雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Helge Lien 『 Live 』

   ↑  2006/01/22 (日)  カテゴリー: 未分類

スイング・ジャーナルのSJ選定ゴールド・ディスクという賞がありますが,まあ10年,20年とJazzを聴いてくると,こんな賞などCDを買う基準にならないことがみんな分かってきます。だから2002年に同賞の選定を受けたヘルゲ・リエンの Spiral Circle もそれほど期待しないで「聞いたことのない名前の欧州ピアニスト」というそれだけの理由で買ったのを覚えています。でもこれが予想に反して大当たりでした。正確に言うと当たりというよりもかなり衝撃的でありました。たまにはまともなアルバムを選定するもんだなと感心したものです。ヘルゲ・リエンはノルウェーのピアニストで,1975年生まれの当時27歳の新人でした。彼の奏でるジャズは一言で言うと「楽しくないジャズ」かもしれません。耽美的で静寂なバラードでは比類なき壮麗な世界観を提示したかと思えば,一転してフリー・ジャズの一歩手前のアバンギャルドなインタープレイで聴衆を刺激したり,兎に角,一筋縄ではいかない個性派ピアニストです。「個性派ピアニスト」なんて言っちゃうと敬遠する方もいるかもしれませんが,ちゃんと美旋律をしっかり散りばめていて,かたぎのジャズ・ファンでも鑑賞できます。なにせフリー嫌いの僕が聴けるのですから。「普通のジャズ」に少しばかり飽きてきた方にはリエンの「難解さ」が心地よく,かなり<はまる>かもしれません。録音はオスロのレインボー・スタジオで,そうくれば当然エンジニアはヤン・エリック・コングスハウスとなり,出てくる音も想像がつくと思います。

そんなヘルゲ・リエンの最新作『 Live 』がcuring legsからリリースされました。curing les は彼の母国ノルウェーのドメスティック・レーベルで,彼の処女作『 What Are You Doing The Rest Of  Your Life 』も同レーベルからでした。文字通りライブ盤で,2004年~2005年のライブからのベスト・テイク盤のようです。メンバーは,ベースがフローデ・バルグ,ドラムがクヌート・オーレフィアールと,いつものレギュラーです。兎に角,三つ巴の強烈なインタープレーが炸裂し,ピアノだけでなく,ドラムやベースの創造性豊かで斬新なリズム,ソロにも狂喜の叫びをあげてしまいそうです。曲目はM-6< take five >を除いて全てリエンのオリジナルで,DIWから発売になっている前述した『 Spiral Circle 』や Asymmetrics に収められている曲を演奏しています。

M-6< take five >は Spiral Circle 』でもドラム・ソロをフューチャーして演奏されてましたが,本作でも更にドラム・ソロを大胆に取りいれられています。(もともとポール・デズモンドはドラム・ソロ用に書いた曲ですからね。)演奏の質はもちろん今までのアルバム同様の高水準で,
 録音もかなりイイです。曲間の拍手歓声が入らなければ,スタジオ録音と聴き間違えてしまうほどです。

リエンはこのレギュラー・メンバーでのトリオの活動以外にも,ピアノ,チューバー,サックスの変則トリオ,「トリオ・トラン」や,サックスとのデュオ・ユニット「ヘロ」,それからソロ・ピアノと,並列で4系統の活動を行っているようです。僕は変則トリオやデュオ,ソロがあまり好きでないので,前述の『 Spiral Circle 』や『 Asymmetrics 』しか所有してませんが。

本作は,E.S.T., The Bad Plus, ブラッド・メルドー,ジャン・ピエール・ピルクあたりが好物の方には,違和感なく受け入れられると思います。

彼のオフィシャル・ホーム・ページはこちら

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-790.html

2006/01/22 | Comment (6) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


クリスさん、こんばんは

こちらからもトラバさせていただきます。

それにしてもこのクリスさんの記事はアルバムをとても的確に捉えていて素晴らしいです。

nary |  2006/07/06 (木) 22:28 [ 編集 ] No.1728


ついに詳細発表

クリスさん、こんばんは。
ついに詳細が発表されましたね。
5/26に発売のようです。
http://diskunion.net/jazz/news_detail.php?news_id=1&uniq_id=1153&yyyymm=2006-03" target=_blank>http://diskunion.net/jazz/news_detail.php?news_id=1&uniq_id=1153&yyyymm=2006-03

Marty |  2006/03/17 (金) 22:09 [ 編集 ] No.1729


視聴

昨日、山本氏による新譜試聴会で披露されたようです。既にジャケもWeb公開されてました。

Marty |  2006/02/26 (日) 23:01 [ 編集 ] No.1730


試聴者は

山本隆氏ですね。

クリス |  2006/02/26 (日) 22:16 [ 編集 ] No.1731


リエンの新作。

Jan 2006
NEW STUDIO ALBUM IS RECORDED!
We have just finished recording our fifth album. The album consist of more or less known \"standards\", and will be released on DIW - Japan during this spring. The recording took place in Rainbow Studios, Oslo, with Jan Erik Kongshaug, and the result is stunning. This will be our very best album to date.

これですね。発売は「春」とだけ書いてありますね。
それにしても情報早すぎですよ。

クリス |  2006/02/26 (日) 20:57 [ 編集 ] No.1732


早くも新作

クリスさん、こんばんは。
Helge Lienですが、早くも新作「To The Little Radio」が出るようですね。彼のオフィシャルページには未掲載ですが、既に試聴された方がいるようです。

Marty |  2006/02/26 (日) 17:48 [ 編集 ] No.1733

コメントを投稿する 記事: Helge Lien 『 Live 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。