雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Ethan Iverson 『 Live at SMALLS 』

   ↑  2006/02/12 (日)  カテゴリー: 未分類

前回,前々回と,NYのグリニッジ・ヴィレッジのジャズ・クラブ「smalls」関係のアルバムを紹介しましたので,ついでにもう一発,smallsでのライブ盤を取り上げてみたいと思います。今やThe Bad Plusのピアニストと言った方がわかりやすいポスト・モダンの急先鋒ピアニスト,イーサン・アイヴァーソン(Ethan Iverson)のアルバム,『 Live at SMALLS 』(2000年,FSNT 091)です。メンバーはビル・マクヘンリー(ts),リード・アンダーソン(b),ジェフ・ウィリアムソン(ds)のカルテット編成です。ビル・マクヘンリーはマーク・ターナー,シーマス・ブレイク,クリス・チークなどなどと同じく,いわゆるブルックリン派の一人ですが,ポテンシャルは十分なのに今ひとつはじけない,中途半端なポジションに甘んじているテナーマンだと思うのですが(その点,マーク・ターナーと似ているかも),ここではなかなか豪快でエモーショナルな演奏が聴けます。ベースのリード・アンダーソンはThe Bad Plusのメンバーでもありますが,同バンドでの低域を持ち上げたアンプ臭いミキシング音とは違って,ごく普通のジャズ・ベーシストを演じてます。

もともと僕はThe Bad Plusがあまり好きではないのですが,イーサン・アイヴァーソンのソロ・アルバムはまあまあ聴けます。彼の音楽は<クラシック発,ロック,フリー経由>でたどり着いたジャズなので,僕のようなおじさんの保守派ジャズ・マニアは,どうしても嫌悪感を感じてしまうのです。彼のフレーズには歌を感じないし,無機質的なアウトの仕方も違和感を感じます。新しいジャズだと言ってしまえばそうなのかもしれませんが,最近のESTなどと同じように,作為的なポスト・モダンの香りがプンプンして,ちょっとキワモノっぽい,偽者っぽい印象を受けてしまいます。そんな彼ではありますが,サックスのバックに回った時には,結構素敵に変身し,魅力的な旋律を奏でてくれるんですね。先日もお話したクリス・チークの2枚のライブ盤, Guilty Lazy Afternoon   (FSNT)や,今日紹介する『 Live at SMALLS 』などは,僕の愛聴盤であります。この『 Live at SMALLS 』はほぼ全曲,スタンダードで,<Night and Day>にはじまり,<Look of Love>, <Have You Met Miss Jones>, <How High The Moon>, <You’ve Changed>などを素直に演奏しています。彼はFSNTから4枚アルバムを出していると思いますが,その中では本作が一番とっつきやすいと思います。ジャケットが有名な『 Construction Zone 』と『 Destruction Zone 』とでは,スタンダード集である『 Destruction Zone 』の方が聴きやすいです。オリジナル集の『 Construction Zone 』はフリー系の曲が多く,最後まで通して聴けません。

ということで,僕はあまりアイヴァーソンやThe Bad Plusを評価していないのですが,ロック世代の若者には結構ウケが良いようです。

 
ジャケットが面白いので,両方揃えたくなるけど,どちらか1枚というなら迷わず『 Destruction Zone 』の方がいいよ。

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-805.html

2006/02/12 | Comment (3) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Jesse Van Ruller 『 Views 』
この前の記事 : Renee Rosenes 『 Life on Earth 』

Comment


Construction Zone も聞いてみたい

The Bad Plusは、嫌いじゃないんですけど、ちと飽きるのが早いかなぁという印象も持っています。
あと、曲のバリエーションが...
5/8に新作が出るようなので、これに期待したいと思っています。
"Destruction Zone"は、相対的にはそこそこ抑制が効いていて、お奨め度が高いのは納得できます。
TBありがとうございます。

oza。 |  2007/03/13 (火) 22:09 [ 編集 ] No.1835


すごいな~。

ドラム小僧さん,若い。
バッド・プラスのドラマー,僕,だめです。
とは言っても1st, 2ndの2枚しか持ってないんですけどね。これ以上,揃えるつもりないもんで。

EMIからのメンデス何とかというバンドに対抗する形で,ソニーが売り出したのがこのバッド・プラスなんでしょうね。なんかウケ狙いの音楽商業主義の匂いがするバンドです。

クリス |  2006/02/14 (火) 22:59 [ 編集 ] No.1836


ザ・バッド・プラス

私はザ・バッド・プラスは好きですよ。若者だからかな(笑)。

ドラム小僧 |  2006/02/13 (月) 23:03 [ 編集 ] No.1837

コメントを投稿する 記事: Ethan Iverson 『 Live at SMALLS 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Jesse Van Ruller 『 Views 』
この前の記事 : Renee Rosenes 『 Life on Earth 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。