雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

William Ash 『 the phoenix 』

   ↑  2006/02/11 (土)  カテゴリー: 未分類

一昨日,取り上げたオマール・アヴィタルのアルバムはグリニッジ・ヴィレッジのジャズ・クラブ「small’s」でのライブで,レーベルもsmall’sの経営するsmalls recordsでした。そう言えば昨年発売されたアリ・ホーニッグのDVD『 Kinetic hues 』もsmalls recordsからの発売でした。でもあれは「small’s」のライブではなく「fat cat」でのライブでした。何でなのと思って調べてみたら,なんてことはない,2つのお店は姉妹店でした。元々グリニッジ・ヴィレッジにsmall’sがオープンしたのですが,狭かったために店を閉めて,同じグリニッジ・ヴィレッジの近所により大きな箱としてfat catをオープンさせたんですね。Fat catにはビリアード,バックギャモン,チェスなども置いて,より快適にくつろげるジャズ・バーを目指した作りになっていたようです。でも人気が出てきたため,昨年,small’sを以前あった場所に再オープンさせたというわけです。両店とも安くて若手のマイナーなミュージシャンがほぼ日替わりで聴けるという点で共通のコンセプトを持っています。

今日はそんな流れで,smalls recordsからの一枚,ウィリアム・アッシュ(william ash)の2001年のアルバム『 the phoenix 』を取り上げてみました。彼は以前,古いsmall'sがあった頃,6年間にわたり毎週レギュラーで出演していたようです。彼のスタイルはウェス・モンゴメリー風というか,ウェスにそっくりに弾きます。ギターもgibson L-5 でこれもウェスと同じ。色はナチュラルですが。ピッキングまで親指弾きですから,ここまで徹底的に真似するとそれだけで脱帽です。おそらく,現在のNYの第一線で活躍中のジャズ・ギタリストの中でウェス・スタイルで弾くのは彼だけではないでしょうか。

こうも似てると当然,本家のウェスの演奏と比べてしまいますが,やはり全然ウェスの方が巧いんですね。特にオクターブ奏法などは,雲泥の差です。アッシュは音に切れもないし,アップ・テンポの曲では音の粒に乱れもある。あらためてウェスの凄さを再認識するという皮肉な結果になってしまいした。雑誌などでは彼は「若き天才ギタリスト」などと評されていますが,僕にはあまり天才を感じませんね。このくらいの上手いギター弾きはいくらでもいそうだし,日本人だってこのくらいはみんな弾けるんじゃないの。ウェスを真似させたら宮之上貴昭さんの方がよっぽど上手いと思うしな~。ギター・トリオで72分飽きさせず聴かせるにはちょっとテクニック不足な気がしないでもない。ということで,僕はこのアルバムしか持っていません。

William Ash 『 the phoenix 』2002 smalls records SRCD-0006
William Ash (g)
Dwayne Burno (b)
Mark Taylor (ds)
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-803.html

2006/02/11 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Renee Rosenes 『 Life on Earth 』
この前の記事 : William Ash / the phoenix

Comment


いやー,よかった。

ナリーさんが,「こいつは天才だよ」なんて言われたらどうしようと思ってました。

でも,1枚くらい持っててもイイかななんで,今,聴きながら思いました。シングル・トーンであまり早弾きしないので,グラント・グリーンと同じく,アマチュア・ギタリストにはコピーの練習になるんですよね。

クリス |  2006/02/11 (土) 20:58 [ 編集 ] No.1833


これ持っています

知り合いのドラマーの小林陽一氏が去年アッシュを連れてくるというので予備知識として買いました。
結局はこれを聴いてライブを観にいくのは取りやめにしたのですが(笑)
たしかにモンゴメリーを聴いている方がずっといいです。
あと、このドラマーもいまいちですね。

nary |  2006/02/11 (土) 20:34 [ 編集 ] No.1834

コメントを投稿する 記事: William Ash 『 the phoenix 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Renee Rosenes 『 Life on Earth 』
この前の記事 : William Ash / the phoenix
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。