雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Renato Sellani Fabrizio Bosso 『 Ciao Kramer 』

   ↑  2005/12/02 (金)  カテゴリー: 未分類

一昨日のボッソの話のついでにもう一枚。レナート・セラーニと競演した,ボッソのリラックスしたほのぼのJazz系アルバムです。セラーニがバックですから当然スリリングなハード・バップというわけにはいきませんが,温和なハップ・スイング調の曲を楽しく演奏してます。曲は全16曲で全曲,イタリアのソングライターGorni Kramerという人の曲を演奏してます。ジャンニ・バッソと競演したアルバムもそうでしたが,ボッソは大御所との演奏のときは,かなり彼らに演奏を合わせて演ってます。遠慮ではないと思います。むしろ,競演者のスタイルに合わせることを楽しみにしているようです。テクニックがあるからどんなスタイルでも合わせられるんでしょうね。僕の愛聴盤というわけではありませんが,なかなかジーンとくる快作です。1曲だけ,エンリコ・ラバが吹いてます。【愛聴度★★★☆☆】

Renato Sellani Trio Plus Fabrizio Bosso 『 Ciao Kramer 』2002 Philology W227.2
Fabrizio Bosso (tp)
Renato Sellani (p)
Massimo Moriconi (b)
Massimo Manzi (ds)

P.S. 昨日,風邪をひいてしまって,悪寒,咳きがひどいです。明日は「澤野コンサート」なので,早く治さなきゃ。
村上春樹の「意味がなければスイングはない」を仕事帰りに買ってきました。彼のこんな音楽エッセイをずーと待っていたので楽しみです。<ウィントン・マルサリスの音楽はなぜ退屈なのか?>の章だけ読んで寝ようと思います。
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-737.html

2005/12/02 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


確かに

よく本買います。
でも,村上春樹はジャズ本だからというわけではなく,デビュー来のファンなんですよ。

クリス |  2006/03/21 (火) 22:51 [ 編集 ] No.1540


どうもです

そうそうこの頃に☆やってたんですね。
それにしてもジャズ本をよくお買いになっている。

こちらからもTBさせてもらいますね。

nary |  2006/03/21 (火) 12:36 [ 編集 ] No.1541

コメントを投稿する 記事: Renato Sellani Fabrizio Bosso 『 Ciao Kramer 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。