雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Guido Manusardi 『 So That 』

   ↑  2006/01/01 (日)  カテゴリー: 未分類

明けましておめでとうございます。
本年もお付き合いの程,よろしくお願い申し上げます。
昨年7月よりブログをはじめて約5ヶ月で Jazzの記事を163回書くことができました。こんなに書くとは自分でも思ってもいませんでした。我ながらよく書くネタがあったものだと驚いています。これもひとえにコメントを寄せてくださる皆様方のおかげだと感謝しております。このブログを通じて知り合えたJazz狂,Jazzマニア,Jazzおたくの方々の異常とも思えるJazzにかける情熱に刺激を受けながら,僕も更にJazzの道を究めていきたいと気持ちを新にしております。

さて,昨日31日は昼過ぎまで仕事をして,帰りにお茶の水のDUに寄り道をしてきました。既に30日に廃盤セールが始まっていたので,お宝はとっくに漁られた後で,ほとんど欲しいブツは残されていませんでした。あまり気合が入らないながらもエサ箱のCDをカタカタめくっていますと時々びっくりする値段のついたブツがあるんですよね。エディー・トンプソンの『 Ant’s She Sweet 9000円以上の値札がついているし,リン・アリエールの『 When You Listen 』やアリ・リャーソンの『 I’ll Be Back 』なども軒並み6000円オバーですよ。信じられません。巨悪の根源は最近はやりの「幻のCD 廃盤・レア盤なんとか~」という本であることは間違いありません。あんな本が出たものだからCDのちょっと古くなって店頭に並ばなくなったものが簡単に<廃盤コーナー>で何千円もの値札を付けられて並んでいるんですね。

45年前に<500円コーナー>の中で済まなそうな顔で陳列されてあったクズ盤が,今では堂々と高値で取引されているのです。LPの廃盤ならわかりますが,高々数年前のCDをいかにも貴重品,希少品扱いする中古CD業者に憤りを感じずにはいられません。上の写真のギド・マヌサルディーの『 So That 』などは,確かにすばらしい出来だけど,5年ほど前に中古で1000円以下で買ったものだぞ。それがなんで今は6000円もするんだ。絶対おかしいぞ。(と言いながら,なんかうれしいけど)

と,まあ,怒り心頭しながらもちょっと欲しかった
CDが数枚あったので,買ってきました。エリック・レニーニの『 Natural Balance 』(1999 Jazz Club )やエリック・リードの『 The Swing And I (1995 MOJAZZ ) などなど。31日は全品20%オフで,どちらも3000円程で買えたので,まあ,良しとします。

 

31日の夜は何年ぶりかに紅白歌合戦を見ながら妻と一緒にのんびりすごしました。倖田來未のエッチな衣装(日本レコード大賞の時のがエッチだったけど)に,まばたきもせず見入っている僕を,<40過ぎて倖田來未など見て,このエロ親父>といったあきれ顔で妻が見ていました。そして,やっぱり中島美嘉の<冬の華>はイイ曲だな~,なんて感心しながらいつのまにか年が明けてしまいました。

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-767.html

2006/01/01 | Comment (6) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Guido Manusardi / So That
この前の記事 : Stewy Von Wattenwyl / Cookin' Live

Comment


あおきさん,あけまして

おめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

僕もImmagini visiveがベストだと思っています。
なにしろ初めてマヌサルディを聴いたのがImmagini visiveだったので,強烈に印象が残ってます。

廃盤ではありますが,結構中古で流れています。時々見かけます。しかも安く。

クリス |  2006/01/04 (水) 20:31 [ 編集 ] No.1650


マヌサルディ

Stewyに続き連続で投稿してしまいました(^^;ゞ
マヌサルディも素晴らしいピアニストなのに、知名度低いですよね。So thatも多分マヌサルディの中では佳作って感じの出来ですが、相対的にみればかなりハイレベルな作品ですし。

個人的にはImmagini visiveを最高傑作として愛聴していますが、これも廃盤で入手困難なんですよねえ。ホント、寂しい限りです・・・(T-T)

なおき |  2006/01/04 (水) 01:17 [ 編集 ] No.1651


あずきさん,あけまして

おめでとうございます。
今年も楽しいお話期待してますよ。
よろしくお願いいたします。

義母さん,大したことなさそうでよかったですね。
お正月は病院も休み体制で,あまり詳しい検査が出来ないから大変ですよね。

サザエのバター焼き,旨そうですね。
食べたくなってきたー。
サザエでなくても貝が食いたい気分。
でもうちの妻はもうスーパーには行ってくれないし。
自分で行ってくるか。

クリス |  2006/01/03 (火) 20:54 [ 編集 ] No.1652


67camperさん,あけまして,

おめでとうございます。
今年もよろしくお付き合いの程,お願いいたします。

僕は今のところ緊急オペはありません。今の病院は脳外科がないのですが,2年前まで勤めていた病院は,脳外科があり,お正月になると僕らがAppeをしている隣で,毎日のようにクリッピングしてましたよ。やっぱり外科系で一番大変なのは,脳外ですね。ご苦労様です。

家族の写真拝見しました。とってもかわいらしお子さん達ですね。家も豪邸で,うちの妻が隣から画面を覗き込んで,スゴーイ,って驚いてました。ガレージが2個。凄すぎです。

同じジャズ好きでも,みんなそれぞれ趣味が違って面白いですよね。それぞれのジャズに対する価値観を尊重しあいながら,末永くお付き合いができればうれしいです。

今後ともよろしくお願いいたします。

クリス |  2006/01/03 (火) 20:48 [ 編集 ] No.1653


おめでとうございます

今年も楽しいお付き合いよろしくお願い申し上げます。

昨夜は元日早々義母が入院するなんてことになってしまいじっとり暗い気分でした・・・が命に別状なさそうなので、今夜の宴会準備

あずき |  2006/01/02 (月) 10:26 [ 編集 ] No.1654


あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます.
新しいEURO JAZZに全くついていけてない67camperです。
今年も宜しくお願いいたします。
当直お疲れさまでした。こっちは2.3日が当番ですが、年末にSAH をやってしまったので31.1も出勤でした。今年の正月は完全オフ日がなしです。
それにしても仕事帰りにDUによれる環境が羨ましいですね。お茶の水ですか?でも自分が今行ったら、たぶんアコギ屋さんにいくかなぁなんて考えてます。

67camper |  2006/01/02 (月) 01:18 [ 編集 ] No.1655

コメントを投稿する 記事: Guido Manusardi 『 So That 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Guido Manusardi / So That
この前の記事 : Stewy Von Wattenwyl / Cookin' Live
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。