雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Stan Getz & Kenny Barron 『 people time 』

   ↑  2006/01/28 (土)  カテゴリー: 未分類

90年代のジャズを語る時,恐らくベスト10に入るであろう名盤中の名盤,スタン・ゲッツ&ケニー・バロンの『 People time 』を今,聴いています。本作はスタン・ゲッツが肝細胞癌で1991年6月6日に亡くなる3ヶ月前に,コペンハーゲンのカフェ・モンマルトルで録音された実況盤です。<癌に体を蝕まれながらの鬼気迫る名演>とか<死期を悟ったラスト・レコーディング>などといったサイド・ストーリーを知らずに聴いても,間違いなく2人の緊張感溢れるすばらしい演奏に感嘆すること必至です。演奏内容も然ることながら,ライブとは思えないほどの録音の良さも特記すべきことでしょう。本作は全14曲の2枚組みで,全て馴染みのスタンダードを演奏しています。チャーリー・ヘイデンの書いた<first song>が誰もが認める名曲にして名演ですが,僕はそれ以外にも<soul eyes>や<east of the sun and west of the moon>などがお気に入りです。ケニ・バロンも単なる伴奏者に甘んじることなく,センスの冴えわたる気品に満ちたソロを繰り広げています。明らかにこの日の2人は乗っていました。さらに観客も高レベルだったのでしょう。拍手のタイミング,歓声でそのことがわかります。演奏者,PA,観客と,3者のベクトルが一致し,信じられない名盤が誕生したわけです。

で,まあ,こんな名盤を今更僕がこれ以上称揚したところであまり意味がないので,この『 People time 』に関して村上春樹の著書『意味がなければスイングはない』の中で触れている箇所を紹介します。


もっとも僕としては,晩年のスタン・ゲッツの演奏を聴くのは,正直なところいささかつらい。そこに滲み出してくる諦観的な響きの中に,ある種の息苦しさを感じないわけにはいかないからだ。音楽は美しく,深い。とくに最後のケニー・バロンとのデュオの緊迫感には,一種鬼気迫るものがある。音楽としてみれば,素晴らしい達成であると思う。彼はしっかり地面に足をつけて,その音楽を作り出している。しかし,なんと言えばいいのだろう。その音楽はあまりに多くのことを語ろうとしているように,僕には感じられる。その文体はあまりにもフルであり,そのヴォイスはあまりににも緊密である。

村上春樹氏は,あまり本作がお気に召さないようですね。

P.S.それにしても亡くなる3ヶ月前でこの音。癌に侵されていたとは信じがたい気迫に満ちた瑞々しい音色です。コルトレーンは,ゲッツの演奏を聴いて「もし我々が彼のように吹けるものなら,一人残らず彼のように吹いているだろうな。」と言ったそうです。ホントone and onlyの素晴らしい音色,フレージングです。
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-795.html

2006/01/28 | Comment (11) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Chris Cheek 『 Blues Cruise 』
この前の記事 : Fabrizio Bosso 『 Mare Mosso 』

Comment


martyさん,こんばんわ(追記)

>ところで、東京のDUでやっている週末セールって、結構凄そうですね。500円とかで掘出し物が出るなら、当たり前かな。羨ましい限りです。

週末セールって,なんだろう。
「マイルスSME盤セール」「国内盤廃盤セール」「紙ジャケ廃盤セール」「欧州盤セール」などなど。よくセールはやってますが,決して安くはないと思いますけどね。特に廃盤CDは高い値段設定ですよ。ヤフオクの方が安く手に入ると思いますが。品揃えは豊富なので,新譜でもちょっと我慢していると中古で出てくるので,その点はDUに感謝していますが,廃盤のべらぼうな値付けにはちょっと憤慨です。

クリス |  2006/01/31 (火) 23:59 [ 編集 ] No.1766


Martyさん,こんばんわ。

僕も3枚しか持ってませんので,評価するほど聴いてないのですが,spice of lifeの「ガーシュウィン」物と「The night we called it a day 」は売れ筋ねらいの作品といった感じがします。サラッとしすぎて,何度も聴く気になりません。でも「The Look of Love」はなかなかアレンジもよくて,子守唄がわりによく聴いていました。この人は基本的におとなしいピアノ弾きですから。

ちなみに僕はリサ・エクダール好きです。かわいいし,声質も好みです。ハイ。

クリス |  2006/01/31 (火) 23:53 [ 編集 ] No.1767


Peter Nordahl 追記

勿論、風貌や環境、噂だけで判断せず実力で判断すべきなのですが、近所のCD SHOPでPeter Nordahlを2枚視聴したところ、聴き易いのですが、イマイチ琴線に触れない感じがして、買う気になれなかったんです。Blue Connectionだけは例外かな。
クリスさんのお奨めがあれば教えて下さい。
私の食わず嫌いかもしれません。ではでは。

Marty |  2006/01/31 (火) 00:59 [ 編集 ] No.1768


Peter Nordahl

そうです。私自身Peter Nordahl Trioは視聴したところ、結構聴きやすいのですが、イマイチ買う気になれなかったんです。レーベルのオーナーにして、女優の妻、Lisa Ekdahlの歌伴も務めるピアニストと聞くと、少しね・・・。だから敢えてピアノトリオでない作品を買おうと思って、購入した1枚です。賛否両論あるでしょうね。私自身、その日の気分によって、全く酔えない日がありますから^^;

ところで、東京のDUでやっている週末セールって、結構凄そうですね。500円とかで掘出し物が出るなら、当たり前かな。羨ましい限りです。

Marty |  2006/01/31 (火) 00:42 [ 編集 ] No.1769


ペーター・ノルダール

なんだ,ペーター・ノルダールのトリオなんですね。ノルダールなら,何枚か持ってます。結構聴きやすいピアノですけど,このアルバムはちょっと駄目かも。

catfishでも在庫切れですね。

それにしてもこのCatfishのレビュー書く人って,凄い文章書きましよね。いつも驚いています。

クリス |  2006/01/30 (月) 23:00 [ 編集 ] No.1770


Blue Connection

クリスさん、こんばんは。
Blue Connectionの「The Passenger」ですが、これは好みが分かれる盤だと思います。
ピアノトリオとして、演奏しているのは4曲目Bill Evansの「Tune For A Lyric」のみ。全7曲中4曲が、ピアノトリオ+tp,tb,ts、2曲がピアノトリオ+congという構成。
全体的にグループ名を象徴するかのように、伝統的なバップ&ブルースを、スモーキーなブルーと明るいブルーが交錯するが如くの演奏。明るさの中にも翳りがあるジャズバーに迷い込んだあなたは、入れ代り立ち代り現れる女性に、媚薬を含まされた酒を注がれ、逃れなくなる。そんな気にさせてくれる1枚です。でも、この世界に酔えない人もいるのも確かでしょうね。
http://catfish-records.ocnk.net/product/847" target=_blank>http://catfish-records.ocnk.net/product/847
で購入可能です。

Marty |  2006/01/30 (月) 22:18 [ 編集 ] No.1771


People time

僕にとっては最も特別なアルバムのひとつです。サイト名もここから頂いたので。
J@Hでレビューを始めた時は、これを記念すべき一枚目にしました。現在のblogでは節目の100枚目をこのアルバムにしようと思っています。その時には是非TBさせて頂きますね。

なおき |  2006/01/30 (月) 00:34 [ 編集 ] No.1772


すずっくさん,おばんです。

>無知で偏見のかたまりの、、
とんでもございません。すずっくさんのジャズの知識は素晴らしいですよ。
ジャズ好きはみんな偏見の塊ですから。その偏見に満ちた自分の趣味を主張し合うのが面白いのですよね。

People timeは,みんなの愛聴盤なんですね。これを嫌いと胸張っていえる人は余程のへそ曲がりですね。

Anders Lindskog(何て読むの)って,知りませんでした。ヤコブ・フィッシャーが入ってるんですね。欲しいです。

クリス |  2006/01/29 (日) 22:46 [ 編集 ] No.1773


Martyさん,こんばんわ,

Blue Connectionの「The Passenger」って,MooksのMUST150の中の1枚でしょ。MartyさんもDEEPな世界がお好きですね。僕,聴いたことないんですが,これってどんな感じのジャズですか。この盤で今,手に入るんですか。

プレーボーイのコルトレーン特集は知ってましたが,どんなんでしょうかね~。どうせ,知っていることばかりのような気がしますが。本屋で立ち読みしてから買うかどうか決めよう。

クリス |  2006/01/29 (日) 22:37 [ 編集 ] No.1774


無知で偏見のかたまりの、、

すずっく、です。
(別に開き直ってるわけではおまへん)
People time、、私も好きです。
どんな演奏もそうだとはおもいますが、、
特にデュオの場合、お仕事関係以上の親密さ、っていうか、相手への想い、っていうのか、、
作品に出てきますよね。。。

すずっく |  2006/01/28 (土) 23:51 [ 編集 ] No.1775


愛聴盤

クリスさん、こんばんは。
「People Time」は、私の愛聴盤でもあります。エヴァンスの「Consecration」と同様、死期を悟った演奏とでもいうのでしょうか、切ないまでも鬼気迫る演奏ですね。久しぶりに聴いてみようかな。
さて、今晩私はBlue Connectionの「The Passenger」を聴きながら、今月号のPLAYBOYを読んでいます。今月号はコルトレーンの特集です。そういえば最近、コルトレーンを聴いていないなぁ。

Marty |  2006/01/28 (土) 23:35 [ 編集 ] No.1776

コメントを投稿する 記事: Stan Getz & Kenny Barron 『 people time 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Chris Cheek 『 Blues Cruise 』
この前の記事 : Fabrizio Bosso 『 Mare Mosso 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。