雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Jean-Philippe Viret 『 L’INDICIBLE 』

   ↑  2006/02/21 (火)  カテゴリー: 未分類

Swing Journal 誌って,毎月買ってはみるのですがあまり読み物がないと思いませんか。今月号もオーネット・コールマンの特集だったのですが,正直今更「オーネットは何を変えたのか」など,全く興味の対象外です。そんなほとんどがつまらないSwing Journal 誌の中で僕が興味深く読んでいるのは村井康司氏の「解明!ジャズ素朴な疑問」,寺島靖国氏の「日常生活する」,そして「IMPORT DISCS 輸入盤情報」というレビューです。「IMPORT DISCS 輸入盤情報」は毎月,大村幸則氏と杉田宏樹氏が2ページづつ担当して輸入盤を紹介しているのですが,その最後のページに「輸入盤ワールド」というコラムがあります。これはDUの山本隆氏が毎月3枚づつ推薦盤を紹介しているコラムなのですが,以前にも書きましたが,山本氏の感性に共感する部分が多いので,僕はここに紹介されるCDはほとんど買って聴くようにしています。

今月はその中でジャン・フィリップ・ヴェレの澤野工房からの新譜『 L’INDICIBLE 』が推挙されていましたので買ってみました。今までジャン・フィリップ・ヴェレは聴いたことがなかったので,同じフランス人のジョバンニ・ミラバッシのようなジャズを勝手に想像していました。しかし,最初に聴こえてきた音は,ベースのアルコで奏でるソロでした。ちょうどクラシックのコントラバス教則本の練習用リフみたいな曲でした。続く2曲目もフリー・フォームの形態から徐々にテーマらしき導入部に入り,なにやら難解な現代音楽の世界に引きずり込まれそうな嫌な予感。これはハズレだったかと1回目のヒアリングで感じました。いやいや山本氏が推挙するのだから駄作であるはずがないと,昨日,お昼休みに1回。そして帰宅後に今度は出来る限り大音量でスピーカーに対峙して聴きなおしてみました。するとどうでしょう。難解そうに思えた彼らの音楽が徐々に僕の音楽中枢を刺激しはじめたのです。おそらく数年間だったら僕のジャズに対する感性は,この手のジャズを拒絶していたと思うのです。でも今は心地よく僕の音楽中枢を刺激してくれるのです。そうまさにそれは刺激です。欧州叙情派の優しいピアノ・ジャズに完全に麻痺させられた僕の中枢は,ジャン・フィリップ・ヴェレによって程よく刺激され,再び覚醒したのです。欧州のジャズのレベルの高さにあらためて感服しました。ジャズは確実にネックスト・ステージに向かっているのですね。

この人,既に沢山,澤野工房(Sketchを含む)からアルバム出しているのですね。また,Kingの低音シリーズからもコントラバス奏者だけから成るユニットでアルバム出してるんですね。今まで知りませんでした。久しぶりに新鮮なジャズに触れて嬉しくなりました。
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-816.html

2006/02/21 | Comment (16) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Aldo Romano 『 JAZZPAR Quintet + 1 』
この前の記事 : Zsolt Kaltenecker 『 Shantansz 』

Comment


ちゃんとアップされてますよ。

>別に、その検索にも、クリスさんにもおこってないですよ。

ふー,良かった。
今日,日中,気になって仕事,手につきませんでした。もうこれで僕のジャズ・ブログ生活もおしまいかと,真剣に悩みました。

当たり前ですが,こういったネット上でのコミュニケーションって,声や顔がない分,難しいですね。僕なんか完全に理系人間で,文章書くの苦手なんで,余計誤解されそうで。

これからも,よろしくお願いします。
では,また。

クリス |  2006/02/23 (木) 21:00 [ 編集 ] No.1867


おかしいな。。

投稿したんですが、、
反映されてないですね。

誰にも怒ってません。

ってことだけ、、書いておきます。
時間ないので。。
理由書いて投稿したんだけど、、
どこにいってしまったの?って感じです。(T_T)
お騒がせしました。M(__)M

すいか |  2006/02/23 (木) 12:41 [ 編集 ] No.1868


ごめんなさい。

別に、その検索にも、クリスさんにもおこってないですよ。
本当です。誰かしら?どんな人かしら?って、思いましたけど。
だって、ちょっと、不思議な検索ですよね?
アイドル、とかなら、わかるけど。。アイドル並み、って喜びましょうか??
で、本当にへそ曲がりなので、おもしろがって、名前かえて投稿したりしたのです。
そう、、変な人は私ですよね!ごめん。ごめん。ごめんなさい。
おこってます、って半分冗談なんです。
もう、本当にごめんなさい。謝ります。

クリスさんとナリーさんとリンクしてから、毎日、毎日、楽しくブログみせていただいてます。
で、毎日、毎日、琴線に近い新譜の話がどんどんでてきて、、、
クリスさんとナリーさんのところを開くのはまじめに恐怖なんです。でも、みちゃう。
VENTO AZULさんはね、はじめからその存在しってましたので、、免疫あるんですけどね。
冗談でなくて、ジャズを好きな人ならわかるとおもうけど、趣味の近い人が書いてるcdの話、って無視できないでしょ?
でも、自分の欲しいcdも沢山あるので、全部買えないじゃないですかあああ。。。

先日、ナリーさんがバーンスタインのdvdの事書いてた時も欲しくて、涙飲んだのでした。
もう、観てるナリーさんうらやましすぎる。。って。。
と、、我慢した「すもも」であったが、今日は、ラグレーン!って言葉がでてきて、、
こいつも、観たら絶対おもしろい、、っておもったら、、、
もう、、観れないの状況が、「面白くなくなってきて」
で、怒ってたのです。
誰におこった、ってわけでないのですよ。
すいません。お忙しいのに!
本当にごめんなさい。
毎日通ってるので、なれなれしくなりすぎましたね。
反省してます。m(__)m
以後、気をつけますので許してください。

すもも |  2006/02/23 (木) 12:26 [ 編集 ] No.1869


ごめんなさい。

>私が何処に何を書いてるのか?って、検索したわけですよね。ふーーん。
だったら、今日から検索にかからないようにしようかな。私、、へそ曲がりだから。

Gooには「検索ワード」というのがあって,当日に限り(過去のデーターは残りません),どんな検索語で僕のブログに入ってきたかわかるようになっています。通常はミュージシャンの名前やアルバムタイトルで検索をかけ,僕のブログがヒットし,訪問してくれるのですが,たまに面白い単語検索で来る方がいるので,僕もおもしろ半分に見ています。

>ここって、IPアドレスつうのでしたっけ?あれもわかるの?
もちろんIPアドレスは分かりませんが,アクセス元URLは,これも当日に限り,上位20位までリストされます。ただ最近は僕のブログのアクセス数も増えて,ほとんどのURLは検索サイトからのアクセスですけどね。

僕に国語力がないため,僕に対して怒っているのか,そのようなGooのシステムに怒っているのか,検索した人に怒っているのか,またはその全部なのかわかりませんが,いずれにしても怒らせてしまったことに対しては,申し訳なく思っています。
朝から気分の悪い話ですみませんでした。

クリス |  2006/02/23 (木) 11:33 [ 編集 ] No.1870


ナリーさん,こんにちは。

>Gipsy Projectのようですね。
しかもリージョン1のような予感が

Disk Unionでは「これはリージョン1対応です」とか,「PAL仕様です」とか注意書きポップが付いて置いてあるのですが,このラングレーンのDVDにはそれが付いてなかったから,おそらく大丈夫だと思いますけどね。

ちなみに今,トロティニョンの新譜,DVD付きCDが発売になりましたが,あれはPAL仕様のみなので,とりあえず買いませんでした。

クリス |  2006/02/23 (木) 11:18 [ 編集 ] No.1871


私に興味がある?つうこと?

私が何処に何を書いてるのか?って、検索したわけですよね。ふーーん。
だったら、今日から検索にかからないようにしようかな。私、、へそ曲がりだから。

基本的には、ブログはじめてから、リンク先にしか、書き込みしない。つうか、できませんよね。時間手一杯で。
ここって、IPアドレスつうのでしたっけ?あれもわかるの?
いいな、うちのブログ、原始的なんですよ。
足あと、それも、アドレスの一部しかわからない。それだけ。訪問者の情報って、それだけですよ。
それも、あまりみないことにしてます。だってね、、
同じブログ持っていて、ログインしてると、その名前で足跡のこるので、それを利用したお店の巡回が多いから。。
ほんとは、礼儀?としてその足跡たどって、お礼言う、ってのが本筋らしいのですが、コメントのこしてくれた人だけにしてます。

と、「BASS,BASS,BASS,BASS,BASS&BASS」
シリーズであるようですが、一枚きけばいいのでないかしら。
一枚は面白く聴けるとおもいますよ。
で、おまけにあった、動く映像がおもしろかった気がする。
こんなことして、いいの?ベース大丈夫?みたな。
ベース、って高いのでしょ?

>ビレリー・ラングレーンのパリのライブDVD
メンバー、、、どなたなのでしょう、、ね、、
もう、絶対買えないけど。なんか、怒ってます。


すいか |  2006/02/23 (木) 09:26 [ 編集 ] No.1872


ラグレーン

Gipsy Projectのようですね。
しかもリージョン1のような予感が。

買うのを見送っていたウエザー・アップデイトかチックのアコースティックバンドのどちらかにします。

nary |  2006/02/23 (木) 06:51 [ 編集 ] No.1873


消しましたよ~。

>「BASS,BASS,BASS,BASS,BASS&BASS」
ベーシストが沢山集まって何やるんだろう。ちょっと興味はありますが,買う勇気なかったんですよ。すずっくさんに肩をたたかれ買う気になってきました。面白かったらまたレビューします。

関係ありませんが,Gooのブログって,どんな検索用語で僕のブログにたどり着いたかわかるようになっているんですが,今日,「すずっく」で検索して僕のブログに来た人がいました。どんな人なんでしょう。

クリス |  2006/02/22 (水) 23:29 [ 編集 ] No.1874


ナリーさん,こんばんわ。

>もう一枚なにがよいか検討中です。
ビレリー・ラングレーンのパリのライブDVDってのが出でましが,いかがでしょう。

ヴィレのDVDは3800円だから20%オフはうれしいですね。DUだと定価販売,石丸だと10%ポイント。僕もHMVで買おうかな。僕ならヴィレ,マイク・スターン,そしてまだ買ってなかったチック・コリアのモントルー2004ライブですかね。

クリス |  2006/02/22 (水) 23:24 [ 編集 ] No.1875


ひとつ、消してください。

ちさとくん、可愛すぎる。。。。

上、、に同じ。 |  2006/02/22 (水) 18:32 [ 編集 ] No.1876


あ!!

>コントラバス奏者だけから成るユニットでアルバム

「BASS,BASS,BASS,BASS,BASS&BASS」
これだけ、、持ってる。。。凄い、面白いよ。
ほぉ。。ぉぉぉ


すずっく |  2006/02/22 (水) 18:26 [ 編集 ] No.1877


DVD私も買います

いまHMVで3枚で20%オフセールをやっていて、これと3月に発売のマイク・スターンは買うことに決めているのですが、もう一枚なにがよいか検討中です。
ところが音楽ものも映画も観たいやつはほとんど買っているのであまりないんですよね。

nary |  2006/02/22 (水) 08:51 [ 編集 ] No.1878


VENTO AZULさん,こんばんわ。

>それはそうと、ジョー・チンダモの「子供」がもうすぐ澤野からでますよ!
これは事件ダァ!

例の本には2005年秋頃に澤野から再発なんて書いてあったですね。でもやっと出るんですか。嬉しいです。僕,あまりあの本に振り回されないようにしているんですが,チンダモの「子供」はバカラック集なのでぜひ欲しいです。澤野のHP見たけど書いてませんでしたが,VENTO AZULさん,ほんと情報早いですね。

クリス |  2006/02/21 (火) 21:40 [ 編集 ] No.1879


なりーさん,こんばんわ。

>希望としてはもっと4ビート(変拍子でもいいので)を増やして欲しいです。
タイトル忘れましたが,スタンダード集のアルバム1枚作ってるんですよね。それ,今度買おうかなと思ってます。

澤野のHP見てたら,2月23日には,彼らのDVDが出るようです。これはぜひ観てみたいな~。

クリス |  2006/02/21 (火) 21:37 [ 編集 ] No.1880


ジャン・フィリップ・ヴェレ

クリスさん、naryさん、こんにちは!
私もジャン・フィリップ・ヴェレ2枚持っていますが、一番最初のが良かったですね。
新作も買ってみようかな!
それはそうと、ジョー・チンダモの「子供」がもうすぐ澤野からでますよ!
これは事件ダァ!

VENTO AZUL |  2006/02/21 (火) 17:36 [ 編集 ] No.1881


ジャン・フィリップ・ヴェレ

過去の2作品(Considerations、Etant Donnes)持ってます。
メンバー代わりませんね。
ベース主導型で否4ビート主体なので滅多に聴くこともないのですが、3人の同じ感性を持っているのではと思うほどの緻密なプレイには心惹かれます。
希望としてはもっと4ビート(変拍子でもいいので)を増やして欲しいです。
新譜も買って澤野の売上に協力しようっと!

nary |  2006/02/21 (火) 12:28 [ 編集 ] No.1882

コメントを投稿する 記事: Jean-Philippe Viret 『 L’INDICIBLE 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Aldo Romano 『 JAZZPAR Quintet + 1 』
この前の記事 : Zsolt Kaltenecker 『 Shantansz 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。