雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Larry Fuller 『 Easy Walker 』

   ↑  2005/12/08 (木)  カテゴリー: 未分類


遅い夕食を先ほど食べ終わり,妻は風邪の具合が悪いと早々に布団に入ってしまったので,僕は自室に籠りいつものように今日は何を聴こうか
CD棚を物色していました。計画性のない僕は,その時に聴いている音楽の記事を,聴きながら書くことが多いのですが,さっきから聴いているマーク・コープランドの Some Love Songs の記事でも書こうかと思ってはみたものの,なかなか書く内容が浮かびません。決して悪いアルバムではないのですが,内容が難しいから文章にするのは更に難しい。どうしたらよいものかと考えた末,別の分かりやすいJazzを聴きなおすことにしました。

ということで取り出してきたのがラリー・フラーの『
Easy Walker 』です。最近,ユーロ・ジャズに傾倒していたので,こんなスカっとするジャズ・ピアノは久しぶりに聴きました。たまには何も考えずに能天気なアメリカン・ジャズもいいですね~。ほんとよく歌い,スイングして,もうピアノを弾くのが楽しくて仕方ないといった演奏です。フラーは僕と同世代だと思います。中堅ピアニストでしょうか。ピーターソン~アレクサンダー直系のピアニストで,本作にも参加しているジェフ・ハミルトン・トリオやレイ・ブラウン・トリオのピアニストでもあります。むしろそっちも方が有名かな。下のジェフ・ハミルトンのライブ盤『 Hamilton House 』はその代表作でしょうか。今,これ聴いてますが,こういうタイプのピアノはライブの方が遥かにノリノリです。モンティー・アレクサンダーもそうですものね。確かに彼はピーターソン~アレクサンダー直系ですが,彼らほど早弾きに頼ることはなく,これ見よがしのひけらかしプレーもないので,聴いていて疲れません。趣味の良いスイング系ピアニストで好感が持てますね。

               
上)
Larry Fuller 『 Easy Walker 』2001 GML xrcd 30421
Larry Fuller (p)
Ray Brown (b)
Jeff Hamilton (ds)
録音がJVCのxrcd2という,20bitマスターによるダイレクトカッティングで,超高音質だそうです。確かに100%果汁入りジュースのような濃密,濃厚な音です。この女性の下半身ジャケは国内盤用で,輸入盤はフラーのモノクロ・ポートレートです。なんで国内盤だけエロジャケになるの?
【愛聴度★★★★☆】




下)
Jeff Hamilton 『 Hamilton House 』1999 Mons Records MR874-316
Jeff Hamilton (ds)
Larry Fuller (p)
Lynn Seaton (b)
こちらのM-1も<Easy Walker>です。この曲,ビリー・タイラーの作曲なんでね。全編,楽しさ満載。ハミルトンのブラシも沢山聴けます。
【愛聴度★★★★★/2】

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-746.html

2005/12/08 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Enrico Pieranunzi 『 Live In Paris 』
この前の記事 : Dave Peck 『 Good Road 』

Comment


ナリーさんのも同じですか。

この下半身エロジャケの後に,再発された国内盤は下着姿の女性の上半身で,これまたエロジャケだったような気がしますが。間違っていたらすみません。

たまたま,今聴いているのがPamela Yorkという女性ピアニストのアルバムですが,これもクレイトン=ハミルトンがバックですわ。このCDも何となく好きですけど,紹介するほどではないんですけどね。

今日は,緊急が入ってしまって,遅くなり,今帰ってきたので,ブログ更新は出来ないのです。残念。

クリス |  2005/12/09 (金) 22:36 [ 編集 ] No.1565


私のも

xrcd2のエロジャケです。
発売当初はこの温かくて太い音にやみ付きになり、かなり愛超したCDです。

ジェフ・ハミルトンが叩いている作品にはハズレがないですよね。

nary |  2005/12/08 (木) 23:14 [ 編集 ] No.1566

コメントを投稿する 記事: Larry Fuller 『 Easy Walker 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Enrico Pieranunzi 『 Live In Paris 』
この前の記事 : Dave Peck 『 Good Road 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。