雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Renee Rosenes 『 Life on Earth 』

   ↑  2006/02/11 (土)  カテゴリー: 未分類

あまり大きな声で「このアルバムが好き」とは言えないのですが,結構好きで聴いています。リニー・ロスネスは87年にOTBのピアニストとして脚光を浴びて以来,一貫してBlue Noteから作品を出してきました。最近では名プロデューサー,木全信(きまた まこと)氏のKEY'STONEから「ドラモンズ」名義で,いかにもお金になりそうな綺麗なアルバムをリリースしていますね。僕が好きなアルバムはほとんど90年代のBlue Noteの作品なんですが,一番はストリングスの入った『 Without Words 』。二番がニコラス・ペイトン,クリス・ポッターらとの『 Ancestors 』。そして三番がここで紹介する『 Life on Earth 』です。

このアルバムは,ちょっと変わった編成で,タブラ,バイオリン,貝,マリンバ,それに変な声まで入っていて,一般的には敬遠されがちなアルバムです。エキゾチック,オリエンタル,ワールド・ミュージック,などといった言葉が合いそうな曲が多いですが,中には映画音楽風のストリングス入りの曲もあったり,かと思うと,ごく普通のそれこそ「ドラモンズ」風のピアノ・トリオがあったりと,統一感のない内容になっています。そのあたりが酷評される所以なのかもしれません。でも,このごちゃ混ぜ感が楽しくて,つい手が伸びちゃうアルバムです。そしてなんと言っても僕のお目当てはM-3<Ballad of the Sad Young Men >です。この曲はロバータ・フラックの1969年のデビュー・アルバム『 First Take 』がオリジナルですが,原曲のとっても切ないバラードをそのままピアノに置き換えたような名演だと思います。この『 First Take 』には<First Time Ever I Saw Your Face >というこれまた切ないバラードが収められていて,なんとも言えない当時の空気感が詰まった名盤です。

というわけで,お勧めはできないアルバムですが,ジャケットは一見の価値あるでしょ。こんなに綺麗にリニーが撮られている写真,ないんじゃないの。まさに奇跡の一枚ですね。
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-804.html

2006/02/11 | Comment (1) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Ethan Iverson 『 Live at SMALLS 』
この前の記事 : William Ash 『 the phoenix 』

Comment


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  2011/01/07 (金) 02:47 No.4332

コメントを投稿する 記事: Renee Rosenes 『 Life on Earth 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Ethan Iverson 『 Live at SMALLS 』
この前の記事 : William Ash 『 the phoenix 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。