雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

須永辰緒 『 須永辰緒の夜ジャズ No2 』

   ↑  2005/12/06 (火)  カテゴリー: 未分類

最近,Swing Journal 誌を読んでいると,「DJ須永の夜ジャズ」と題したエッセイが連載されていることに気づかれた方も多いと思います。雑誌の後ろのほうで,寺島靖国の「日常生活する」の前ページに掲載されています。サブタイトルに<DJ,プロデューサー,リミクサーと様々な顔を持つ,クラブ・シーン最重要人物にして,レコード番長のい異名をとる須永辰緒が本誌読者におくる,ジャズの“アザー・アスペクツ”。」とあります。“レコード番長”というのは“レコード盤長”という意味もあるのかな。“アザー・アスペクツ”だから,“ジャズの別の一面”という意味か。いずれにしても,僕はクラブなんて足を踏み入れたことがないので,どんなところか分からないけど,この人はクラブという場所で,JazzのレコードやCDをかけることで,かなり若い人の支持を得ているようですね。一回ぐらい行ってみたいけど,白い目で見られること必至だろうな~。

それにしてもDJって,そんなに偉いの? ただレコードかけているだけでしょ。多少,曲と曲を繋げるのに機材の知識やテクニックが必要かもしれないけど,自分の好きな(あるいは聴衆が喜びそうな曲)をかけてりゃいいんでしょ。僕だって,やれと言われりゃ幾らだってできるけどな~。高度な音楽知識を屈指し音楽をゼロから創り上げるミュージシャンと,人の創った音楽を並べて聴かせるだけのDJ。そりゃ,ミュージシャンの方がずーっと偉いに決まっているように思うけど,これって親父の発想かな。

でも,彼らがどんな曲をかけるのかちょっとは興味があったので,先日,『 須永辰緒の夜ジャズ No2 』というCDを買ってきてしまったのです。かなりレジに出すの恥ずかしかったけど。で,聴いた感想を一言で言うと,<すっごくイイ>。先入観なしに,単なるコンピレーション・アルバムとして聴くと,非常によく選曲されたアルバムといえるんじゃないでしょうか。DJが偉い,偉くないという話は別にして,レコード会社の社員や,存在意味のないJazz評論家が選曲したコンピに比べたらずーっとよく出来ています。60年代のMPSからのThe Clarke-Boland Big Band,Nathan Davis Quintet,Karel Velebny Nonet(これはチェコのバンド,知らん)や,Zoot Sims の<somebody Loves Me>,Dusko Goykovich の<The Night Of Skopje>,The Tubby Hays Orchestra の<Israel Night>,Ego-Wrappon’ の<かつて>なんてのも入っていて,とにかく楽しい。なんと言ってもNathan Davisあたりを選曲するなんて,個人的にはそれだけで○。

ちょっと,ネットで検索してみたら,<渋い選曲>という褒め言葉が多かったのですが,この選曲を<渋い>と感じるには,相当Jazzを聴いてこなければ出ない言葉だと思うのですが。最近のクラブ通いの若い人は,かなりのJazz通なんですね。驚きました。ということで,話はつきないのですが,どうも『 須永辰緒の夜ジャズ No1 』という前作があるようです。これを見ると,なんと最初と最後がe.s.t.の曲。これまた聴きたくなった。Club Jazz 恐るべし。
【愛聴度★★★★☆】

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-743.html

2005/12/06 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Nicola Conte 『 Other Direction 』
この前の記事 : Kenny Werner 『 Beat Degeneration 』

Comment


よくわからない選曲?

そうですよね。
「よくわからない選曲」なんて書くと,恥ずかしいから,分かった振りして「渋い選曲」なんて言っているのかもしれませんね。

僕は個人的に興味があるのが,この須藤という人の過去と未来ですね。もともとJazzオタクだったのでしょうかね?すごいJazzの知識はありそうですけどね。将来,クラブが廃れて,DJ業で食っていけなくなったら,Jazz喫茶でもやってほしいな。そしたらきっと親父だちには受けると思うけどな~。

クリス |  2005/12/07 (水) 21:05 [ 編集 ] No.1561


渋い選曲

暗いとか、よくわからんとか、、
マイナー、ってだけでもつかわれますよね。

って、おばさん的「ちくり」かしら。

すずっく |  2005/12/07 (水) 09:01 [ 編集 ] No.1562

コメントを投稿する 記事: 須永辰緒 『 須永辰緒の夜ジャズ No2 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Nicola Conte 『 Other Direction 』
この前の記事 : Kenny Werner 『 Beat Degeneration 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。