されました。

アダムにも話したら、是非、見たいということだったので、早速DVDを送ってあげました。最終リハを無事に終えたのにも関わらず、彼も無念だったと思います。

番組を見て思ったのですが、ビックバンドのメンバーの中でも色々と火花が飛び散っているような感じでした。おとなしそうな人、性格の強そうな人、妥協出来なさそうな人。。

もちろん画面だけからの判断ですが、ジョージさんは、優しそうな感じですね。

アダムに対して、あるトロンボーン奏者が、厳しく曲に関して注文している場面があったのですが、素直にうなずいているアダムが少し気の毒に思いました。もうちょっと柔らかく言えないのかなぁ。。

ジョージとアダムのやり取りは、ジョージをフォローするアダムの優しさがとても良く出ていたので良かったです。

あっ、また余談になりました(苦笑)

ディズニーシー、まだ一度も行ったことがありませんが、いつか行って見たいです。


Laie |  2009/01/10 (土) 06:49 No.63


Re: Alfio Origlio / Passeggiata

>えっ!そうなんですか? 主人もかなりびっくりしています。でも、有給を取らない代わりに、その分、お給料に加算されるんですよね。

全然そんなことはありませんよ。だから、たとえば、皮膚科とか眼科とかの先生は、ちゃんと有給を消化しています。給料に反映されるなら誰も文句は言わないのですが、そうでないから文句の一つも言いたくなるのです。

夜間の呼び出しだって手当がでるわけじゃありませんから、呼び出しの多い内科や外科の医者は割に合わないのです。

現在の日本の医療は、こうしたいわばボランティアのような無給の仕事によって支えられているわけで、いちいち、呼び出しや緊急手術などに給料を出していたら、経営は成り立たないみたいです。

>番組を見て思ったのですが、ビックバンドのメンバーの中でも色々と火花が飛び散っているような感じでした。おとなしそうな人、性格の強そうな人、妥協出来なさそうな人。。

そりゃそうだと思いますよ。特に優秀なミュージシャンが集まれば集まるほど、音楽性の違いによる衝突は起こりやすいでしょうからね。そういった面でもビッグバンドの運営は難しいようです。

>ディズニーシー、まだ一度も行ったことがありませんが、いつか行って見たいです。

子供はディズニーランドの方が遊べるみたいですが、大人はショウがメインのディズニーシーの方が楽しめるようです。お勧めは、ミッキーがドラムをたたく「ビッグバンドビート」とハンガーステージの「ミスティックリズム」ですかね。

criss to Laie |  2009/01/12 (月) 14:33 No.66

コメントを投稿する 記事: Alfio Origlio / Passeggiata

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Eli Degibri Trio / Live at Louis 649
この前の記事 : ブログを引っ越ししました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。