雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Jesse Van Ruller 『 Views 』

   ↑  2006/02/14 (火)  カテゴリー: 未分類

 


我が家のトイレには妻の愛読書の倉田真由美著「だめんず・うぉ~か~」「突撃くらたま24時」や,僕のジャズ関連の文庫本が沢山積まれていて,夫婦そろってトイレが一番の読書スペースになっているんですが,今日トイレで例のごとく寺島靖国氏の「サニーサイド ジャズカフェの逆襲」をぱらぱらめくっていたら,意外な記事が載っていました。なんと最近はライブドア問題で何かと話題のフジテレビ会長,日枝久氏と寺島氏とは,都立杉並高校の同級生で,しかも日枝会長もジャズ・ファンであるというのです。高校時代に日枝会長よりもジャズに関しては詳しかった寺島氏は,日枝会長に向かって,「日枝,君はもうちょっとジャズを勉強してからおいで」と言ったそうです。現在,日枝会長室にはステレオ一式が置いてあり,そこでは,毎日ジャズが大音量で鳴っているんですって。ちょっと日枝会長に対する見方が変わりませんか。意外にイイおじさんかもしれないな~。

さて,ジャズのお話ですが,今日はCriss Crossの新作から,ジェシ・ヴァン・ルーラーの『 Views 』を紹介したいと思います。今回のメンバーは2002年の『 Circles 』と同じく,シーマス・ブレイク(ts),サム・ヤヘル(or),ビル・スチュアート(ds)のカルテット編成です。彼は多彩な編成でアルバムを制作していますが,彼自身が最も力を入れているのがギター・トリオのようです。でも僕はむしろサックスやトランペットとの競演物の方が好きで,ギター・ソロを永遠聴き続けるのは,ちょと辛い。そんなわけで,愛聴盤は『 Circles 』あたりになるわけですが,これが非常にかっこよかったんですね。ジョシュア・レッドマンの「エラスティック・バンド」でファンキーなオルガンを弾いているサム・ヤヘルが参加しているので,単純な4ビートだけでなく,それこそ「エラスティック・バンド」みたいな8ビート,決め物が数曲入っているかと思えば,オルガンをバックに静かでクールなギター・ソロの聴けるM-3<Here Comes The Sun>なんか,すっごく都会的な感じで,気に入っていたのですが,さて今回の新作の出来はいかがでしょうか。

今回は全曲,ルーラーのオリジナル曲ですが,基本的に『 Circles 』とイイ意味で変わっていません。ハモンドをバックにして繰り広げられるギター・バラードなども健在で,この手が好きな人にはたまりません。ほんとギターとハモンドは相性がいいです。古いところではグラント・グリーンとラリー・ヤング,パット・マルティーノとドン・パターソン,最近では,ピーター・バーンスタインとラリー・ゴールディングス,ポール・ボーレンバックとジョーイ・デフランセスコなど。どれも麻薬的な魅力があります。

ルーラーのアルバムに出来,不出来などないでしょうから,こうなるともう<好き>か<嫌い>かの問題です。僕はこの編成が無条件で好きだし,なんといってもサム・ヤヘルのハモンド・ファンなので,このアルバムも当然丸ですが,人によっては,「もっとルーラーのギターが聴きたいよ~」と,ちょっと欲求不満になるかもね。
 


P.S. Criss Crossの新作を見たら,またデヴィッド・ヘイゼルタインの新譜が出てました。え~,この前ヴィーナスから「クレオパトラの夢」が出たばかりだし,それにSharp nineからだって「Modern Standards」出してたじゃない。ちょっとペース速すぎです。買えません。結局,上記のルーラーの新譜とジム・ロトンディーの新譜「Iron Man」だけ買って帰りました。




 

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-806.html

2006/02/14 | Comment (9) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


今は、

バードランドライブですが。。。

と、
「トン」ジションって、、、
豚の鳴き声。。入ってそうよね。。

すずっく |  2006/02/18 (土) 09:14 [ 編集 ] No.1838


聴きました!

たいしたことは書いておりませんが、本日UPしましたのでTBさせてもらいま~す。

nary |  2006/02/18 (土) 06:49 [ 編集 ] No.1839


とらんじしょん

トランジションを大音量で車でかけるんですか。
コワ(^。^;;

クリス |  2006/02/17 (金) 22:45 [ 編集 ] No.1840


なんでも、、持ってるのは、、

そちらでしょう。。。
しらないアルバム沢山でてくるし、欲しい新譜は買ってくるし、、
うらやましい、かぎりで~す。
たまに、新譜を通販してまってると、頼んだその日にレビューあがってるんだもん。

トンジションは、両方でもってます。
大昔、車買い換えたときに、好きなアルバムは車用にcdで中古で集めた事があって。。
でも、、cd聞き入っていて、トラックに、ちょこんと追突したことあって、、(^_^);;
それから、注意してます。ホントに。

車で、おもいっきり大きな音で独りで聞くのは気持ちいいのです。
でも、車の外に音が結構漏れてるのしってからは、小さな音をこころがけてますが。。

すずっく |  2006/02/17 (金) 20:55 [ 編集 ] No.1841


Benjamin Herman

>ジャズロック、ってかんじだよ。
楽しいけど、交換するほどのものではないかも

そうみたいですね。でも僕,ジャズロックのようなキワモノ好きですし。駄目盤漁りも好きです。

コーエンも持ってらっしゃるんですか。
すげーなー。なんでも持ってるんですね。
このCDは結構,知られてないと思ったのに。

僕もトランジションではこの「Dear Loard 」が「好きです。聴きたくなったけど,LPでしか持ってなくて,そのLPも実家のダンボールの中。聴けない。
CDでも買うか。でもレジに持っていくのちょっと恥ずかしいな~。

クリス |  2006/02/16 (木) 22:31 [ 編集 ] No.1842


Benjamin Herman のGet In

>これ,欲し~~。でももう手に入らないかな。
Michael Naura Quintet 『 European Jazz Sounds 』
これと、交換しましょうかぁ?(笑)
ジャズロック、ってかんじだよ。
楽しいけど、交換するほどのものではないかも、、(まだ、言ってる。。)
良いって、評判だけど、、ここまでお金まわせない、ってのが現実かなぁ。。
と、、いいながら、駄目盤といわれそうなものを買いあさってくるのですが。。

ちょっと前にコーエンのアルバム書いてたでしょ。
あれ、うねうね、すげぇ、よね?トランペットでよくあれができるなぁ、、って感じです。
で、ディアロードやってるでしょ。。
だから、あの記事よんで、、、、トランジションかけちゃったよぉぉ!
と、、立ち去るのであった。。M(__)M

すずっく |  2006/02/16 (木) 12:09 [ 編集 ] No.1843


なりーさん,すずっくさん,こんばんわ。

>早いですね
最近,ナリーさんの影響で新譜速攻買いが止まりません。今まではこんなに急いで買うことなかったんですけどね。でも特に輸入盤なんて,油断しているとすぐ在庫切れになっちゃうんで,やっぱり即買いがいいんでしょうね。

ナリーさんもすずっくさんも,ルーラーのトリオ・ライブ盤の評価,高いですね。実は僕持ってません。持ってないのに偉そうに言えませんが,ギター・トリオ,ギター・デュオ,など,ちょっと苦手です。

>Benjamin Herman のGet Inでは、ちょっといつもより黒い感じです。
これ,欲し~~。でももう手に入らないかな。こんなアルバムがあるなんて知りませんでした。Benjamin Herman って,ルー・ドナ似って出ていたし,黒いルーラーも聴きたいし。ちょっくら探し回ってみますだ。

個人的にはルーラーに一枚でいいいから,フュージョン物作ってもらいたいです。

クリス |  2006/02/15 (水) 21:45 [ 編集 ] No.1844


早いですね

って、ナリーさんも。
お二人とも、購入スピードがぁ!

ギター&オルガン、って電気同士だからかな?相性いいですよねぇ。
ただ、オルガンはいるとベースいなくなるので、ベースフェチ的にはちょっと寂しいです。
サックスの好みがあるので、あれなんですが、Benjamin Herman のGet Inでは、ちょっといつもより黒い感じです。
持ってましたっけ?書いてましたっけ?
こちらは、ラリーさまのオルガンです。

全編ファンキーな路線で、頭をからっぽにして楽しむにはええです。
あと、拾ってきた理由には、マーティンテイラーがキステルで演奏してるfive-Oを演奏してたので、聴いてみたくなったのです。。(^_^);;

すずっく |  2006/02/15 (水) 09:11 [ 編集 ] No.1845


早いですね

こちらはCriss盤の新作5枚、いつものことながらまだ未入荷です。
ついでにキャスパー・ビヨームも(苦笑)

ジェシ・ヴァン・ルーラーは私も大好きなギタリストなのですが、前作のトリオでのライブ盤もいつもと違った雰囲気でリラックスした感じで、これはこれでかなり良かったです。
って、あまりここで書けば自分でレビューする時にネタがなくなるので、あとやめておきますね(笑)

nary |  2006/02/15 (水) 06:51 [ 編集 ] No.1846

コメントを投稿する 記事: Jesse Van Ruller 『 Views 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。