雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Rick Margitza 『 This is New 』

   ↑  2006/01/24 (火)  カテゴリー: 未分類

連日のライブドア問題やマンションの耐震データ偽造問題の報道のためにあまり話題にはなりませんが,先日,米国産牛肉にBSEの危険部位である脊柱が混入し,輸入再停止となった問題がありました。米国が取り決めを遵守しなかったことには当然問題はありますが,僕はそこまでどうして狂牛病に日本人は神経質になるのかと,不思議でなりません。きっと米国民もそう感じているに違いありません。テレビの報道番組で道行く人にインタビューしていましたが,「ホント恐いわね~。もうアメリカの牛肉は食べられないわ。」などと答えていました。このインタビューに答えているおばさんは何が恐いのでしょうか。自分も狂牛病に罹ることが恐いのでしょうか。大体たとえ運悪く狂牛病の異常プリオンを含んだ牛肉を食べてもクロイツフェルト・ヤコブ病には決して罹患しないんですよ。プリオンはタンパク質ですから消化管からは吸収されないんですから。それとも異常プリオンはバクテリアかウイルスと思っているのでしょうか。そもそも世界で100人ほどしか罹ったことのない新型クロイツフェルト・ヤコブ病の心配をするくらいなら,年間日本で10万人以上に死をもたらす喫煙こそ,本当は恐がらなくてはいけないのです。しかし,政府は<全頭検査>などという嘘の安全を国民に植え付けてパニック回避を図る一方で,貴重な財源たるタバコの規制に関しては消極的でいるのです。<全頭検査>をすれば100%BSEを発見できると大多数の国民は勘違いしていると思うのです。そんなこと検査キットの感度の問題で不可能であることなど,冷静に考えればすぐに分かることですが。ちょうど,検診で異常なしと言われたから,自分は健康であり病気ひとつ無いんだと勘違いする人と同じです。最後に一言。イラクであれだけ殺戮行為をしてきた米国が,極めて稀なクロイツフェルト・ヤコブ病の事など,真剣に考えていると思いますか。

さて,JAZZのお話するスペースが少なくなってしまいましたが,今日は,昨日のヘルマン・クシチの『 This is New 』のつながりで,リック・マーギッツァの『 This is New 』を取り上げてみました。このタイトル曲<This is New>はアイラ・ガーシュウィンとクルト・ワイルがミュージカル『 Lady in the Dark 』(1941年)のために書いた曲ですが,意外にジャズで取り上げられることは少ないのではないでしょうか。僕がすぐに思いつくのがこのリック・マーギッツァの『 This is New 』(1991年)ぐらいです。このアルバムは新生ブルー・ノトにマーギッツァが吹き込んだ3作目のリーダー・アルバムです。前2作品が全てオリジナルであったのに対し,本作は9曲中7曲がスタンダードを取り上げています。そのため邦題も『スタンダード・ニュー』と換えられています。バックもジョーイ・カルデラッツォ,ボブ・ハースト,ジェフ・ワッツですから悪いはずも無く,ブランフォード・バンド,ブレッカー・バンドと比べても決して遜色ない出来栄えだと思います。ジェフ・ガードナーと組んで制作したChallenge の『 Game of Chance 』と共に,マーギッツァの愛聴盤です。
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-792.html

2006/01/24 | Comment (7) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 大石学トリオ
この前の記事 : Rick Margitza 『 This is New 』

Comment


すずっくさん,なりーさん,

こんばんわ。

僕もゲッツには似てないと思いますが。
マーギッツァって,結構いい男だと思いますが。

僕,ジェフ・ガードナーが密かに好きで(駄作もありますが),彼のリーダーにもマーギッツァ参加したりしてます。二人とも昔ながらも友達みたいです。

マサコウスキーって,当時からなんかインチキ臭いギターリストだったですね。でもインパクトは凄かった。恐い物見たさでもう一度観たいような気がします。

クリス |  2006/01/27 (金) 23:41 [ 編集 ] No.1743


おぉぉ

Game Of Chance!私も大好きです、、、
って、以前にいったかもしれませんね。
なんか、もう、頭ぐちゃぐちゃになってる。。
この人のつくるバラードも好きです。

ナリーさん、、
顔、、ゲッツに似てないよぉぉ。。。(T_T)



すずっく |  2006/01/27 (金) 17:43 [ 編集 ] No.1744


マサコウスキー

どひゃ~懐かしい。
もう名前まで忘れていました。
ホント今どうしているんだろう。
風貌が(奏法も)ちょっと昔のジョン・アバークロンビーに似ているんですよね。
そう言えばあのレーザーでのバンドはへんてこりんな感じでした。
たしかドラムも女性だったし。
マーギッツアは顔がなんとなくスタン・ゲッツに似ているし(笑)

nary |  2006/01/27 (金) 10:51 [ 編集 ] No.1745


おさかなさん,お久しぶりです。

世の中,嘘の報道が多すぎて,何が真実かが見えにくくなってますね。単純に報道される事柄を鵜呑みにしていると,とんでもない過ちを起こしかねない,そんな危機感を持っています。僕も医療関係の報道には大変憤りを感じる事が多いのですが,おさかなさんも最近の耐震データ偽造問題についての報道に関して,これはおかしいと感じるところがあるんじゃないでしょうか。

僕は狂牛病の牛の肉を食べろと言われても,平気で食べられます。真実を知れば,狂牛病など恐くはありません。(ただし,乳児にはうつりますので注意)
狂牛病の肉で新型クロイツフェルト・ヤコブ病に罹る確率は,道を歩いていて頭に飛行機が落下してくるくらい確率低いと思いますが。いかがでしょう。

クリス |  2006/01/27 (金) 00:05 [ 編集 ] No.1746


ナリーさん,こんばんわ。

マーギッツァって,cool なのかhotなのか分からないですよね。最近はhotな演奏が多いのでしょうが,このBlue Noteの頃は今ひとつ方向性が見えなかったように感じます。

僕の頭の中では,新生ブルー・ノートのレーザー・ディスクで,変なギターリストをバックに<widow\'s walk>を演奏したのが強烈だったですね。

あのギターリスト,スティーブ・マサコウスキーっていうのかな。今,何してるんだろ。

クリス |  2006/01/26 (木) 23:50 [ 編集 ] No.1747


そうなんですか

狂牛病の件に関して、クリスさんの記事を読むと世間の報道と本質がまったく違う論点だということがわかりました。
耐震偽造のことにしても、世間の報道は支離滅裂な状態ですから、同じようなものですね(^^;;

おさかな |  2006/01/26 (木) 19:49 [ 編集 ] No.1748


これは懐かしいです

私も昔よく聴いたなぁ。
マーギッツァはいつも醒めた感じで吹いていて決して熱くなることもないのですが、その音には意外と温かみがあって好きです。

今思い出したように2000年のHeart of Heartsを聴いてます。
これもカルデラッツォ入りでなかなか良いですね。

nary |  2006/01/24 (火) 23:54 [ 編集 ] No.1749

コメントを投稿する 記事: Rick Margitza 『 This is New 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 大石学トリオ
この前の記事 : Rick Margitza 『 This is New 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。