雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Stewy Von Wattenwyl 『 Cookin' Live 』

   ↑  2005/12/30 (金)  カテゴリー: 未分類

今日は当直です。たまに当直するのもいいもので,急患さえ来なければ結構自由時間がとれます。病院というのは年末から年明け元旦は暇なのですが,1月2日,3日あたりから忙しくなるんですよ。だから今年は年末に当直を入れて,年明けは少しゆっくりしようかと考えています。

製薬会社の人(俗にいうMRさん)が,正月休み中の当直医用にと,数本のDVDを医局に置いて行ってくれたので,その中から今日は『 CANDYMAN 』でも観ようかと思ってます。

<鏡に向かってその名を5回唱えると,かぎの手でズタズタに引き裂かれるというキャンディマン伝説。>

だそうです。まあ,暇つぶしにはいいかな。

これとは別に当直用にJazzのCDも何枚か持ち込んでおります。ブルース・バースの『 Live at the Village Vanguard 』や,先日買ってまだ聴いていなかったピーター・ビーツの『 Live at the Concertgebouw 』などなど。ピーター・ビーツの新譜はかなりノリノリで爽快です。まあ,いつもと変わらず,ちょっとマンネリではありますが。ピアノの音が硬すぎて,僕は一連のCriss Cross盤の方が好きかな。

で,今聴いているのは,ちょっと古い(2001年)ですが,スイスのピアニスト,ステューイ・フォン・ワッテンウィルの『 Cookin' Live 』です。期せずしてみんなライブ盤ですね。この人はめちゃくちゃ巧いとか,叙情的で素敵というわけではないのですが,選曲がいいので時々聴きたくなるアルバムです。M-1がモーダルな雰囲気の<テイク・ファイブ>で,その他には<エスターテ>,<ステイプルメイツ>,<ボディ・アンド・ソウル>,<枯葉>,<ステラ~>などを演奏していて単純に楽しいアルバムです。Brambusというスイスのレーベルから発売になってますが,日本にはおなじみ杉田宏樹氏監修のP.J.L.が出ています。

話は変わりますが,今日はお茶の水DUの年末廃盤セールの日だったんですよね。明日,当直明けにDUに寄ってから帰ろうかな。でもその頃にはお宝は掘り起こされているだろうな~。
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-766.html

2005/12/30 | Comment (11) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Stewy Von Wattenwyl / Cookin' Live
この前の記事 : 2005極私的JAZZ PIANO BEST 10

Comment


Martyさん,こんばんわ。

貴重な情報,ありがとうございました。
先ほど,教えていただいたHPか申し込みしました。

No.82 は持ってないんですよ。
見つけ次第欲しい一冊ではありますが。

でも僕の生まれた1962年ころのスウィング・ジャーナルは,数冊記念に持ってます。かなりぼろぼろですが,内容は今のSJと比べ物にならないほど,くだけてます。本気で対談している記事など皆無で,みんな評論家はふざけたバカ話しかしてません。なんかほのぼのとした同人誌のような作りなんですよ。面白いです。

クリス |  2006/01/06 (金) 22:05 [ 編集 ] No.1639


Arne

クリスさん、こんばんは。
Arneはオークションで買わなくても、正規ルートで購入可能です。以下のURLで申し込めばいいです。
http://www.iog.co.jp/arne14-2/10.html" target=_blank>http://www.iog.co.jp/arne14-2/10.html

ところで、ジャズ批評のNo.82はお持ちでしょうか?最近自分が生まれた60年代を振り返って
みようかな?と思っています。

では、また。

Marty |  2006/01/06 (金) 00:10 [ 編集 ] No.1640


Martyさん,ありがとうございます。

僕も村上ファンで,村上関連本や講談社の「村上春樹全作品」なども揃えているんですが,このアルネという雑誌は知りませんでした。ぜひ読みたいと思いヤフーオークションで検索したら,No10は出品されていませんでした。ただ,結構他の号は出品されているようなので,アラートに「アルネ 大橋歩」で入れておきましたので,そのうちゲットできそうです。

いい情報ありがとうございました。

クリス |  2006/01/05 (木) 23:42 [ 編集 ] No.1641


Sound & Life,Arne

クリスさん、こんばんは。
村上春樹さんの主義は、雑誌Arneの10号に掲載されていました。クリスさんの部屋のCD枚数もすごいですが、村上さんの部屋もすごいです。ArneとStereo Soundの別冊Sound&Lifeの第1号にリスニングルームが公開されていて、音楽エッセーも掲載されています。音楽にまつわるエッセーは読んでいて楽しいですね。かなり前に村上さんがBruce Springsteenを好きだと知って、共感を覚えました。かくいう私も大阪城ホール、京都体育館で拳をあげた一人です(笑)

クリスさんの影響で、本日仕事帰りにEric Legnini「Antraigues」(輸入盤)の中古を買ってきました。

では、また。

Marty |  2006/01/05 (木) 00:44 [ 編集 ] No.1642


cookin\' live

Stewyはなかなか良いピアニストですね。

この作品は以前にレビューしていたのでTBさせて頂きました。

個人的にはこの後の輸入盤、\"dienda\"がオススメです。こちらも当方でレビューしてますので、宜しければ覗いてみてください。

なおき |  2006/01/04 (水) 01:08 [ 編集 ] No.1643


Martyさん,あけまして

おめでとうございます。

Rick Roeの「Changeover 」は持ってません。
かなり無名なピアニストですよね。
僕はあまり「レア盤」「廃盤」に振り回されないようコレクトしていこうと思ってるんです。
第一,あの本に掲載されたCDの内,10数枚は既に持っていましたが,そんなに驚くほど出来の良いアルバムではなかったんですよね。

でもあれですね,あの本の第二弾が出ると,また中古店は大喜びでしょうね。MOONKSの人々にかなり圧力かかっているんじゃないでしょうか。

村上春樹が5000円以下で珍盤を探すというのは,知りませんでした。あんなにお金持ちになっても安く手に入れたいんですね。僕も思いますが,高い値段出せば誰にでもレア盤は買えるんですよね。要は少しでも安く手に入れたいわけで,その点で株式と同じようなもんですね。

ちなみに僕はLP廃盤は10000円,CD廃盤は5000円を上限の目安としてます。

クリス |  2006/01/03 (火) 23:30 [ 編集 ] No.1644


今年も宜しく!!

クリスさん、今年も宜しくお願い致します。
Stewyの件、了解です。私が買ったのは中古盤なので、その筒状の紙ジャケはついていなかったんです。
「lcarus\'Flight」は高値だったんでしょうね。DUの御茶ノ水店で出たようです。村上春樹さんは5,000円以上は出さずに珍盤を探すそうです。私も2枚組やBox版以外で、3500円以上のものは購入しません。例の復刻シリーズでは5枚だけかな、買ったのは。これは本の出る前から探していたものなので、価格は高いながらも納得しています。
 あの本のは掲載さえてませんが、Rick Roeの「Changeover」なんかは高値で取引されるんだろうなと思ってしまいます。

では、また。
 

Marty |  2006/01/02 (月) 18:02 [ 編集 ] No.1645


バブさん,あけまして,

おめでとうございます。

昨年中は,本当にお世話になりありがとうございました。バブさんのような方々がいたから,ブログを続けられたと思っています。これからも楽しいお話を期待してます。長くブログが続けられるよう,無理せず行きましょう。

今日は朝からなんと,年賀状書きを必至にやっています。どうも印字が上手くいかず,悪戦苦闘しています。バックではずっとマイルスの「Live Evil」や「Biches Brew 」などをかけながら書いています。こういった長いアルバムを通しで聴けるのはお正月くらいですから。

では,楽しいお正月休暇をお過ごしください。

クリス |  2006/01/01 (日) 23:22 [ 編集 ] No.1646


Martyさん,あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

「Cookin\' Live」のプラケースはstewyの顔写真ですよ。日本のP.J.L.から再発になった際,このプラケースの上に筒状の紙ジャケ(?)をかぶせて売り出したんでしょうね。

DUの廃盤セールで「lcarus\' Flight」が出ているのは知りませでした。僕は31日にしかいけなかったのですが,「lcarus\' Flight」は見当たりませんでしたよ。幾らで売っていたのか気になりますがね。TCBからのデビュー盤だから,かなりレアではありますよね。

クリス |  2006/01/01 (日) 23:16 [ 編集 ] No.1647


ありがとうございました。

いよいよ大晦日ですね。
今年は、ブログのおかげでクリスさんとも知り合え、楽しいお話しをさせて頂きました。
ありがとうございました。

できれば、来年もお付き合い頂ければと思っております。

ともかく、よいお年をお迎え下さい。

バブ |  2005/12/31 (土) 16:05 [ 編集 ] No.1648


よいお年を!!

 クリスさん、おはようございます。
 Stewyの「Cookin Live」ですが、私もこのCDは愛聴盤のひとつです。私が持っているのはStewyのアップの写真版で、ジャケット違いですね。特に1曲目の「Take Five」が凄いですね。これ程までに見事なアレンジ法は他に類がありませんね。このCDの他に「To The Point」,「Djenda」も持っています。
 東京のDUでは、Stewyの「lcarus\' Flight」が廃盤セールで出るそうですね。値段にもよりますが、聴いてみたいCDのひとつです。

 クリスさん、今年一年お世話になりました。
 良いお年をお迎え下さい。

Marty |  2005/12/31 (土) 09:22 [ 編集 ] No.1649

コメントを投稿する 記事: Stewy Von Wattenwyl 『 Cookin' Live 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Stewy Von Wattenwyl / Cookin' Live
この前の記事 : 2005極私的JAZZ PIANO BEST 10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。