雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Zsolt Kaltenecker 『 Shantansz 』

   ↑  2006/02/19 (日)  カテゴリー: 未分類

ハンガリーの超絶技巧のピアニスト,ソルト・カルトネッカーの新作『 Shantansz 』が,ガッツ・プロダクションから発売されました。シンセ,エレベによるプログレッシブ・ジャズ・ロックとのキャプションだったので,買うか買うまいか迷ったのですが,買っちゃいました。前作『 Alhimia 』も同様のシンセ・トリオ(ただしドラムはメンバー・チェンジしてますが)だったのですが,僕は所有してまいせん。だから今回がエレクトリック・トリオ初体験なわけですが,なんとも評価し難い作品になってしまったようです。これだけは異論がないと思うのですが,とにかく上手い,上手過ぎ。1曲目から打ち込みかと思ったら大間違い。この左手のループは,シーケンサー使っていないんですって。ライナーで難波弘之さんが書いてます。この比類なき正確なリフ。あまりにも正確過ぎて逆にチープに聴こえてしまいます。「プログレッシブ」と言っても,YESやKING CRIMSONのような音を期待するとがっかりします。あまりプログレぽさはないですが,強いて言えばELPのキース・エマーソン似ですかね。曲によってはアラン・ホールスワーズの『 Road Game 』(ジェフ・バーリン,チャド・ワッカーマンとのトリオ)あたりに似ていたり(M-3),ハンコックの『 Head Hunters 』ライクであったりもします。何しろ打ち込みなし,オーバー・ダブなしのシンセ・トリオなので,若干音は薄めですが,その分高度な演奏技術で補い余りある内容の濃さであります。ベースのペーター・バペッシュもドラムのゲルゲ・ボルライもカルちゃんに負けず劣らずの技巧派です。ゲルゲ・ホルライはコブハム似かな。凄い速いタム回しに圧倒されます。でも全体に目新しさはありません。音もちょっと平面的で安っぽいかな。まあ,こう言った内容なので好き嫌いははっきりしますよね。プログレ大好き,アランちゃん大好きな僕としては満足の内容でした。
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-815.html

2006/02/19 | Comment (6) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


そうでしたか。

>上のコメントの「だいぶカルトネッカーにぞっこんのようですな」は難波のことでした。

失礼しました。タイトルの続きだったのですね。

僕はカルトネッカーの次のアルバムが楽しみです。重厚なRTFのようなアルバム,作って欲しいな。

僕の方からもTBさせていただきます。

クリス |  2006/03/07 (火) 22:41 [ 編集 ] No.1861


聴きました

思っていた以上のいい演奏でした。

たいした事を書いてないのですが、本日UPしましたのでTBさせてもらいます。

ああ、上のコメントの「だいぶカルトネッカーにぞっこんのようですな」は難波のことでした。
gooブログのコメント欄のタイトルって、私もそうですが読み落とすし、入れるにもけっこう悩むことがあったりして困ります。

nary |  2006/03/07 (火) 22:14 [ 編集 ] No.1862


すずっくさん,こんにちは。

>ちょっと、私には手に負えそうもないのですが、、
そんな気がします。少なくとも新品では買う必要ないと思いますよ。

アランは,ギターを弾く者にとっては神様ですからね。

僕もカルトネッカーの新譜聴いたあと,プログレづいちゃって,ELPのBrain Salad Surgery やUKなんか聴いちゃいました。たまに一枚聴くと続けてプログレばかり聴きたくなるですよね。

クリス |  2006/02/21 (火) 11:43 [ 編集 ] No.1863


ナリーさん,こんにちは。

>私が持っているAlhimiaも彼が書いてます。
今回はショルダーキーボードではなくちゃんと座って弾いているんですよね。
その分左手も使えるので、少なくとも前作よりは音が厚いのではないかと思います。

前作は完全にショルダーキーボードのみなんですか。ちょっと音薄そうですね。でもまあ,ギター・トリオと同じと言えば同じですけどね。

>だいぶカルトネッカーにぞっこんのようですな。
そんなにイイとは言ってないつもりなんですけどね。こんなジャズもありかな,と思うぐらいです。
愛聴盤にはなりえないな~。

いや~,でもこいつ,凄く上手いです。びっくり。

クリス |  2006/02/21 (火) 11:32 [ 編集 ] No.1864


なるほど、、

>あまりにも正確過ぎて逆にチープに聴こえてしまいます
これは、なんだかわかる気がします。
ちょっと、私には手に負えそうもないのですが、、

と、とらば返し。。。

すずっく |  2006/02/20 (月) 12:42 [ 編集 ] No.1865


また難波さんのライナーですか

だいぶカルトネッカーにぞっこんのようですな。
私が持っているAlhimiaも彼が書いてます。
今回はショルダーキーボードではなくちゃんと座って弾いているんですよね。
その分左手も使えるので、少なくとも前作よりは音が厚いのではないかと思います。

買おうか買うまいかちょっと躊躇していたのですが、クリスさんのレビューを読んで買うことに決めました(^^)

nary |  2006/02/19 (日) 22:33 [ 編集 ] No.1866

コメントを投稿する 記事: Zsolt Kaltenecker 『 Shantansz 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。