雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Martin Sjostedt 『 Mondeo 』

   ↑  2006/02/28 (火)  カテゴリー: 未分類

昨日のフレドリク・クロンクヴィストに関連したCDを紹介させていただきます。クロンクヴィストのアルバムでもベースを弾いていたマーティン・シェーステッドの自己のバンドに,今度はクロンクヴィストが参加してます。マーティン・シェーステッド・バンドは2002年にヤナス・エストルム(p),ダニエル・フレドリクソン(ds),マグナス・リングレン(ts)らと結成され,現在までに『 Mondeo 』(2003 Sittel)と『 Slow Charles 』(2005 Sittel)の2枚のアルバムを制作しています。『 Mondeo 』には上記の4人のバンドにクロンクヴィストが3曲だけ,ゲスト出演しています。『 Slow Charles 』ではマグナス・リングレン(ts)が抜け,クロンクヴィストとカール・オランドソン(tp)の2管がフロントを務めています。余談になりますが,カール・オランドソンってペーター・ノーダールと競演したり,自己のアルバムではチェット・ベイカー風の演奏をしてましたが(顔もチェット・ベイカーに似ている),本当はバリバリのハード・バッパーなんですね。

僕はクロンクヴィストの『 maintain 』の荒々しい熱血バッパーに惚れて,もっと彼の演奏を聴きたいと思い,このマーティン・シェーステッド・バンドのアルバムを買ったのですが,ちょっと肩透かしでした。2枚ともハード・バップではあるのですが,大人しすぎなんですよね。楽曲自体は洗練されていてよく聴くとカッコイイのですが,クロンクヴィストのお叫びが皆無なんです。現代的ハード・バップとは得てしてそういうものであって,俺が俺がのアドリブ合戦を演じてた50年代のハード・バップとは決定的に違うのですね。微妙に伸縮する現代的4ビートに乗って,抑制を効かせたクールなソロを端的に演じる。そういったトータル・サウンド内の自己表現に重点を置いたアドリブがトレンドなんですね。

でも,疲れて帰宅し,寝る前のひとときの聴くには,これくらいのおしゃれで静かなハード・バップがちょうどいいかもよ。

最後に。彼のベーシストとしてのスタイルは,極めてオーソドックスです。彼の紹介記事を見ますと,目標としているベーシストはレイ・ブラウンだそうです。まさにレイ・ブラウンのような地味だけど,歌心のある綺麗なラインを刻むベーシストです。

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-823.html

2006/02/28 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Fredrik Kronkvist 『 Altitude 』
この前の記事 : Martin Sjostedt / Mondeo

Comment

コメントを投稿する 記事: Martin Sjostedt 『 Mondeo 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Fredrik Kronkvist 『 Altitude 』
この前の記事 : Martin Sjostedt / Mondeo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。