雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

所有するギター Ibanez GB30

   ↑  2006/01/03 (火)  カテゴリー: 未分類

昨日,朝起きてテレビをつけるとBSジャパンで女子十二楽坊のコンサートが放映さてました。ぼーと観てましたが,結構綺麗な方が数名いて,見惚れてしまいましたよぉ~。二胡を引いているイン・イエンさんが綺麗ですね~。よく見ると女子十二楽坊は12人編成でなくて13人編成なんです。知りませんでした。彼女達は中国の4000人のオーディションから選ばれた民族楽器のエリートで,楽器も上手でしかも美しい。言うことなしですね。それにしても想像するに,彼女たちよりも楽器が上手いのに,ビジュアル的に劣るため落選した子達がきっと沢山いたのでしょうね。無念だったでしょうに。13人の美女(一部例外あり)が整列し正面向いて微笑みを絶やさず楽器を弾く姿は,ちょっと異様な感じがしないでもなかったりして。


昨夜は妻が観たいといったTBSテレビのドラマ,「南総里見八犬伝」前編を観て過ごしました。恥ずかしながらこの小説を読んだことも昔NHKでやってた人形劇も観たことも,ましてや薬師丸ひろこと真田広之の映画も観たことがなかったので,すごく新鮮で,面白かったです。主役の犬塚信乃役の滝沢秀明(タッキー)が思いのほか演技が上手かったのには驚きました。その他の俳優陣もみんなはまり役で好演でした。伏姫役の仲間由紀恵の美しさや,玉梓役の菅野美穂の恐さなど,いつもながらうまいです。足利成氏役の京本政樹の怪しい雰囲気もぴったりでした。今日は後編です。あまりテレビドラマを観ない僕も,今日はテレビに釘付けです。

さて,今日は僕が所有するギターでも紹介しましょう。以前は数本持ってましたが,結婚してからというもの狭い住宅事情により,エレキギターは1本を残してすべて処分してしまいました。現在も暇な時はかわいがってあげてるギターが,Ibanez GB30 です。一応,ジョージ・ベンソン・モデルであります。1990年頃購入しましたから,かれこれ15年の付き合いです。最近はお金にも余裕ができたので,そろそろES-335でも買おうかと思うのですが,このGB30に愛着があり手放せません。ES-335より小ぶりなボディーのセミアコです。IbanezVintage.com を見ますとGB30は,


The GB30 Model was introduced in 1886. This Model was a much thinner model with black Hardware, (A Regular Gibraltar II Bridge and Quick change tailpiece.The Guitar used a Center Block like an ES335 would and was a single Cutaway model with two F holes. It was available in BK and TR. This Guitar used 2 Black Super 58 Pickups This Model was discontinued in 1993.

とあります。ES335と同様なセンターブロックを使用,1986年から1993年まで生産されていたようですね。
フルアコはがさばるし,ソファーにちょっと座って,爪弾くにはちょうどよい厚みと大きさであります。まあ,ES335を持つほど僕自身の腕がいいわけじゃないので,まだしばらくはGB30と付き合おうと思ってます。
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-768.html

2006/01/03 | Comment (3) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Charito 『 Non, Stop to Brazil 』
この前の記事 : Guido Manusardi / So That

Comment


うちのGB30は・・・

お初です。
私もGB30持ってます。当時はバンドをやっていて、ジョージ・ベンソンモデルだけで名前も知りませんでしたが、フルアコよりもコンパクトだったので曲幅を増やすために購入しました。
それまでは、フュージョン9割 ジャズ1割でやっていたのですがジャズに目覚めたのかなと思います。

もっと音感をつけたくて、サックスをやり始めたのですが、そっちがメインになってしまい現在は、ギター初心者以下レベルになってしましました。
GAOでジョージ・ベンソンのライブをやっていて「あぁ~懐かしい」という思いがここに連れてきてくれたのかな?
今やお蔵入りしてますが、ギブソンのレスポールは売れても、このギターは売る気がしないですね。(少し後悔はしてますが~w)周りの貝部分は真黄色になって、古さが出てきてます。中古で購入したのですが当時八万円だったかな?定価が分かりませんがご購入はおいくらだったんですか?

jazzy |  2006/04/17 (月) 03:15 [ 編集 ] No.1656


了解しました,すずっくさん。

新譜紹介というのはやめますね。
で,こんなのにしました。
「詠雪の才あるすずっくさんの欧州ジャズ紀行」
どうでしょうか。

女子十二楽坊は僕もはじめて観ただけなので,
別に好きというわけじゃないんですよ。

ただ,二胡という2弦だけの三味線のような楽器。
あれであんなに綺麗な音が出るのかと感心しました。
なんとも不思議な楽器です。


>このGB30の写真には、お正月からため息でました。
>奥様がうらやましいでございます。はい。
>何を弾いてあげるの?

うちの嫁さんは,「ねえ,SMAP弾いてよ~。」とか,「子供のために童謡弾けるようになってね。」だとさ。本気で首絞めようと思っちゃうことがあります。

クリス |  2006/01/07 (土) 21:40 [ 編集 ] No.1657


今年も宜しくお願いいたします。

このGB30の写真には、お正月からため息でました。
奥様がうらやましいでございます。はい。
何を弾いてあげるの?

少し前に、大変お褒め頂きましたが、ジャズ、はっきりいって未だに全然わかりませんね。
クリスさんとは趣味がかなりかぶさるので、そんな感じに思うだけだとおもいます。
お願いがあるのですけど。。。面倒で、お手数なのですが、、
私のブログの紹介で、新譜の紹介、って、や・め・て。M(__)M
私、それ見るたびに、心拍数あがります。
時間が有るときでいいですから。。

でもねぇ、、
バッシング覚悟。
女子十二楽坊、、駄目、なぜかこの方々の音楽まったくうけつけません。
ごめんね。ほんと、全然駄目なんです。(クリスマスでも買わなかったモン)
たまには意見がわかれていいでしょ。
レンタルで借りて聴いたことあるんですけど、、、
もちろん、美男子あつめて男子十二楽坊なんとか、でも駄目ですね。M(__)M

すずっく |  2006/01/07 (土) 12:01 [ 編集 ] No.1658

コメントを投稿する 記事: 所有するギター Ibanez GB30

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Charito 『 Non, Stop to Brazil 』
この前の記事 : Guido Manusardi / So That
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。